カテゴリ:ふと思うこと( 37 )   

これは使えるんじゃね?   

2007年 11月 06日

みなさん今日は飲み会ネタの続きは書きませんので、期待していた読者さんは申し訳ありません。

まぁ、実際、飲み会ネタって見ててどうなんですかね、おもしろいですかね、だって他人の飲み会レポートですよ、どうなんですか?

こんなこと言ってますけど、最後までは書く気満々なんで最後まで書いて欲しいとかいう励ましのコメントは欲しいんですけど、強制はしません。


ということで、最近自分の中でのバイブルと化しているテレビのニュースを見ての自分の意見を述べる方法を今回も使ってみようと思います。


昨日、ニュースで興味のあることがやっていました。


来年から東京大学で両親の年収が400万円以下の家庭の子供の授業料をタダにする!


というのです。

僕はこの意見には反対はしないというか、むしろ賛成です。

まぁ、実際、大学の授業料というのは、普通の家庭ではかなりの家計の負担になっていると思うんですね。

それで大学では、そういう授業料だけ払うのに精一杯の家庭には奨学金制度をとっていたりして、少しでも負担を減らすような制度をとっていたりします。

でも、奨学金というのは利子がほとんどないというだけで、将来は返さないといけない悪いように言えば借金なんですよね。

僕自身は、奨学金はもらっていないのですけど、まわりには結構もらっているという人も多いのが事実です。

つまり、大学の制度っていうのは決してこういう家庭にとって万全な制度が整っていないのです。

また、大学生特に、下宿生には莫大なお金がかかります。

家賃や電気代などの住居費、そして食費とか、僕も1人暮らしをしていて思いますけど、この二つで結構なお金がかかるわけです。

自炊しない人はほとんど食費でお金がなくなると言っても過言ではないかもしれません。

それに、サークルに入っているなどは飲み会などの交友費とかも自分で負担しなければいけません。

特に東京とか都心などの大学生は、住居費とかかなり高いみたいですしね。

というので、こういう1人暮らしの人はバイトをしてそういうお金を稼がないといけないのです。

そうしないとしょうがないのが実情なのでしょう。

大学で勉強だけに励みたいという人でも、こうしないといけないんですよね。

自分は上のような人間ではないのでいいんですけどね。

でも、僕自身は1人暮らしですけど、バイトとかしなくてもいいような十分な仕送りをもらっています、でもバイトはしているのです。

なんでお前バイトしてるの?と聞かれることもあります。

僕もなぜかはわかりませんけど、たぶん僕の中で大学生なのにバイトもしないでフラフラ大学にだけ行くというのが許せないと思っているからかもしれません。

まぁ、僕もバイトのお金があるという理由で仕送りを減らさせました。

親に甘えすぎるというのもどうかとも思ったんで。


というように自分のことなんか言っても意味がないので、東京大学の新制度について自分の考察を述べていこうと思います。

まず、東京大学の新制度についての疑問点として1つあげられると思うんですよね。


・399万円の家庭は授業料を払わなくてもいいのに、401万円の家庭は払わないといけない


こう僕は思ったわけです。

なんで、400万というところに境界線を引いたのでしょうか?

やはり、東大ということもあり、何か理論付けてこういう見解に至ったにちがいはないのですが、僕にはわかりません。

でも、2万円の差で何百万の負担の差が出てきます、完全に不公平な状態になります。

まぁ、子供を東大に行かせている親の平均年収は約1000万と言われているので、こういう親は少ないのかもしれませんが、絶対に何人かはこういう問題に直面すると思います。

今後、授業料を払わないために親が年収をわざと減らすとかいうことまでおきてしまうのではないでしょうか、アホらしい…

この政策は今後問題になってやめてしまいそうな気がします。


とここで、僕は結構使えるのではないかという制度を考えました、東大関係の方も必見です!

名づけて


授業料累進課税制度!


今の日本では所得税には累進課税制度という方法をとっています。

おぉ、何か経済学部らしくなってきましたね。

大学で労働経済っていうこういう内容の授業があったんですけど、これだけは勉強してて楽しかったんです。

累進課税のいうのは所得の大小に応じて、税率が変化する制度です。

まぁ、この制度は垂直的公平ですね。

人それぞれに見合った負担を課すのです。

消費税はみんなが平等に払わないといけないので、水平的公平といい、累進課税制度とは相対する税制です。

だから、この累進課税制度を授業料にも応用すればいいんですよ!

東大の両親の平均所得を出して、その平均所得の家庭には東大の通常の授業料を課して、それ以上の所得の家庭にはその上昇率に応じて、授業料をプラスしていき、それ以下の家庭にはその降下率に応じて授業料をマイナスすれば、結果的には公平になって、400万とかいう意味がよくわからない境界線を引く必要がないような気がするんですけどね。

そうすれば、その家庭に応じて払っても大丈夫な授業料になっていると思うんですけどね。

まぁ、全員の所得を把握するのは大変なことだと思うんですけど、東大の学生数なら大丈夫な気がするんです。

東大から始めていけば、自然とほかの大学も…

とか思ったわけですけど、実際は口では言えても無理なことが何個もあるんでしょうね!

