ポン。   

2008年 11月 15日

スイマセン、最近いろんな意味でご無沙汰なガリラです。

やっと、水曜日に出されてた課題がどうにか終わりまして、勉強しなきゃいけないっていう呪縛から数日はとかれそうです。

心もスッキリしたということで、最近はいろんな人の家に派遣されます。



マージャン派遣!



マージャン派遣とは、打つメンバーが足りないために呼ばれる雀士のことです。

そんなこんなで水曜の夜は、ゼミの友達の知り合いが家でやろうということで、来いと言われましてゲンチャとばして行ってきました。

そうすると、そのよくわからないメンバーの隣に女の子がいました。


あぁ、もう何で知らんやつの彼女なんかと一緒に打たなアカンねん、いろんな意味でめんどいわ~とか思って夜あんまり人の顔もわからん状態の道を歩いて、家に到着したのです。

まぁ、オレは基本、人見知りはしない人間なので、顔は見えない中でも唯一の誰かわからないカップルと思われる人たちと適当に話す。

「名前なんていうの?」

「ガリラやで~」

「今日のやつとはどんな友達?」

「ゼミ、ゼミ!」

「自分、何かデカくてイカツイな~」

「そんなことないよ~」


ううん、差しさわりのない会話ですね~

ということで、家に入ってやっとちゃんと顔を見ることに成功!

あれっ!?


ああっ、あの子や~~~


その、女の子は大学に入った頃にいつも友達とある芸能人に似ていて、めっちゃかわいいと教室の中で騒いで、チラチラ見まくっていた学部が同じ女の子だったのです。

そのときは新しい生活の始まりっていうことで彼女欲しい症候群のオレたちはその衝動を可愛い女の子を見まくるということで抑えていたのです。

だから向こうもたぶん私たちのこと見てるな、気持ち悪って思われてるに違いないとw


あぁ、この標準語喋る男が彼氏か!?うらやましいのう…

と思っていたらただのゼミが同じ友達らしく、よく家に来るみたいでした。

家に来る女友達?本当になにもないのか?と思ったんですけど、その男の子を見てるとそうなんやろなぁと思えました。

そんなことはどうでもいいとして、オレはその女の子の部屋着を見るだけで、いかがわしい想像をしてしまい、それにこの4年間のずっと喋りたかったという想いが叶いそうで緊張し始めて、何も喋れなくなってたのでした。

まぁ、麻雀中だから話さなくても全然いいんですけど、少しくらい昔見た目だけですけど好だった人と話したいじゃないですか!

そんな中で麻雀が終わって、ほかの人が煙草を吸いに換気扇の前に移動したときに2人きりになってどうしようと思っていると向こうから


「ガリラくんやろ、煙草吸うんじゃないの?」


「いや、今は風邪やしあんまり…というか何で名前知ってんの?」


「あぁ、前から知ってたんやけど、話す機会なかったよね?」


「そうなんや、オレって何か有名なん?」


「あぁ、煙草ばっか吸ってるってね、よく○○君も言ってるし。」


「あぁ、○○の友達やったんや、何か聞いた気するわ~」


「そうそう、私の友達の○○がガリラくんタイプって言ってたんだよ~」


「おぉ、奇跡やな、ヒマやったら付き合うでって言っといて。はいウソですw」


「ガリラくん見た目とキャラが全然違うよね~、もっと偉そうかと思ってた~」


「あぁ、全然。喋ったまま。」


そんな会話ができただけでも、この4年間もモヤモヤみたいなものがとれた気がしました。

これで、来年から社会人としてやっていけそうですっていうのはウソであと2年くらい学生してたい気持ちのほうが数段に大きい。


まぁ、その日の麻雀は1人負けに近い結果になってしまったんですけど、負けたことなんかどうでも良かったです。

皆、とっつきやすい人らばっかやったし、オレと友達以外はみんな東海地方の人らばっかやからか和やかで良かった~

岐阜とか愛知の人は三重とは違うなってこれは失敬ww


そんなオレの木曜の起床時間は夜の8時、そして携帯を見ると「今日も麻雀な~」ってことで自分の体時計は朝から麻雀な感じで頭が以上に働いて、プールバイトの1日の給料くらい稼げました~

そんな金曜日に寝たのは夜の6時、起きたのは土曜の5時!そんな狂った生活の中で生きていたオレは治ったはずの風邪の気配が迫ってきているような体調なわけで…

そして今日、日付見たら15日、そう言えば、外国に留学する友達がいたっけ、フジ○君!

