2007年 10月 31日 ( 1 )   

これはないね…   

2007年 10月 31日

今、ニュースでおもしろいというか、かわいそうというか興味深い内容の話があったので7時のバイトの前に更新しておこうと思います。

誤字脱字あるかもしれませんが、そのところはご理解ください。


人には人それぞれの名前というものがありますよね。

その名前には親のいろんな考えが含まれたものも多いのではないかと思います。

まぁ、僕の名前は両親が有名な神社の祈祷師的な人につけてもらったものなんです。

そのためか僕と一緒の名前の人は今まで数人くらいしか聞いたことがありません。

戦国時代に名をはした織田信長の子供に近い名前で、昔はよく信長とか言われたこともありましたが、それは僕みたいな人間には荷が重い感じがしますが、それほど自分の名前が嫌でしょうがなかったということは今までありません。


それでニュースでやっていた女の人の名前がなんと




芽恵照!




っていうらしいんですよ。

みなさん、これを何と呼ぶかわかりますか?

あの昔はやったアニメの主人公なんです、空を走る列車で旅をするやつの、それで僕があんまり絵が好きではないものの。



メエテル!



って読むらしいです。

確かに美女ではあると思いますが、だからといってこういう名前をつけられた本人はいろいろと嫌でしょうがないらしいんです。

この名前なんて読むの?

なんでこんな名前なん?

なんでアニメのキャラになったん?

お父さん、絶対に銀河鉄道999好きやろ?


とかいろいろ聞かれたりして、身を折っているというのです。

確かにみんなにメエテルって呼ばれると自分が考えただけで、ゾッとします、これは僕の場合なんで、こんな名前最高やんとかいう人もいるかもしれないということは否めないですけど、こう考える人は最高にポジティブな人に違いないと思います。

でも、名前って自分が付けられるものではないです。

だから、自分の好きな名前にすることもできないのです。

生まれて、もの心ついた時から、自分はその名前で呼ばれ、一生付きまとってくるものなのです。

実際、自分の名前で深く考え込むような人って少ないと思います。

でも、メエテルさんのように自分の名前でいつも何かと悩んでいる人も実際にいるんだなと、今のニュースを見て思ったわけなんです。

まぁ、メエテルっていう名前というのはツカミ的にはオイシイとか僕は思ったわけですけど、自分がメエテルさんの立場になれば、こんなこと言ってられないと思います。


最近というか、僕世代の親になった人たちは自分の子供の名前を変わったというか、個性のある名前にする人がかなり増えているらしいですけど、今上で上げたようなアニメキャラとか暴走族の当て字を応用した暴走族応用型、自分の好きな有名人、たとえば泰孫←これは伝説のプロボクサーのタイソンからとったもの とかいろんな方面からいろんな名前が付けられ増えているという現実があるようです。


泰孫は聞いたときにさすがに吹きましたけど…


子供にグレろと言っているようなものじゃないですか、耳をカジれって言っているようなものじゃないですか、耳をカジられたのはドラえもんですけど…


実際こういう名前で世間に出て行かないといけない人が出てくるということなんですね。

名前って、自分で変えることができないでしょ、普通ね。

こんなもんは、絶対に親が悪いんですよね。

自分たちはおもしろ半分に付けているのかもしれませんけど、子供はそれを一生背負って生きていかないといけないとか考えたこともないのかと、このニュース見てあきれ返りました…

別に僕自身も人の名前がどうのこうの言えるような人間ではありませんけど、さすがにこれはかわいそうだなという名前が多々あったのでね。

まぁ、将来もし、子供ができたとしてもこういう親にはなりたくないと思います。


まぁ、僕は無難に



神社で付けてもらいます!



いちいち太字にするほどのオチではないということは今書いていてよくわかっていますけど、関西人なんでオチは絶対に付けないと済まない、スイマセン。

それじゃ、バイトして飲み会行って来ます!


←只今、60位台を彷徨っています、クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←100位くらいです、クリックお願いします!
[PR]

by garira-sann | 2007-10-31 18:21 | 日々の出来事