レジェンドオブ奈良(2)   

2008年 01月 17日

いやぁ、今日も講義に友達が姿を現さないで一人ぼっちで受けていたガリラです。

やっぱ大学の講義は真面目な人と一緒に受けるのがいいですね。

それでコピーさせてくれの嵐になるんです。

あぁでもエントリーシートの勉強を講義中にできたのは良かったです。

家でぼーっとするだけやったら、大学行ったほうが成果はありますからね。


っということで今日は奈良の秘密第2弾です。

バイトまであまり時間がないので、途中中途半端なところで終わるかもしれませんけど、ご了承ください。

読者を立てるのが僕のブログです。


んなことで第1弾はとある奈良某所のガ○トの様子について書いたわけですけど、今回は奈良県民特に僕の出身の中南部の人たちがお金をかけるところについて書いていきたいなと思います。

まぁ、前に書いたことなんですけど、奈良県のとある場所ではスウェットとかキティサンダルをそれが普通のように履いているんです。


これでわかるでしょ、奈良県民は服にお金をかけないのです!


そういうエピソードが僕にもあるんです。

僕は大学生で京都に住んでいることもあり、できるだけマシなファッションをしていこうと日々考えている人間なんです。

僕自身、別に寝巻き的な服で大学に行ったら楽でいいだろうと思うんですけど、そんな人は僕の大学にはほとんどいないのです、もしそんな服装で行くと完全に「お前おかしいやろ?」っていうような目で見られる気がするチキンなので到底そんなことできないのです。

だから万単位の服を買うということはよくある話なんですね。

でも、奈良県民は違います。

それは僕の成人式が終わったあとの2次会のときでした。

酒を飲みながら、中学時代の同級生となぜか服についての話になったのです。

それで僕が着ている服はどれくらいすんの?と数人が聞いてきたので「うぅーん、1万くらいやで~!」というと本当にあり得ないという顔をしたのでした。

うぅ~んと思った僕はその友達が着ていた、ヤンキーが着ているような無駄にデカイ虎が描かれているスカジャンの値段を聞いてみました、そうすると



1500円!



ええぇ~っ、何でそんなに安いねん!と思ってしまったのですけど、ほかのヤツに聞いても、どれもそれに近い激安の服を着ていたのでした。

もしやっ?と思った僕は、たぶんそんなことはないだろうと思いながらも1つの疑問をソイツらに投げかけたのです。


もしかして、この服買った店って?


そう言うと僕の思った通りの回答が返ってきたのです…


シマム○!!


やっぱりそうかw

この店は大型激安服店としても有名で、1着2000円すれば高価であるとされるほど破格の値段で売っているのです。

でも、僕は大学生だからかもしれないんですけど、こんな20くらいの若者がそんなところで服を買って、それも普段着として普通に着ているのを知り、言葉にならなかったのを思い出します。

せめて、ユニク○なら全然いいとは思うんですけど、シマム○はねぇ…

まぁ、それは人それぞれの価値観だから、うんぬん言うのもおかしいんですけど、あそこの服を普段着として着ている人はお年寄りとか小学生・中学生くらいしかいないと思ってたんでねぇw

そいつらはもう働いているんですけど、それじゃ何にお金かけてるん?って思う人もいると思うんですけど、これに対する答えが僕が考える奈良県人の特性であると考えているんです。

その答えはなんでしょうか?少し考えてみてください。



車!!!



そうですよ、京都とか大阪みたいにどこでも電車が通っているようなところがないという土地柄もあるのか、異様なほどの車好きがたくさんいるのです。

それに車が好きに走れる、峠とか山道もたくさんありますし。

それじゃ、僕の中学時代友達の車の実況中継を。


某運搬会社勤務Aの車が登場です。


わぁお、あのヤンキーの憧れのセドリッ○が登場!

それもあり得ないくらいの爆音と一緒に~~

これは、車で寝ないために行った改造なのかぁ~、いやぁそんなわけな~い!


はい、改造に数十万かけているのはあんまり車に詳しくない僕でも容易にわかります。

さすがに地元のチームに入っていることはあるような車に乗っています、怖い、怖い。


某部品会社勤務Bのワゴン○の登場です。

うわぁ~、何でそんなにシャコを下げてるんだ~~~

それに訳もわからない無駄にデカいエアロが付いてやがる~~~

何かどうでもいいステッカーがたくさん貼られているぞ~~



奈良ではワゴン○もヤン車に変身してしまします。


最後はオオトリ、某塗装会社勤務CのB×2が登場だ~~

えぇっ、何でそんなにBGMの音がデカイのだ、ポンポンポンすごいぞ~~

あっ、そうか高機能ウーハーを積んでいるのか!

うおおっ、車の中にモニターが8台も付いているぞ~~~

8人も乗れる車ちゃうのにって、1人2台見れるからお得ってそんなアホな~~

そんなモニターあったら、チカチカして目イタイだけやんけ~~~



たぶんコイツの車は改造費数百万かかってます。

なんせ、すごいんですから、1回見せてあげたいくらいです。

このように奈良県では車にお金をかける人が僕のまわりではとても多いのです。

系統はと言いますと、ヤンキー大量生息地であることからもわかるように、ヤン車がとても多いのです。

馬のチン○なんか比にならないような縦にも横にもデカいマフラーとか普通でしたからね。

今はだいぶマシになった気がしますけど、昔はもっと凄かったという記憶があります。

そんな地域に生まれた僕の親も車大好き人間でして…


なんせ、家に車5台ありますから…


そんなとこに金つかうんやったら、僕にもう少し投資してくれないかと思うんですけどね。

でも、親にお金を使いまくってるって注意されても、「自分らかって車あんな買ってるやん、人に言えることなん!」と言えば何も言えなくなるということを知った僕でした。

今度は、時間があれば、車好きの友達を持ったために思わぬ事件に巻き込まれた事件でも書こうと思っています。

それでは最後にクリック、クリック↓


←只今、60位台を彷徨っています、クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←100位くらいです、クリックお願いします!
[PR]

by garira-sann | 2008-01-17 17:54 | 思い出

<< そんなんじゃアカンねんな、復刻版! 今日は成人式! >>