まぁ、君がこれを見てるわけないだろうから、また後で何か差し入れでも持って行ってあげようかなって外国には何を持って行けば役立つの?


誰か教えて~

てなことでおはようのついでのブログでした!


←クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←100位くらいです、クリックお願いします!
[PR]

# by garira-sann | 2008-11-15 07:46 | 日々の出来事

アグリー・ベティは不細工だ   

2008年 11月 09日

田舎者は人の多いところには行ってはダメです。

道にはたくさんの見知らぬ人間がどんな状態でどんな経歴を辿って生きてきたなんかはあの江○さんでもわからない。

うんなオーラなんかでその人のことがわかるわけがない。

まぁ、オレという人間が占いとか予言とかそんな空想の世界が大嫌いだからかもしれませんけど、占いとかそんなもんに頼るまでにまず自分でどないかせぇっちゅうねん!w

結局全て自分に帰ってくるもんなんですから。

ということで私は



風邪をひきました~



なんでだろうなんでだろう~、たぶん誰かわけのわからん人から移されたんでしょう。

だって、寒くなってるから暑いと思うくらいに着込んでマフラ~もつけて街を歩いてるんですよ。

それやのにウイルスに侵される。


口に決まっとうやないかい!



街中でマスクなんか付けてんのなんか芸能人くらいでしょ。

オレの防御力0の口を見事に攻撃されて、撃沈ということになったようです。

昨日から声もかれて、おかしいってこともわかっとったのに飲みに行ってしまったオレは管理能力0でした。

眠いと思って、眠りにつきます。

そうすると、ゴホン、ゴホンと咳が止まらないのです。

2時間おきに起きてしまうくらいの咳。


腹が減って、冷蔵庫の中を見たら飲み物以外何もない。

これでは本当にヤバイと思って、ダルい体をどうにか起こしてスーパーに食料を調達しに行く。


家に帰って、大量のお粥を作って、鮭フレークを混ぜて鮭がゆにしたり、卵でといて卵がゆにして必死に口の中に入れます。

そして大量のアクエリアスで流し込む。

その後に薬を投入ってなわけで、そんな1日を過ごしていると咳もダルさも比較的マシになったような気がします。

明日には治りそうな予感が致します。

というか治します!


治して、たまってる課題やって、いろんな人と遊んで充実した毎日にしたいと思った今日一日でした。

もっと書こうと思ったけど、まだ少ししんどいし、副作用もあって眠いんで今日は寝ます。


←クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←100位くらいです、クリックお願いします!
[PR]

# by garira-sann | 2008-11-09 00:15 | 日々の出来事

バイトでも始めようかな!?   

2008年 11月 03日

バイトする時間がもったいないとか思いながらも、遊ぶためのお金がもっと欲しいと思ってしまうオレです。

育ってきた家の環境柄からかお金の使い方が適当というか大雑把というか使うときは何も考えずにドバっといってしまう…

今日はなぜか四条に行こうと誘われたので、オレのゼミのアイドル的な女の子、アイドルの友達の男の子含めて数人で行きました。

まぁ、最近たまに誘われるんですけど、勉強という理由で断っていたのですが勉強も一段落したということで、今日は行かないと悪いので夜更かししすぎて、あんま寝てない目をこすって頑張って行ってきました。

待ち合わせ場所で待っていると皆ぞくぞくとやってきました。


「あぁ、ガリラくんほんまに来たやん!奇跡や~~~~」


いえいえ、奇跡はそんなくだらないことで起きません。

そして、最強なグダグダさでカフェでコーヒーを飲んで、グダグダなお話を皆でやる。

来年からの自分らが社会人になったときの休日の過ごし方はどうする?


男子陣「ずっと寝とく」

女性陣「お買い物~」


はいはい、会話なんて続きません…


これから何か不景気になりそうな感じやけど来年から俺たち大丈夫かな?


