2007年 12月 17日 ( 1 )   

疑問は尽きないものだ(SM論)!   

2007年 12月 17日

最近、就活の面接のために部屋で1人でプレゼンテーションの練習をしているガリラです!

京都のマンションで独り言を言いまくっている不審者がいるというニュースが流れたら、たぶん僕です。

いや、同じマンションの皆さん、警察に通報はしないでね☆

警察官にプレゼンテーションの練習を1人でしていたなんか言うのマジ恥ずかしいから…


そうそう、最近ブログで思ったこと!

飲み会とか合コンとかそういう日記書きすぎて、自分の書きたいようなこと書けてない!

それもレポ書くの意外にしんどいことに今になって気づいた、遅すぎるけど。

昔の記憶を呼び起こしながら書いていくのは時間がかかるし、書いた後におもしろくなかったらテンション下がるしな。


ということでこれからはレポ的なものは封印していくことにしました。

と言っても知らんまに書いてるかもしれません。

時の流れに身を任せってテレサ・テンみたいな感じでいきますか。


んなことで今日は何書こうかなっていうか書きたいことは何かあるかな?って考えたらありました。



SとM!



皆さんの会話にもたぶん登場しているであろうこの単語について考えてみることにします。

よくこんな質問されることがあると思うんですよね。


あなたはSそれともMですか?


ってね。

僕もよくそういう質問するしされるんですけど、みなさんはSMアイデンティティはもう確立されてはりますか?

私は正真正銘のドMやで~!

オレは筋金入りのSだ!


ってまるでそれが自分の長所、持ち味のように自慢と言えば語弊はあるかもしれないですけど、胸を張っているような人ってまわりに結構いませんか?

たぶん、数人くらいはいると思いますよ~

でも、SMが何やねん?って思う僕ですけど、この世の中SMという人間的価値観に敏感な若者も多いのは事実。

SとMだから相性がいいねん!ってそれだけで二人の価値観は合うというのでしょうか?

いや、そんなことない!

一緒にいて楽だとか、セックスでの体の相性とかほかの要素も揃ってこそSMというものも際立ってくるのではないのかと思うわけです。

僕が言いたいのはSMというものに皆が言うほど価値はないということなんです。

このSM慢性化時代にガリラは物申したいというのが今回の記事のコンセプトとしてみようとしたのですが、なかなかうまくまとまりませんね。

まぁ、ええかw

でも、SMっていうものにあまり信憑性を感じない僕でもこういう情報を参考にすることはあります。

それは恋愛面とかそういうものじゃなくて、性格面での掴みとして参考にするんです。


特に女の子が相手なら特に。


自分でMっていう子には、僕も少々イジっても大丈夫だなって考えるんです。

少しイジッたらうれしそうにしてくれるじゃないですか、笑顔を浮かべてね!

そういう子には言い過ぎず、適切に適度に言い過ぎるってくらいがちょうどいいのだと思います。

言い過ぎて泣かしてまったら最悪の事態になりますから、ここは注意です。

それで、そんな関係を築いていったら自然と仲良くなれる場合も多いのかなと思います、僕の少ない経験上ですけど。

これがMだっていう子の僕の接し方の基盤というか基礎にしています、自分でこんなこと言っているのは気持ち悪いです。

もう少し我慢いただきたい、よろしくお願いします。


次に自分がSっていう子には、注意してかかっていかないといけないのです。

その人がSっていうことを知らずにMと言ってる子のような接し方をするとします。

そうすると、どんどん相手の顔が曇っていきます、そして陰口とかで調子乗ってるとか言われてしまうのです。

もしかしたら、直接キレられるということもないこともないのでは…

だから僕はその人がSだとわかった瞬間に自分はM側に変身するのです。

その人の聞き役になり、適当に適度にイジられる人間ガリラになるのです。

そうすれば、こういう人ともいい関係を築いていけるのだと思うんですね。

これがSの子だっていう子の僕の接し方の基礎、基本としているんです。


ここで豆知識ですけど、日本の女性の80%はMらしいです。

どうでもいいですか?

結構いい情報だと思うんですけどねw


こんなこと言ってますけど、僕はSでもMでも僕と付き合ってくれる人なら歓迎いたします!

早く非モテ脱出したい症候群のガリラです…


ここまでSMについて語ってきたのですが、皆さんはまだお気づきでないでしょうか?
なぜ、僕がSM何かどうでもいいって思ってる理由が!

わからない人にはお答えしましょう!



僕は、自分がSかMか全くわからないからです!



この20ちょっとの人生の中で自分がSかMなんか考えたこともないことはないのですが、答えが全く出てこないのです。

そりゃ、自分がSかMかわからない人間がSMについてのこだわりなんか持ってるわけないんですよ。


ある友達にこんな質問をされたことがあったのです。(ホストみたいな友達)


オマエは好きな女性にバラを100本送るとする、さてオマエは赤いバラと白いバラを何本ずつ送る?


皆さん考えましたか?

それではこの質問に対する僕の回答を。

赤バラ100本では何かロマンチストすぎて僕自身が送られたなら嫌やな、でも白バラばっかやったら何か闇がある暗い感じになるし…

僕はやっぱり赤いバラと白いバラが同じ本数あったほうが相手もキザな中にもバランスがとれた感じで受けがいいかなって考えたわけです。

ということで僕は



赤バラ50本、白バラ50本!



と答えたのです。

これは、バラの本数によって自分がSかMかわかるというものらしいのです。

つまり、赤バラ100本なら完全なS、白バラ100本なら完全なMとなります。

そうすると、僕はS度50%・M度50%ということになるのです。

そして、僕の答えを聞いた友達は僕のことを



お前はSM搭載マシーンやな!w



おい、オレをロボットみたいに言うな~~

お前は普段はMでもセックスのときはSになるともコイツに言われたし。

他人に自分の性事情にまで言われる筋合いはありませんw


でも、友達の言ったこともあながち間違いではない。

Sの人にはMタイプの人間になる、Mの人にはSタイプの人間になる…



ほんまや~、SM搭載マシーンや~~!



こんなこと書くと、ほんとに自分が機械みたいな心の人間な気がしてならないですね…

確かに心は少し乾いていることは否定しませんけど、機械って言うほど、うぅ~んこの後の言い訳が見つからない…

でも、待ってください、いい意味で考えることもできますよね!

これはイイように言えば、どんな人にも合わせられる協調性を兼ね備えている人間であるとも言えると思うんですよ~

つまり空気をしっかりと読んだ対応をできるということなのです!

KYっていっても僕の場合は空気が読めるKYなのです!

自分でこんなこと言うのって恥ずかしいし、哀れですねw

でも、こういう風に自分の性格を良いほうに誇張していくのが自己PRには必要不可欠らしいですよ~

ある企業の内定者さんが言っていました。

まぁ、SMについてはあまり考え込むような問題でもないって割り切っていくのがイイという結論に至ったということにしておきます。

SかMかわからなくても人生には支障はありませんからね!

ということで今日はガリラが考えるSM論でした!


それではこれからもSM搭載マシーンガリラのブログをよろしくお願いします!


←只今、60位台を彷徨っています、クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←100位くらいです、クリックお願いします!
[PR]

by garira-sann | 2007-12-17 08:34 | ふと思うこと