2007年 12月 15日 ( 1 )   

はい、続きね!   

2007年 12月 15日

いやぁ、昨日も今日も就活でした。

毎日のモチベーションを保つのが大変です、マジで…

僕の就活を続けられるモチベーションと言えば、同じテーブルにかわいい子がいるということくらいです。

今日も横にかわいい子がいて、かなりテンションが上ってました。

でも、アドレスは聞いてません。

そんな失礼なことできませんよ。

別に何も聞いてないのに彼氏の話なんかされてしまいました。

クリスマスどうするん?やって…


余計なお世話じゃ!


モツ鍋食べるとか言えないです…

クリスマスに牛の内臓…

まぁ、今日は内定者のみなさんがカワイイ人やらカッコいいキャリアウーマン風の人やら、喋りが尋常なく上手い人やらでさすが大企業にもなると一味違うなって感じました。

僕も何かないんかな?って考えたんですけど何もない。

何もない普通というのが特徴なのか?むなしくなってきました…

はい、就活はここまでにして前に書いてた飲み会の記事の続き書いていきますね~


前の日記読んでから見てくださいね。

まぁ、僕が店長と喋りながら飲んでいると、向こう側では既に泥酔していた吉田の姿があったのです。

吉田はふらついた足取りでいろんな人に変な絡みを多用してバイトの人たちを困らせていたのでした。

僕は前回の飲み会の教訓を生かして全くノータッチを貫くことにしていたので被害という被害はなかったんです。

吉田はオバちゃんに向いて、ババアと連呼していました。

これはあえて許しましょう!w


でも、ほんとに許せないようなことがあったのです。

最近、坂野と一緒の時期に入った新人の楠原さん(仮名)への尋常じゃない絡み。

楠原さんは就職も決まった大学の4回生で僕と同じ大学に通っている年上に見えないようなとてもカワイイし美人な人です。

今回、飲み会に初参加という楠原さんの席の横には、酔いに酔ってしまった吉田が寝ていたのである。

この席の配置が間違いやったな…

そのときは店長の服にビールをこぼすとかいう悪行をしていたんですけど、その悪行が違う方向に向いてしまったんですよ。

吉田は楠原さんひざの上に顔をのせて、思いがけない一言を発したのです。




楠原さんって色黒ですよね~~~~




ファック、吉田!

酔ってるからって言ってええことと悪いことがあるんじゃ~

黒いのはオマエのメガネのフレームだけにしとけや!

そんな変えようとしても変えられへんようなもののことって言ったらアカンでしょ。

それも色黒って口に出すほどでも全然無い!

僕はこれは楠原さん傷ついてるかもってとっさに感じて



楠原さん、黒いほうが夏はカッコいいですよ~



うわぁお、フォロ~になってねえよ、オレ!!


そこで何でうんうんって頷いてるの坂野さん…

いやぁ、僕も酔ってるからちゃんとした言葉が頭に出てこないんですよ。

何でそれにしても夏限定タイプみたいな言い方してしまったんでしょう?

これやったら、冬には存在価値ないように聞こえるやんけ…

でも、楠原さんは


いえいえ、ありがとうございます!



あぁ、カワイイ顔して大人ですね、楠原さんw

伊達に年はとってませんね、ナイスです!

そういうことは適当に聞き流す、僕と同じオーラを感じましたよ!


まだまだ続くんですよ、吉田の楠原さんへの悪行は…

次は、吉田の頭が楠原さんのひざの上から上半身に移動していきました。

そして、またも吉田は突拍子もないようなことを言い出したのです。



楠原さんって、オッパイ小さいですね~



ファック、ファック、吉田!

おい、肌の次は胸か…

小さいのは君のつぶらな目だけにしておきなさい!

ほんま体のことばっか言いやがって、もう…

次はさすがに胸ときたので、楠原さんも凹んでるじゃないかと思いまして



ガリラ:楠原さん、僕は美乳のほうが好きですよ~


坂野:うん、うん、私もです!



またまたフォロ~になってねぇ!

そんなの関係ねぇ~ってあるわ…

何で僕は自分の好みなんか答えてしまってるんでしょうか?

いやぁ、デカイからいいってもんじゃないと思いますよ、僕そういうのよくわからないですけどw

でも坂野、君はマ○ですか?

違った、ドエロでしたっけ?w


でも、ここでも楠原さんは僕のフォロ~になってないフォロ~に



あぁ、そうですよね、ちょうどいいと思いますよ~



うぉお、またまたカワイイ顔して大人な発言ですね。

さすが伊達に年…

まぁ、今回吉田の1番の餌食になったのは完全に楠原さんでした。

でも、大人な対応をしてくれていて、あまり気を遣わなくても済みました。

楠原さんのおかげで楽しく飲めたと言っても過言ではありません。


それから吉田は完全に息の根を止められて、斉藤君(仮名)に説教されながら、寝ていました。

斉藤君は真面目な感じでイイ人というのがピッタリな人物です。

スマップでいうクサナギさんみたいな感じですかね。

その斉藤君がマジで説教してるのを見て、少し笑えました。

しかし、その説教にも耳を貸そうともしない吉田にかなり笑えました。

でも、人の忠告とかってちゃんと聞いといたほうがいいよ、吉田さんww


まぁ、斉藤君が吉田さんの世話を最後までしてくれていたのはさすがイイ人って感じました。


なんか今回も15人くらいいたのに絡んだ人数がかなり少ないということに気づきました。

まぁ、しゃーないですねw


あ~ららっ、福田さんとガリラと坂野の3人の会話がまだでした…

今度ちゃんと書きますので、そのときまでのお楽しみということで、明日の説明会のために休ませていただきます。

そうそう、坂野さんの好きな胸の大きさって手のひらにちょうど収まるくらいらしいですよ~



←只今、60位台を彷徨っています、クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←100位くらいです、クリックお願いします!
[PR]

by garira-sann | 2007-12-15 21:55 | 日々の出来事