男性陣「風俗行ける金あればそれでいい」←これはオレは絶対に該当しません。

女性陣「わからへ~ん、結婚する~し関係ない~」


はいはい、ここからどうやって会話広げようかな、はい無理で~す。


集まってもずっとこんな調子なんですよ。

オレなんかこの会話中、何を喋ったかさえわかりません…

あぁ、風俗の下りは一言も発してないですわ。

オレは求められれば、喋りますが「まぁ、ええか」と思えば、人から喋りかけられるまで口を開けません。


根暗ですもん、仕方ない。


そんで昨日考えた内容の原稿の感想を聞いてもらおうと皆の前で発表してみると


オレよりも適当な男性陣「あぁ、何か言ってた?あぁ、いいんじゃないの。」

いつも静かな女性陣「うぅ~ん、うん、うん、う~ん…」


ちょっとくらいちゃんとした感想くれよ…

オレがいつも真剣に話しててもちゃんと聞いてくれたことは皆無です。

まぁ、オレはたぶんこのメンバーからはテスト担当としか見られてないんでしょう。

テスト担当とはテスト前に困っているメンバーを助けて、テスト中にも助ける役目です。


テストが近づいているある日のこと

ブーン、ブーンと携帯から音が。←携帯はいつもバイブ音で着メロなんて一年くらいとってません。携帯はメールと電話さえできれば機能うんぬんかんぬんどうでもいいです。

「ああ、○ニャンどうしたん?」←だいたいわかる

「なぁガリラくん、テスト範囲とか何したらええとかわからんから○○の家、今から来て~。なぁ、助けて。」

「えぇ、めんどくさい、だるい。」

「そんなん言わんといてよ。どうせ来てくれるやろ、お願~い!」

「あぁ…、わかった今から行くわ~、何か買ってきて欲しいもんある?」

「皆の飲み物!」

「わかった~」


皆さん、言っておきますが、俺はヒモとかいうそんな種族じゃありませんよ。

お金はちゃんと後払いでいただいてます。


そんなメンバーはいつもオレに頼りきりです。

それは前に皆でカニが食べたいと言い出し、福井に行ったらおいしいやろなぁ~

あぁ、でも計画とかすんのめんどうやん。←ガチで皆びっくりするくらいのめんどくさがり

なぜか、皆オレの顔をじ~っと見てくる。


「えぇ、何!?オレが、カニ何か食べに行くために福井なんかに一緒に行けと?オレ以外でそこらへんのカニ道楽で食えば早いやん!あそこ行けば死ぬほどカニおるわ~」

「えぇ、ガリラくんほんまにそんなこと思ってんの!こんなとこで何をカッコつけてるん…シケシケしてるのが男としてよく見えるとでも~○○にゃん、○○もほら~」

「カニ食べたいなぁ、福井で……」

「オレはめんどくさい食べ物が嫌いやねん、殻の付いた食いもんもそう、種のある皮のある果物もそう。そんなもんのために大金使うんはオレは」

「カニ食べたいなぁ、福井で……………」

「わかった、カニも温泉も一緒に行く、そんでいつから行くん?」←心変わりは早いオレ

「いつでも、空いてるときやったらガリラくんの好きなときで~」

「オケ、じゃぁ適当に決めとくわ~、オレ雪とかある道で運転するの嫌やし、皆ペーパーみたいなもんやから電車で行くからわかった!?」

「うん、何でもええよ。ガリラくんの好きなようにして~」←誰も決して文句1つ言いません。


ということで福井の旅はオレが行く温泉、旅行の集合時間、予定予算全部独断で決めて、ダルダル軍団らしく予定すきまくりの暇すぎる旅は終わったのです。


わぁお、話が脱線しすぎた。

思い出したら好きなように書いてしまいたよ。

そんで皆で服見に行こうってなったんですけど、この時期ってちっっと寒いか寒すぎるか、どっちかようわからんからどんなのを買えばいいかよくわからない頃なんですよね。

そして最近、イギリスの素人オーデション番組で勝ち抜いている4人組みのグループのメインボーカル的が着ている色のライダースジャケット的な服がいいなと思って、まぁ、この4人が着てる上着です。
一昨日に服見てたときに似てるようなもんあったを思って、その店に行って着てみたんです。

