カテゴリ:バイト( 14 )   

バイトって?   

2007年 08月 22日

今日は、久しぶりにバイトに入った。

今日は、店長と2人きりのシフトであったので、まぁ、真剣にやりましたよ!

今日の夕勤は人の出入りが多いために、休む暇もなくてしんどかった。

でも、暇なときもあったわけで店長といろいろ談笑していた。

まぁ、話題は言うまでもなく


女の話であるが…


その話で店長が絶対に言うセリフがある。それは


最近どうやねん?


わかりやすく言えば、狙っている女の子とはどうなんや?というニュアンスを含んだ質問である。

まぁ、僕は適当に流すことにしている。

もし、いろいろ喋ってしまうと、バイトの人間にいいふらし、面倒くさいことになるのが見え見えであるから。


そうそう、今日の本題であるが今日、バイトがいろいろ意見するために置いてある連絡ノートに久しぶりに目を通してみた。

そうするとこんなことが書いてあった。まぁ、全てを詳しく憶えていないのでわかる範囲で簡潔に記述する事にする。


バイトかもしれんけど、もっと仕事に真剣に仕事に取り組むべきではないのか?
最近、ドリンク機器の鍵持って帰るやつが多すぎる!
ポケットの確認くらいアホでもできるやろ…
そんないい加減なミスもするし、お金をもらって仕事していることに対する考えが甘いんや!




これを書いたのはバイトでも社員よりも仕事に熱心に取り組み、仕事も完璧にできるフリーターのAさん25歳である。

別に注意すのは僕も別に構わないとは思うのだが、何かイヤらしい言い方ようにしてならない。


ここでバイトに対する僕なりの意見を述べたいと思う。

まず、ここまでバイトと言う分際に仕事へのモチベーションを上げるように注意することが何か意味を成すかということだ。

僕は、意味がないと思う。

バイトというのは、そりゃお金をもらっていることを考えれば、その対価にあった仕事はしないといけないのは僕もわかるし、それなりには真剣に取り組んでいるつもりだ。

しかし、こんな言い方は悪いと思うがバイトという分際は給料で比べても、社員にはかなり劣る。

また、ここのバイトで考えれば、バイトのほうが社員よりも確実に多く動いて、多くの汗もかいているのだ。

これがこのバイトのモチベーションが上がりきらない原因であるだろう。

まぁ、なんせ社員にもやる気自体感じられないし。

だから、こんな職場でやる気だして、完璧に仕事をこなし、少しもサボるなということ自体、場違いであるということをAはわからないのだろうか?


あと、Aの上からのものの言い方が気に食わない!

そりゃ、あなたが仕事できるということくらい、みんなわかっているのだ。

でも、自分のほうが優れていると思って何を言っても許されると思っているのかもしれないが、アホとかそんな言葉まで出して注意すること自体がもうバイトして間違っていると思う。

僕達は所詮バイトという形では同じである。

Aはもうやめるし、好き勝手言って出て行こうと思ってるのかもしれないけど、ここまで調子乗ったらダメっしょ!

あと、あなたは先生になりたいんじゃないんですか?

まぁ、教採には落ちたかもしれんけど、質問してあんな返し方はないだろう…

Aは教師になりたいのなら、そういう仕事ができるとかそういうのではなく、人としてもっとまともな人間にならないといけないのではないのすか?

バイト中に席でくつろいでいる客を口説くとか聞いたことないですよ?

小学生に性教育をしっかり教えたい?

そんなこと僕に言って共感してもらえるとでも思ってるんですか…

なる前からそんなこと言ってる教師になんか誰もおしえてもらいたくないですよ…

そういう性の話題は古典にはよく出てくるから学んだほうがいいから!

そんなこと学ぶために古典やるんですかね…
根本から間違ってますよ…

そんな変に偏った考えしてるっていうのを自分で理解しないといけないし、すべきである。

自分が生徒やったら、そんな訳のわからんこと言う教師になんか教えてもらいたくない。


そして最後に


そのオカマさ治しなさい!


今日は、ブログ名のようなグチばかりの内容になってしまいました。


僕は、そういう技量に優れた人間よりも、人間性が素晴らしい人間になるほうがいろんな人からも信頼されるようにもなり、人の上に立てるようになると思っています!


そういうことを今日は言いたかっただけでしたがよからぬ方向に話が進んでしまったことはスイマセンでした…

とりなおして


←もうすぐ、二桁順位に到達します!クリックお願いしますww 昨日の日記読み返したら、気もち悪かったので当分下系は封印しますww
[PR]

by garira-sann | 2007-08-22 04:33 | バイト

やばっ…   

2007年 08月 10日

今日は、バイトの同僚と飲み会というものに行ってきたのだが、少し飲みすぎた?そんなはずないが頭痛にさっきまで悩まされ、寝れないので更新しておこうと思ったのだ。

ここからは、堅い口調をやめ、日記的な感じにしようと思います!

