どないかせんといけん、いろんな意味で!   

2008年 04月 16日

最近、ブログ書き出し始めたからかわからんけど、訪問者の数がまた増え始めたよ、素直にうれしいよ!

あぁ、それで最近のオレの生活といえば、酒飲む→寝まくる→酒飲む→寝まくるの最低人間サイクルを爆走中なわけでして…

バイトに復帰しようかなって思いながらも、新しいバイト先探そうとか、バイト以外にほかのことやりたいとか、いろいろ考えるところがあってなかなか踏み切れないんです。

まぁ、踏み切るってほどのことでもないですけど。

だって、「は~い、久しぶり店長!復帰しま~す!」で終わりなんやからww

でも、いろいろ考えてるわけです。


んで昨日も飲みにいったわけですけど、メンバーはノッポ君(バイトも大学も同じ)、ノッポの彼女、そんで後輩のギャル男とオレの4人でした。

オレは最近、酒という飲み物の意義というか存在に疑問を感じ、あんまり飲みたくないんです。

簡単に言えば、好きじゃないんです。

昔なら、ビール3リットル飲むのは普通でしたけど、今は2杯ジョッキで充分なんです。

こんな昔は酒豪だった武勇伝は最もいらない下りですね…

わかってまんがなww


それよりもオレがあんまり飲み会で酒を飲みたくない理由はほかにあるんです。


下ネタしか言わない!

それも男ウケしかしなさそうなクドいやつ…



自分でも頭の中ではもうやめとけって思うんですけど、ついつい調子に乗ってしまって失態を犯すわけです。

それも、メンバーの中にそいういう最低なボケを止めるような人間がいないんですよ、これがイタイ、イタイww

もし、止めてくれる人がいるなら、「もうやめとけって!」と言ってくれて、悪ノリしてしまったスイマセンで終わるんです。

酔っている人間は怒らないと止まらないんです。

そんで昨日は、最悪な議題について私がノッポ君の彼女に話していくということに。

ここからは最後まで読みたいというエロネタ大好き人間だけが侵入可能なゾーンとなります。

気分を害される前に警報を鳴らしておきます。



1、「なぜ、男はエロ画像を見るのか?」について

答え:オナ○ーをすることで性欲を満たす

という答えが模範解答だと思います。

ですから、僕は友達の彼女に「オナ○ー」について教えないといけません。

でもなかなか彼女はその用語の意味がわからないようで「自慰行為」とか「マスター○ーション」という言葉を駆使して教えていったのですが「うぅ~ん」と言いよくわかってない模様です。

もうここら辺でノッポが止めるとおもいきや、「それでそれで~」と助け舟を出すところか広げよう、広げようとします。

君が教えておけば、すぐに解決したものを…

もう変に回りくどい言い回しはアカンと思ったので「自分でヤんねん、自分で!」と言うと「男ってみんなそうやねんなぁ~」と言いながら変に納得されていました。

男ってって、女の人はそうじゃないの?ww

なぜか彼女は下ネタに興味深深のようでオレの寒い話題にどんどん食いついてきました。


2:「駅弁とは何か?」について

みなさんは駅弁とは駅で売っているおいしい弁当でないということはわかっていただけると思います。

お酒飲みながら「この駅のお弁当はおいしいからおススメやで~」とかお弁当の話するわけないですよね?

答え:体位です、体位…

なぜそんな話題になったかというのは、経緯は言えないのですがノッポ君のせいです。

ノッポ君は僕と同様に口が軽いです。

彼女にも僕のことを全部話しているようです、それも悪いとこばっかりw

僕のプライベートを彼女に惜しみも無くさらけだしているのです…

駅弁もオレのプライベートのネタから派生したものでした。

それで、また説明していくわけですけど、口で言うだけではわかりにくいのでテーブルにあった塩の容器を男の勲章に、そして爪楊枝入れを女性の勲章にすることによって、より具体的なイメージができるようにしてみたのです。

そして説明を始めようと男の勲章でもある塩の容器を上下に動かしていると容器にフタが付いていなくて


駅弁だけに、塩噴射!!


という男の勲章から塩が出てくるという、うまく言えてるように思えて、性的にあり得ないような状況になり、更に冷める。

なぜ酔うことが前提である居酒屋の塩の容器にフタがないんですか?普通ありますよ!

誰か容器で遊んで、こぼすヤツが出てくるってことがわからないんですか?この怠慢居酒屋が!

はいはい、わかってます、私の悪ノリが全ての始まりです、はいはいww

そこでやめればよかったんです。

でも、ノッポ君が「ほんで、ほんで~、何なん!」とアホみたいに食いついてきて性に興味ビンビンな中学生みたいでした。

ギャル男は、まるでギャル男のように強引に話題に絡んできます。

この状況では仕方がないのです。

途中でやめれば「先輩、シケシケですやん!」、「ガリラ、中途半端にやめるなよ!何なんそれは!」と言われるに決まっているのです。

そこにこの下話に嫌な顔1つしない、まだ10代の彼女さん。

やるしかありません!ww

それからもずっと、20に満たない女の子に気持ち悪い説明を納得するまで続けさせられたのでした。


来年社会人になる21の男が熱心に下を語っているって今考えてみると本当に低レベルな人間だと思う次第であります。

そんで、まぁ、飲みの席で下ネタを言う男に女性は引くということがテレビでやっていたので、当分下系は控えなければいけないと胸に誓った私でした。

でも、僕から下ネタを取れば、何が残るんでしょうか?

わかりました、ネタが残るじゃないですか!→下をとる、これも寒い…

って、いい加減にしろ~っていうことで今日の日記は終わりとさせていただきます。

あぁ、鏡月と赤ワインのコラボはイカツイですよ~

久しぶりに頭痛にさいなまれました~


←只今、200位台を彷徨っています、クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←健闘してます、クリックお願いします!
[PR]

by garira-sann | 2008-04-16 01:15 | 日々の出来事

<< だブログ 明日はめんどくさい… >>