イケてる男の定義とは?   

2007年 09月 05日

昨日、深夜のバイトに行く前にちょうどやっていたドラマを見ていたんやけど、それは



花ざかりの君たちへ!



最近、関西では昼にこのドラマの再放送がやってたんやけど、この時間は暇なことが多い僕はほとんど見たのだ。

ストーリーというのは主人公の堀北真希が男になりすまし、小栗旬が演じる元中学陸上のスターの佐野に高跳びを跳ばせよう的な感じなんだが、このドラマはイケメンばかりが出ているためか特に女の子には人気があるようだ。

僕のバイト先のマンガ喫茶でもこのコミックはかなり人気があり、いつ見ても誰かが読んでいるのである。


で、このドラマでこれら2人の主人公よりも、話題をはくしている人物がいるのだ!


そう生田斗真である!


僕の回りの知り合いの女の子から「生田斗真マジでかっこいいわ!」という言葉を何回聞いたかわからないほどである。

同姓の僕からしても生田斗真の顔は子顔でさわやかでカッコいいと思う。


しかし、僕は斗真のカッコ良さを際立たせている要因について考えてみたのであるが、僕はこの斗真が演じている人物の人間像の素晴らしさであるのではないかと思う。


斗真が演じている人物は、普段はいい加減な感じであり、見た目も少しチャラくて、ただの遊び人のように見える。


しかし、見た目ではわからないものが彼には隠されているのだ!そう女性が大好きなもの



ギャップ!




このカレはまず大好きな人には一途であるのだ!

普段はチャラいように見せていても、心の根はほかの誰よりも真面目である。

このギャップというのは僕が考えるに女の子に最も好かれる要素でないかと思う。

見た目はかなりイケているに加えて、一途で遊び歩いたりしないとか同姓の僕でも好きになりかねない…



次に僕も見習わないといけない要素がある!



根っからの友達想いなのである!



普通の人間というのは、やっぱり友達よりも自分のことを最優先してしまうだろう。

しかし、このカレはいつも自分のことよりも友達のことを考えていて、自分を犠牲にしてでも友達のためを想い行動に移すのである。

ここは僕もカレに見習わないといけない点であるように思う。

ここまではという場面もあることは確かだが、感心する点のほうが多い。

こっからは自分の思ったことをありのままに言葉にしてみるけど。

僕も友達というものを大切にしようと日々思っている人間であるとは思うんやけど優先順位というのは


自分>友達≧恋人>家族


となってしまってんねんな、今は…

やっぱり、自分が1番上になってしまうのはしょうがないかもしれんけど、このカレは完全に友達>自分であり、ドラマを見ていてもそういうように見えるんやな!

まぁ、僕の人間性なのかは知らんけど、自分が1番上で考えてしまうのは変えることはできないように思うんやけどね。

でも、このように思ってしまうなかでも、せめて自分>友達から自分≧友達と考えられる人間になれれば自分もなんか少しでも変われるんちゃうかなと思う。

自分も友達もほとんど変わらんもんと考えられる人間てなんかカッコいいと思うしww

家族が1番下やんけ!とか思った人、そりゃ家族は大事かもしれんけど、今はまだ僕の中で家族って何かよくわかってないとこもあんねんな…

そりゃ、親がおったから自分が生まれてきたんかもしれんけど、そんな事考えてもキリないし、これがあたりまえやからって考えてしまってる自分がいるわけで…

でも、これって、人生の中で結婚とか親の病気とかで家族というものの価値とかって自然とわかってくるもんとちゃうんかなと僕は思ってんねんな。

そういう過程の中で親の大切さとか子供の大切さとかわかるようになってくると、自然と家族ってものが1番上になってくると思うから、今はこの順位でいいんやな、自分は。


そのためにもモテるために努力することが大事!

まずは、見た目から変えていかんとな!

生田斗真になるためには整形か…




僕の顔の骨、半分削らなアカンやんけ!



ということで、花ざかりの君たちへを見て、こんなこと考えてたガリラでした!


←1日1回クリックしてもらえると助かりますww
[PR]

by garira-sann | 2007-09-05 09:43 | ふと思うこと

<< 大学合格→無気力人間への変貌(1) 今日は適当に >>