う~ん。今日着てるパンツとの相性が悪いからか、オレには潜在的にダメなのかあんまりパッとしない…

さっきまでオレに押しに押しに来た店員も苦笑いを隠せずww

顔がでかいからかうぅ~ん、わかんねぇぜ。

たぶんオレが似合わないって思い込んでるからかもしれへんし、今度は購入!うぅ~ん。

それで買い物もそれほどに少しだけカラオケに行こうって事で男子で誰が1番異性ウケいいかという勝負をしようということになりまして。

それで最近、このイギリスでやってる「X-factor」あぁ、上でオレが書いてたグループも出てる番組の素人のオーデション番組のパフォーパンスを見るのが好きで洋楽がいいなと思い出したので上で載せた歌を必死に探して歌ってみると

「あぁ、さまになってるやん」

となぜか好評価をいただきましてw

今度から洋楽聴いて歌おうと思った今日1日でした~

あぁ、上の番組に興味ある人は「X-factor]で検索すれば見れますから見てください!

審査員も有名人のプロデューサーや歌手ばかりで辛口やし、特に1番端のダンディな顔のサイモンは辛口すぎで有名で見てても英語の勉強もできるし、おもしろいですよ。

んじゃ、明日は少し朝早いんでオーディションの様子見ながら寝ることにしま~す!


それでは~


←クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←100位くらいです、クリックお願いします!
[PR]

# by garira-sann | 2008-11-03 00:20 | 日々の出来事

暇という時間はもういらない   

2008年 11月 02日

何とか、ここ2ヶ月かかって勉強してたこれから1番重要な資格の試験に昨日どうにか受かりまして気分的にまぁ、精神的なもんが楽になったんでブログ書いていきます、体はどこも掻きません。

そんなこんなでここ何十日でいろんな人と交流してました。

あんまりプライベートの面については言っていいかということ以外は口にも隠し通すのですけどね。

そんなこんなで最近オレが力を入れているというか、無理やりやらされてる感があるイベントについてお話させていただきます。

ある友人の共通の友達に飲んでるから来てという誘いがありまして、行ってみると10人くらいの男女がいたのでした。

わけもわからないままこれは何だということを聞いてみると「あぁ、お前さぁイベントの参加者の1人になったみたいやからよろしく!」


ホワーイ!?


なぜオレは見ず知らずの人に囲まれて、そんで勝手にメンバーにされているのか?ww

まぁ、その友達がオレの話をしたら皆が気に入ってくれた?みたいで、バイトもしてないし、ヒマだろうということでメンバーにされたみたいです。

いえいえ、バイトしてないのは資格が~という大きな理由があるのに、オレの断れない性格を利用してそして10人以上の君はメンバーだよ的な目を見ると…


そんで何をするかまだ聞いていなかったので横にいる名前もわからない人に聞くと「就職活動のアドバイスをする4回生の団体だよ~!」という標準語のお答えが…


アドバイス…、アドバイス…、アドバイス…


そんなもんできねぇよ、オレが!

どうにかして脱退させてもらおうと友達に頼んでも「大丈夫、お前は座ってるだけでええから」ということで渋々ねww

そんでこの集まりというのはいろんな大学の人が集まってメンバーが頼まれたというゼミに行ってお話しするというものです。

まぁ、ほとんどはゼミの飲み会に参加してお話するだけなんです。

そんなこんなでこの集まりのメンバーはいろんな大学の人らやから、いろんな大学に顔を出すことが多くて、結構楽しんでるつもりです。

メンバーは皆びっくりするくらい真面目で飲み会で1人1人何を話すとかを集まってガチで話し合いするんですよ。

やっぱり、いい企業に内定してる人は違うなって思うような勤勉な方々の中に典型的O型人間のオレが加わっていいのか?というような少しの葛藤がありましたけど、メンバーいわくオレは「いるだけでいい人」ってことらしいです。