まぁ、僕はいつも通りビールオンリーでいったわけなんですが、その時に思いもよらないことを聞くことに。



そうそう、バイトの連絡ノートに店長がガリラさんが店のパソコンでなんでブログ見てるんですか?って書いてありましたよ!



なぜだ、と思いながらも、ダメなことには変わらないので飲み会が終わってから、シフトをもらいに行くのと一緒に連絡ノートに反省してることを書いておくことに。

まぁ、店パソで見たのは、ほとんど0に近い訪問者の数が気になり、全部の仕事を終わらしてから少しだけ使ったのである。

怒られるのは構わないが、それ以上に気になることが…、そう



もうこのブログが店長にばれてるかもしれないこと!



であるのだが、このブログは大学の友人にもほとんど教えていないのに、ネタになるバイト先の店長にバレたらブログも一気に破滅するのは言うまでもないだろう…

もう、バレた前提で、この店長の恐ろしさについて書くことにでもする!


この店長は、驚くほど口が軽い!まぁ、僕も相当軽いがw


歩く爆弾!であるのだ!


今日も、バイトの仲のいい同僚が犠牲になった…

このYは、彼女を駅まで送るために駅まで行ったみたいである。

まぁ、Yは駅のホームの前で彼女とキ○をしていたようであった。←ネタにしてすまない。まぁ、今日いた人間にしかブログは教えていないので問題ないでしょww

どんだけぇ~とは思うがここでは、このことを言及するのは避けておく。

それを目撃していた人物が…



そう、店長であったww



そして、Yは違う駅までバイクで送るという親切な行為をしていたにもかかわらず、その行為を踏みにじるような行動をとる…

店長は、歩く爆弾そのままにほかのバイトの人間に駅でのキ○のことを言いふらしていたようである…


この人は悪魔だ…



今日、そのことを聞きおもしろかったが、かわいそうにもなったw

そしてYには最悪なニックネームがつくことに、そう



キ○魔!


あぁ、かわいそうに…
非情な僕でも同情しますって、これ言ってるのは僕だけである。

でも、Yは別に嫌な感じではなかったのに安心したのだが。でも


店長、それは言っちゃダメっすよ!さすがにデリカシーなさすぎですよww


今度からスキャンダル的な事は店長に絶対に耳に入れさせてはダメだと改めて実感した今日この頃…

そう考えると、このブログのことがいろんな人間に広まってしまうのは時間の問題であろう…

別にいいのだが、見て欲しくない日記もあるのは事実なわけで…

まぁ、ここまで書いたのだから空気は読んでくれることを願うまでだがw


最後に店長へ

パソコン勝手に使ってスイマセンでした!
今度からは絶対に業務以外のことにはパソコンは使わないので、許してください!


店長、もし見てるならコメントお願いしますww


たぶん、見てないだろうww


←337位です!ガリラのクリックのほうお願いしますww
[PR]

by garira-sann | 2007-08-10 06:22 | バイト

うん?   

2007年 08月 08日

今、夜勤の二連勤を終えて甲子園でも見たいと思ったが、今日もバイトに入らないといけない状況に置かれ、全試合が見れないもどかしさに駆られているのだ。

三連勤は普段から楽な生活しかしてないニート大学生の僕にとってはかなり体力的にきついのである。
なんせ、タバコの吸いすぎで肺が真っ黒であるのだから…


まぁ、こんな自分の話ばかりしてもラチがあかないので今日の変な客についてでも書くとする。

そうそう、昨日言っていた、マンガ論は落ち着いてから書くことにするのでご了承いただきたいw

それで、12時くらいに客Xが現れたのであるが、Xは少し頭のいかれたサンマみたいな顔をしていた!

来店のときにもなんか訳のわからないことを言っていたが軽く流していたので全く憶えていない…

そして会計のときに、僕にまた変なことを言ってきた…



にちゃんネルで違法のブログにやめるようにいったんやけど、なぜかすぐにコメントを消された、ここのパソコンがハッキングされてるかもしれん!



と更に訳のわからない事を言ってきたので僕は



何言ってるかわかりません!
僕はパソオタではないですし…



とキツめに言ってやったら、Xは不機嫌な顔をしたので、ヤバイかなと思い、それについて詳しく聞くフリだけをしておくと、話したいことは全部言えたのか、満足な顔をして帰ったのである。


それから、もうすぐ勤務終わりの30分程前に見たような顔の客が一枚の紙を持ってあらわれた!


言うまでもないXである!


