2007年 12月 23日 ( 1 )   

イブを迎える前に   

2007年 12月 23日

とうとうやってきましたね、クリスマスの本番と言ってもいいと思う24日を明日に控えて、みなさんは彼氏や彼女との最高の夜を迎えるための準備に忙しい人もいたり、あぁとうとう来てしまったなって感じる人もいれば、俺はそんなイベントなんか気にしないって強がっている人もいたりするでしょう。

いやぁ、僕もクリスマス前にいろいろ慌ただしくなってまして…

でも、明日はのほほんと過ごす予定です。

いろんな思い出話とか、最近の近況でもお互いに話せたらなって思います。

僕のまわりのやつらは、セックヌがどうのこうの言ってきますが、そんなことどうでもいいです、って言い切れない僕もいます…


そんで、たぶん24日、25日はブログなんか見る人ほとんどいないと思うんで、23日限定の記事2本ダテでもしてみようかなって思います。


ということでこの記事が1本目の記事です。

もうイブを前にして一足先にお互いの家で過ごしているカップルとかみんなで集まって見ていたという人もいたでしょう。


M1!


僕はというと1人で鍋つつき、ビールを飲みながらしたたかに見ていました。

僕は漫才とかお笑いっていうのは、そんなに見るほうではないんですけど、さすがに関西人で漫才の本拠地でもあるので話題にも乗り遅れないためにも毎年欠かさず見ているんです。

そうそう僕ってテレビマニアです、一応付けたしときます。

テレビだけあれば1人で十分過ごせるさびしい人間ですから。

それでは今回のM1の僕自身の総評でもやろうかなと。


僕は私は漫才には興味が無いの~

今日はバイトとか大事な用事で見れなかったという人もいると思いますけど、少々の我慢のほどよろしくお願いします。


ということで今回の優勝者はサンドウィッチマンとかいう無名のコンビが優勝という誰もが思いもしないような展開となったわけですけど、みなさんはこのコンビのこと知ってました?

知ってたらあなたはよどの漫才マニアですねw

テレビマニアの僕も知りませんでしたもん。

ほかのコンビは全部知ってましたけどね。


それで僕の中の大誤算は笑い飯とポイズンでしたね。

笑い飯は名前みたいにはとうとう行かず、ただ擬音を聞いていただけのような気がしてなりませんでした。

僕みたいな漫才のマの字も知らないヤツが言うのは場違い感が否めないですけど、せっかくなんで。

笑い飯は毎年出るごとにおもしろくなくなってきてるように感じます。

たぶん、もう笑い飯というブランドに飽きというものが生じてきたのかもしれませんね。


次はポイズン。

僕このコンビの漫才って好きなんですけど、さすがにシュールと言ってもシュールすぎて万人ウケしないようです。

確かに今回のネタはあんまりやったけど…

島根と鳥取って、そのテーマ自体がシュール過ぎる…

島根と鳥取から笑いが生まれるのかw


そうそうあの顔芸のコンビは僕知らなかったですわ。

といっても顔も大しておもしろいわけでもないし。

ラサールがそう言っていたのはヒドイと思いました。

でもその通りです。


ダイアンは漫才自体はいいのかもしれませんけど、キャラが全く無いんですよね。

二人とも地味過ぎて何とも言いにくい感じですね。

でも上手いのは確かです。


そんで今回がんばってたのは関東勢、特に僕の中ではハリセンボンだったと思うんですけどね。

絶対にスベるんやろなって僕は思ってたんですけど、若なりにがんばってたじゃないですか。

テレビに露出が多い若いコンビってなかなか評価されないなって感じるんですけど。

さすがに角野卓造は出してきませんでしたね、春菜も。


まぁ、僕の中では絶対に優勝するんちゃうかなって思ってたトータルテンボスですけど、実力どおりの力は出せてたんじゃないんですかね。

昔みたいにはんぱねーの多用もせーへんようになったしね。

これで今後もテレビでやっていけるでしょう。


それで僕の中で意外だったのがキングコングの健闘でした。

僕自身キングコングっていうコンビがあんまり好きではないからかもしれないですけど、漫才自体は特にイイっていうところもなかったような気がするんですけど、勢いで乗り切っていったような気がします。

でも、これはあくまでも僕の中の意見であって、ほかの人がおもしろいと思ったから決勝までいけたんでしょう。

みんながおもしろいと思えば、それはおもしろいということです。


そんで最後に敗者復活戦で上ってきた名前も聞いたことのないサンドウィッチマンです。

まぁ、片方のサングラスの人がヤクザみたいな人でもう1人はバナナマンの設楽に似ていたくらいしか印象には残っていません。

でもサングラスのほうの人はサングラスをはずすとカワイイ感じでした。

それでネタのほうなんですが、見た目そのままでサングラスが怖い人役をやるっていう見た目そのまんまのネタでした。

しかし、おもしろかったですね。

勢いとかで笑いをとっている感もなかったですし。


それで決勝だったわけですけど、3組ともなんだかんだおもしろかったです。

トータルもキングコングも普通に良かったですけど、サンドウィッチマンはやっぱり誰もどんなネタやるかも未知数なだけ有利だったのかなって感じますね。

誰も知らないんですから、インパクトってその分強いですからね。

まぁ、コールから始まるっていう下りは同じでしたけど…


うん、それで最後の判定だったわけなんですけど、それまでの展開から敗者復活のコンビに入れるっていう人たちは少なかったんで僕は絶対にトータルテンボスの優勝で終わるなって思ってたんです。

びっくりしましたよ、サンドウィッチマンにどんどん投票が入る入る!


これでアメリカンドリームみたいな漫才ドリームを掴みましたね。

でも、何で芸人なんかになる?ってよく僕も思うんですけど、こういうドリームを掴むのを夢見ているからなんでしょうね。

今日M1見ててそう思いました。

こんな人生って絶対におもしろいですもんね。

あぁ、僕には到底そんなギャンブルみたいな人生を送る根性も気力もありませんけどね。


ということでサンドウィッチマンさんおめでとうございます!


というように今日のM1総評をしてみました。

次は前の飲み会日記最終章です。

眠たくなってきたので仮眠でも取ってから書こうかなとw


それでは最後に今田さんちゃんとルール把握しておきましょう!

ポイズンのことトータルテンボス言うてたしw

そんじゃ、また後でって明日書ければ書きますw


←只今、60位台を彷徨っています、クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←100位くらいです、クリックお願いします!
[PR]

by garira-sann | 2007-12-23 22:43 | 日々の出来事