だからか、オレが真面目に話し合いを聞かずにずっと資格の勉強をしてたり、話し合いに飽きてタバコを吸いに行ったり、1人でぶらっとどっか行ったりしても何も文句も言われないですし、居心地はいいんですよ。

メンバーは「適当でも真面目なことは変に真面目やから別にいい」ってことらしいです。


そんで、いろんな大学の3回生の人たちと大学のカフェとか飲み会で就職のお話をする機会があるんですけど、そのときは真面目な話してます。

せっかく呼んでもらってるのになんのためにもならない話しても申し訳ないですから。

3回生も世間話聞きにきてるわけちゃうし。

でも、オレ、普段あんまり真面目に話したりしないんですけど、真面目なこと話すのは結構好きなんですよ。

ただまわりが真面目な話するような環境では…

あぁ、でも知らんまに3回生と雑談ばっかになってしまって、就職活動相談という名のただの合同コンパという形に終わってしまうこともww

それはそれで楽しいんですけど、なんか申し訳ない気が…


そこはいいとして、先日オレはメンバーに3回生のみんなの前で話して欲しいと言われたのでいつも任せっきりなんでたまにはいいかということで教授、3回生含めて2つのゼミ40人くらい?の前で就職活動で言っておきたい事というお題で何を言おうかということで考えた結果


「プロセス(過程)と結果」



ということについてお話してきました。←気持ち悪いので下記は読む必要はありませんw


「よく会社の人から社会人ではプロセスよりも結果が重要だ!ということを聞きます。高校時代の数学のテストのように過程がしっかりわかっていれば点数をくれるということは、これからはないということです。つまり答えがあっていないと意味がない、認められないのです。就職活動も仕事と同じで結局は内定かそうじゃないかしかない。認められないと100の努力は0になる。振り出しに戻るのです。これが僕が就職活動を通して思ったことです。そうは感じながらも皆の今まで生きていた20数年間の人生のプロセスについてはエントリーシートでも面接でも存分にアピールすることができるのです。いろんな企業から不合格をもらうと思うけど、僕もそうでしたがそのプロセスを生かしながら最高の結果を出してもらいたいと思います。だから結果だけを求めるというのではなくプロセスつまり努力は続けていってください。そうすれば結果も自然と出てくるでしょう!プロセスから結果を出すことが大事、でも結果が出ないと意味がない!これが最も僕の今言いたいことです。」←自分の原稿一部抜粋



シ~~~~~ン


普通は盛り上がる場所の居酒屋のある個室は沈黙に包まれましたww

この上のことよりももっとシビアなこと言ってたんで、就活生をビビらせてしまったようです。

見た目もデカさも少しイカツい感じの人間がクソ現実的で全く夢のないようなことを言うとこうなるんですね、反省してます。

でも、何かメンバーからはウケは良かったんですけどww

まぁ、嫌われてもこういうこと言う人間が必要でしょう。

あぁ、いつもこんなアドバイスしてないので一種のイジメとか思わないでくださいね。



そして、明後日、またしても私はお話をすることになりました。

今回の僕のテーマは「就職活動中のスケジュール管理の大切さ!」です。

今から、少し原稿考えて寝ることにします!


たまには真面目なことを言わせていただきますということで今度からはネタ系統でいきますのでたまに見てあげてください。


←クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←100位くらいです、クリックお願いします!
[PR]

# by garira-sann | 2008-11-02 02:01 | ふと思うこと

Mの悲劇   

2008年 09月 12日

ただいま、2日連続の飲み会を終えて、自宅に無事戻ってくることができたガリラです。

2日間で結構、飲み食いした気がします。

でも、何だかんだおごりとか打ち上げ系が多かったので、あんまりお金を消費せずにすみました。

そんな2日連続の飲み会の第1日目は、とある人間にとってはオレから見れば悲劇としか言えないような日だったにちがいないのです。


その日は、夏稼ぎに稼いだプールのバイトが無事に終わって、社員さんとかバイトも混ぜての毎年恒例の打ち上げをするということでうちの近くのかごの屋に来いという電話があったのです。

