秋に飽き飽き   

2007年 10月 14日

親父ギャグの魔術師ガリラです!

そうそう、そろそろ秋ということでブログのデザインを秋らしくしてみました。

エキサイトはデザインが少なすぎます、なんで80個しかないんや?

運営の皆さん、もう少し増やしてください。

まぁ、紅葉のデザインなんですけど、美的センスのない僕は紅葉よりも紅葉まんじゅうもほうを好みます。

でも、アンコは嫌いなので、カスタードクリームでよろしくお願いします。


でも、最近寒いですね、特に朝と夜はヤバイくらいです。

昨日は図書館にスタディしに夕方繰り出したんです。

勉強を始めますが、すぐに集中力が切れる、そしてパソコンに逃げてブログを確認する、その繰り返しです。

でも、ブログを見ているのをまわりに察せられてキモいと思われるのは嫌なので、1番端の隅っこの席が空くまで待っていました。

ブロガーとか知られたら、たまったもんじゃないですから…


ということで、課題も一段落して、寒い外に追いやられて一服してたんですね。


そうすると、土曜の夜とあってか多い、多いキャンパス内カップル!


土曜ということもあり、人も少ないためかカップルが人目を気にせずに大学内でイチャイチャできるんでしょうかね。

その人たちは、夜遅くにベンチで一人でタバコを吸っている僕を哀れみの目で見てるんでしょうね。


彼氏:うわぁ、あいつ一人でベンチ座っとる、なんか哀れやなぁww

彼女:ほんまや、私らはいつも一緒やから、一人ぼっちになんかならへんもんな!

彼氏:そやな、オレらは一心同体やもんな!

彼女:エエこと言うやん、大好き、えへっww

彼氏:オレもやで、○○!



やめろ、やめてくれ、オレをそんな目で見るな~

勘違いカップルは特にやめてくれ~


そんな感じで、湯浅・貞子カップルが二人で寄り添って帰っていきました。


もう夜も寒くなってきているでしょ、たぶん家に帰ったカップル同士はこんな会話をしているんでしょう。


彼氏:うわぁ、部屋寒いな、2人で暖め合おうや~

彼女:えっ、どうやって?

彼氏:2人でスポーツすればええやん?

彼女:えぇ、めんどくさい…

彼氏:わかってないな、夜のスポーツに決まっとるやん!

彼女:2人一緒にできるビリーズ・ブートキャンプね!


ファイト!


彼氏:あぁ、熱い!今日もだいぶ汗かいたな!

彼女:えへっ、私もww


寒いんやったら、暖房つけろや~


まぁ、秋から冬になるにつれて人肌が恋しくなるのは確かですよね。

誰かそばに寄り添ってくれるような人がいればと思うのも本望だと思います。


でも、たとえ負け組みとか言われても、フリーというのは何かと楽しいものです。

友達も何の遠慮なく誘ってくれます。

自分の思い通りの予定で生活が進められます。

こういう遊びや付き合いの中で今までに接点を持ったこともないような女の子とも仲良くなることができたのも事実です。

例えば、お水で働いてる人達、クラブで出会った外国人、そしてレディース?のメンバーとか。

特にレディースにおいては、地元の友達がレディースの女の子に手を出しまくった末に事件に巻き込まれるという大学生ではあり得ないような経験ができました。

そこには自分の知らない世界が存在していました。

でも、そこでの武勇伝とかは全くありません、僕の人生においては。


それは後々、記事にしようと思います。


ということで、この半年くらいの間でいろんな世界を垣間見ることができたのですが、得たものは特にないです…

というわけで、フリーだとしても悲観せずに出会いを大切にしていこうと思えば、知らない間に横には好きな人がいるんじゃないですかね?

フリーやから寂しいんちゃう?とか言うKYな人の意見は無視しましょう!

あぁ、こんなことばっか言ってるから僕はいつまで経ってもアカンのか…


そう言えば、フリーになって半年過ぎていましたww


最後に同僚に言われた一言


ガリラ、オマエ、心冷えきってるな…



うっさい、自分でもわかってますよ、そんなのww

いちいち言葉にしやんでも…


ということで、心が温まるまで修行することにします!

あぁ、今日はただの負け惜しみ日記でした、冷たい視線が僕を襲っている…


←只今、70位台を彷徨っていますww

人気ブログランキングへ←クリックお願いします!
[PR]

by garira-sann | 2007-10-14 15:59 | 日々の出来事

<< ドラえもん 思わぬ落とし穴 >>