Xは、笑いながら僕の前にやってきて、先ほどのハッキングされたかもという件について、その紙で長々説明しだしたのだ…

もし、パソコンがハッキングされた場合の対処法や違法性の高さなどをここでも満足そうに自分がいかにも知識がある優れた人間のように上からモノを言ってきやがった…

もし、ハッキングされて異常が起きれば、警察に連絡しろや、とよ…

まぁ、なんで僕がいるときに限って警察沙汰になるような話が舞い込んでくるのか…

Xも普段から喋ってくれる人がいないのか、かなり僕と喋れるのがうれしいそうであった。

考えると、少しかわいそうになった…


前の被害妄想女と言い、キモいにチャンネラーといいネットカフェという場所には、ろくな人間が来ない…

やはり、こんな場所には友達がいなく、コンピューターが心の友であるような人間ばかりなんだろう!

見た目からも友達いない感がかなり漂ってくるのも怖い…

15日間で180時間利用するあし○君とか、ニューハーフのエロ写真や女性のブーツの写真を何十枚もコピーして帰る清○とか、人間としてあり得ない!清○については、また詳しく語りたいと考えているのでお楽しみにww


特に清○とかは一枚30円もかかるコピーを何十枚も頼むので何千円も払って帰るのである。



アホだ…



まぁ、友達になりたいと思うのはイケメンゲームパック人間の○柳君くらいだw

派遣で居酒屋で働いたときのように、可愛い女性の大群が現れるなんで起こりえない…


それより、そんな女性にオタクランドなんか来て欲しくない!



人として腐ってもらいたくないのだ。

まぁ、夏に不審者が現れるのはホントである!と改めて実感できた今日この頃であった。

不審者を見たいと言う人はネットカフェに行けば、一年中見物できるだろう!

あっ、美人は犯されないように注意しておきなさい!と言っても、客の80%はチェリーボーイなのでそっちの行程はわからないな、きっと!


←只今、474位!もうすぐ300位です、クリックよろしくお願いしますww
[PR]

by garira-sann | 2007-08-08 09:06 | バイト

犯人とグル?   

2007年 08月 05日

今日の出来事は、完全ノンフィクションである!

今、信じられないことが起こった夜勤のバイトから帰ったところである。

今日は、バイトの同じ大学の藤○君と、僕と、問題の女Aの登場人物で話を進めていくとする。


問題のAが来店したのは、夜12時頃であっただろうか。

そのAは40~50歳のやつれたガイコツのような顔をしているババアであった…


そのババアは、なぜかパソコンの知識が皆無であるようで、藤○君を席まで呼んでいた!

なぜか、藤○君がなかなか帰ってこないことに気づき、藤○君を呼ぶと思いがけないことを口にしたのであった…



アイツ、くるっとる…
なんか、あの人、犯罪に巻き込まれてるみたいで、ヤフーメールで人に助け求めるために助けて欲しいって言われて、いろいろ教えてるんやけど…



そのまえに、僕は、大きなメモ用紙を渡していたのだが、藤○君へは、喋って伝えるのではなく、そのメモ用紙に書いて伝えているようである。理由を聞き驚愕した!




私は、今、特定人物に追われているんです!
私の声が盗聴されてるんです!




との事…
被害妄想ではないか?と疑いながらも、僕は見守ることにする。

それから、すぐにAはカウンターにいる僕のもとにやってきたのであった。



警察よんでください、助けてください!




あぁ、面倒なこと起こしやがってと思ったのだが、それ以上に嫌な事があったのだ…

Aは盗聴されていると思っているので、僕の耳元で小さい声で囁きながらつたえるのであるが…




その息がとてつもなく臭いのである!



年によるババア臭と息の臭さが混ざると、アンモニアに匹敵するニオイを放つのである…

ほんとに耳が潰れると思うくらいひどかった…


それで、店長に電話して、対応策を仰ぐことに。

そして、警察を呼ぶということになったのだ。

僕は、少しテンパリながらも、上京区警察に電話して来てもらうことに。


でも、このポリ、上京区のくせに白木屋ある場所も、ビルの名前を言うまでわからんというオツムの弱さであるため、少し時間を喰ってしまう、そうするとAは



はやく、来てもらってください、ホニャ~ホニャ~


と自分がどんだけ迷惑かけてんのわかってるんか?というくらいしつこい催促…

僕が必死に電話しているときにAは藤○君に僕のことを




あの人は、なんか怪しい…
あの人は、私が追われている人間の仲間かもしれない…




と言う始末…


ほんまにいい加減にしやな、殺すぞ!


とマジで思った人間はコイツが初めてであった。

少し人相が悪いのは認めるが、心優しい人間である。


それから、すぐに警察がやってきて、事務室で取調べ的なことが始まったのであるが、ポリもAがなにを言っているか理解できないようで、Aを自分の家に連れて帰り話を聞くことになったようであった。


こんだけ、コイツのために時間を割いたのにポリからは、ありがとうの一言もないことに、更にイラついた。


あのAには、いったい何が起こっていたのであろうか?
結論が全くわからないまま、この怒涛の出来事はおわってしまったのであった…




←今、何位でしょうか?先が見えません…

やっと、登録できました!
クリックしてもらえると、オフ会行けますww
[PR]

by garira-sann | 2007-08-05 05:25 | バイト