本当だったら、バイト先で参加するかしないか確認があるみたいなのですが、オレは旅行やら何やら忙しくて、最近バイトに行っていなかったせいもあり電話連絡となりました。

そして僕はかごの屋という店の存在は知っていたものの何の店かはわからず、ネットで調べてみると、何としゃぶしゃぶの店だということがわかる。

そんなオレ、しゃぶしゃぶが食えるとテンション上げ上げ~

だって、学生やからそんな肉ばっかり食べれるような生活できませんもん。


そいういうことで18時にオレはかごの屋に行くと、もう結構な数が集まっていました。

そして、オレは女の子の集まってるテーブルを避けて社員さんとか仲のいいバイトのいるテーブルの一番端に座りました。

オレはバイトの女の子から「遊んでそう…」という理由であんまり仲良くしてくれてませんのでww

席につき、男子メンバーと談笑していると、そこに最近このブログでよく話題になるあの人が到着!



大石くん!



もう、わかってもらえるでしょう。

18歳大学生、女好き、そしてバイトの松山さんに片想いしている。←最近、2人きりで飲みに行ったらしいw

その大石くんは皆にそそのかされたこともあるかもしれませんが、なぜか女の子のテーブルに一人で座っていました。



当然、松山の隣をキープするためですw



そして、大石くんが皆にいじられていると、少し遅れると伝えられていた松山登場!

当然、大石の隣に来いアタックの前に撃沈してしょうがなく隣に。

でも、まんざらでもなさそうでした。


そんな感じで始ったプールバイトの打ち上げは、どんどんある意味すごい方向に進んでいったのです。

オレは1000円でしゃぶしゃぶそれも結構いい肉が食べ放題ということで隣の4回で仲のいい藤野(仮名)ともう食うしかないということで肉を何枚も腹の中に詰め込む、ビールで流し込む、それの繰り返しでした。

しかし、やはり胃はどんどん年をとっていくのか、昔は「無限の胃袋」と称されたオレの胃は肉の脂身にやられ、マロニーを口に吸い上げるだけでした。


あだ名は「マロニー」になりました。


だって肉よりもマロニーのほうがおいしかったんだもん、テヘッw

オレらが食べることに専念できたのも1回のアク取り専門の藤本のおかげ。


そんな中で隣のテーブルでは、やばい状況になっていっているのがわかりました。

大石くんがキャラそのままにコールを振られまくり、社員からのソソウの嵐により、泥酔に近い域まで達していたのです。

18歳、そして根っからの女好きが泥酔の域まで達するとどうなってしまうか、皆さんはわかるでしょうか?



野獣に変身します!


その野獣のターゲットはか弱い獲物の松山!



ラグビー部出身の野獣はものすごい力で松山にキスをせがみまくる…

必死に耐える松山ww

そして、少し笑える口説きが


ねぇ、松山さん男子トイレ行きましょう!(セックスしましょう)


はい、嫌です!



こんなやりとりの繰り返しが続いていた横で社員から注がれるビールを飲みながら一服していたお気楽人間ガリラ、その背中にパチーンという衝撃が…


何で助けやんと、見てるだけなんよww


そうです、松山はあり得ないほどの酒豪でいくら飲んでも酔わないのですが、やたら体をパチンパチン叩いてくるんですよ~

横の藤野の背中にも同じく被害がww

たぶん、体がイカツいというか丈夫な男の体を触るのが好きみたいです、詳しくはわかりませんけど。

そんなオレたちは自分で何とかしーや!という感じでただただ見てました。

そして時間が経ち、大石くんも完全につぶれたといい所まで酔い、セックスしよう口説きもあきらめて一人でボーっとしてました。

そうすると、すぐに空いていたオレの横の席に松山がやってきました。


何で、助けへんねん、ボケ~


うっさい、そんなん知らんがな、可愛い子やったらええけど、おばちゃんやもんw


何がおばちゃんやねん、チャラ男が~


なぜか、おばちゃん=松山は東南アジア人みたいなオレのことをチャラ男と勘違いしてるのです。

言っておきますが、オレがチャラ男とすれば日本男児の約半分はチャラ男、イタリア男児の100%がチャラ男になってしまいます。

それと、オレが松山のことをおばちゃんと呼ぶのは、見た目も髪型もおばちゃんぽいというのもありますがかなりの世話好きで年下の大石くんの猛アタックにも嫌な顔せずに「ホンマに弟みたいな感じやねん、ほっとかれへんねん!それにかわいい、好き好きって言われたらうれしいやんか~」と言うようなお母さんみたいな女の子だからです。

そんな子やからオレも仲良くできるんかもって思います。


そんで隣になってからは聞きたいと言っていたオレンジデイズみたいな旅行のお話で男女混ざった旅行ってどないなるん的な質問にビールを注がれながら顔を真っ赤にしながら答えてました。

彼女は女子大なので、そういう話が大好きでめっちゃ食いついてきます。

何か女子大の人って、おもしろい人多いよな~って感じます。


そして、2人で話していると野獣が松山に襲いかかってきました!

ラグビー部の突進にオレと松山は完全に押し倒されて、どうにも収集がつかなくなっていった矢先、さっきまで野獣大石をイジリまくっていた総支配人吉本さん(仮名)が不気味な笑いを浮かべて大石の前にやってきた瞬間



バチ~~~~~~ン!



オレは何が起こったかわからなかったんですけど、藤野とかまわりの人たちが大笑いしていたのです。


はい、吉本ビンタが大石の頬を襲ったのです!



大石は完全にダウンしてしまい、座敷の畳に倒れこみました!

あれほどのダウン劇は最近は見たこともありませんでした。

昔、バイト先の飲み会である人に3回もビンタを食らわされたことがありましたが、そんなの比にならないくらいの衝撃でした。

ヤクザみたいな顔の吉本さんのビンタがふざけでやったのかマジでやったのかよくわからず、オレはあんまり笑えませんでしたけど、この一撃が今まで暴れまわっていた野獣をKOして意気消沈させたことからも結果としては決して間違ってはなかったと今は思います。


そんな野獣が出現した飲み会もどうにか終わり、二次会にプールの同系列のボーリング場に行くことに。

だって、社員割引で1ゲーム150円(シューズ無料)ですから。

そんで、オレもボーリング好きやし、行くことに。

当然、神のノリを持つ松山も行くということでかごの屋からボーリング場まで2人で自転車で移動。

酔いのまわったオレは下ネタが話しの中心に…


ガリラ:おい、お前さぁあおんだけ好かれてたら大石と付き合ったらええんちゃうの?

松山:だって、18歳やで~、友達に何て言えばええかわからんやん!
    あぁ、弟やったらかわいいのに~


ガリラ:でも、アイツと付き合ったら、絶対にセックス三昧の生活になるやろ~

松山:ほんまにそう、女やったら誰でもええって感じやろ~
    って自分もそうやろ!


ガリラ:違うな、オレはそんな人間じゃなくて、ホニャホニャホニャ~~

松山:すぐに自分を美化するやろ、ほんまに…


そんなこんなで、社員に止められながらも松山と別れたくない一心で泥酔の状態でやってきた大石くんはボーリング場のソファーで消沈w

そして始ったボーリングでしたが、オレはスポーツについては手を抜くことは嫌いなので頭痛がしながらも一投一投真剣に投げていました。

最近になってボーリングのコツを掴んだ俺は1ゲーム目は130で1位、そして第2ゲームのことでした。

まわりがあんまり上手くない中で1人だけあり得ないスコアーで投球している人間が…


松山でした…


1は110ちょっとくらいで女子にしてはうまいと思っていた2ゲーム目、おばちゃんは爆発してなんと157というスコアーをたたき出して、134のオレにまで勝つという暴挙に出たのです。

オレが初めて女性にスコアーでもアベレージでも負けたのでした~

大石の暴挙にムカついた女の意地がスコアーにまるまる出たのかと思いましたが、そんな中で大石がむくっと起きだして、松山にキスの嵐を繰り出していました。


あんまり、嫌がってませんでしたww



どないやねん!



そんなことを思った松山=Mの悲劇でした!

ちなみに大石はタクシーで無理やり帰して、なぜか皆、オレの家で3次会を楽しんだのでした~


←クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←100位くらいです、クリックお願いします!
[PR]

# by garira-sann | 2008-09-12 04:11 | 日々の出来事