でも、自分でも結構いけるとは思ったんですけどね。

今日の話は、ただの自分の意見であって、ほかにもいろいろな方法が探せば見つかると思います。

最近よくお金がある家庭の子供のほうが偏差値の高い大学に進学するというデータが出ているということを聞きます。

だからというのもなんですけど、そういう状況があるからこそ、塾とか家庭教師とかに行ったり、付けたりしないで、親に迷惑をかけないで進学した人を少しでもいい環境を与えてもいいのではないかと思っただけですからね。

実際、僕みたいな人間がこういうことを書くのは、身分不相応というのはよくわかっています。


というようにこんな記事を最後まで読んでくださった読者さんありがとうございます。

明日から当分、こういうガリラは見れないと思うんで、我慢して見てくださった人は得しましたよ!

はい、スイマセン…

そして、この記事に何か感じた人は

←只今、60位台を彷徨っています、クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←100位くらいです、クリックお願いします!
[PR]

by garira-sann | 2007-11-06 20:58 | ふと思うこと

特に書くことがありません、最近…   

2007年 10月 28日

はい、お久しぶりと言えばいいのか言わなくてもいいのか瀬戸際な状況の真ん中に立っているとかそうじゃないかどっちかはっきりしないガリラです。

最近、木曜の徹夜マージャンと昨日の深夜バイトで昼夜逆転生活になってしまっています。

昼に寝て夜に起きるのは寝たようで寝た気がしないのは僕だけですかね?


ということで今日はマージャンとかけてギャンブルの存在価値的なものでも語らせていただこうと思います。

木曜の夜にマージャンを徹夜でやったということなんですが、僕ってほんまにマージャが弱いというか才能がないんですね。

確かにあんまりやったことがないのもあるんですけど、僕は読みが甘いのか放銃しまくるんです。まぁ、放銃というのは相手を自分の振った牌で上がらせてしまうことです。

今回は金を掛けなかったので、良かったんですがいつも通り放銃しまくりました。

たぶん4000円くらい負けていたんだと思います、まぁ最後は勝つという奇跡もあったんですけどね。

僕は高校時代から親元を離れていて暮らしていたので、いろんな友達が自分の部屋で入り浸っていることがよくあったんです。

そして、僕の友達は必衰のギャンブラーでマージャンが腐るほどうまいヤツが僕の部屋を使ってマージャンすることがよくありました。

でも、僕は絶対にやろうとしませんでした。

それはギャンブル好きを言い方は悪いですが人として下に見ていたからなんだと思います。

勉強の時間も削って親からもらった金を掛けてマージャンをやっている姿を見てるとなんか哀れに見えました、今もその気は少しありますけど。

ここまで僕がギャンブルに関わらないでおこうと思ったのは、昔の親父の姿を見てというのが大きいわけなんです。

親父は僕が幼稚園くらいのときに体調を崩して入院したことがありました。

こうなった原因はマージャンのせいでした。

毎日のように僕の家でいろんな人と卓を囲み、酒とタバコを大量に飲みまくってほとんど寝ないまま朝早くから仕事に出るという生活が続いていたんです。

そりゃ、体も持ちませんよ、それも力仕事やしww

親父はパチンコとか競馬は全くやらないんですが、マージャンだけは高校時代から大好きでやめられんかったようです。

でも、今はこの教訓を生かし、マージャンからも手を引きましたけど。


ほんまいくら自分の親でもこれはアホやと断言できます。

亀田みたいに親を尊敬の眼差しで見れるほどできた人間では僕はありません。

ということでこんなに人に迷惑もかけて、もし負けたりしたらお金が飛ぶんようなことをやろうとは思わなかったんです。


まぁ、今はギャンブルを嗜むくらいは別に僕もマージャンを遊び程度でやりますし、別にというか全然いいと思います。

僕が思うに中毒にならん程度ということだと思うんですよね。


皆さんが中毒でよく聞くというものは、酒をやめられないアルコール中毒、ギャンブルをやめられないギャンブル中毒とかだと思います。


ここまでになってしまうと絶対になんらか人に迷惑をかけてしまいます、僕はここまでは行くなということなんです。

まず、アル中は毎日大量の酒を飲まないとストレスが発散されないというか、生きていけないというものです。

そうすると、毎日酔いつぶれて、家族にしろ誰かにやつあたりしたり、暴れたりしてしまうようになると思います。

お酒と言うのは楽しく飲むということが前提にあると思います、こういうことに利用するのではないのです。


次のギャブル中毒のヤツもやっかいでしょうね。

僕の周りにもこの類の友達がいて、毎日のようにパチンコ屋に繰り出すんです。

僕もよく誘われるんですけど、ここでついて行ってしまうと終わりというのが僕の中にあるのか絶対に行きません!

上の人間のように毎日ギャンブルに行く人でも、毎日勝てるわけがありません。

というか負ける確率のほうが絶対に高いです。

最近結構勝ってて調子ええねん!とか言うやつも絶対に近々負けるんです、そういうものなんです!

絶対トータルでは負けてる人のほうが多いんですから…

だから、パチ屋は儲かるんです、負ける人が多いから、それが前提でセッティングしています。

そうすると、負けてきた人はどうにか取り返そうとありったけの金をつぎ込みます。

そして、それでも無理ならお金が財布の中から消えます、そうすると生活するお金を誰かから借りないと生きていけません。

こんな感じで僕も友達に1万円も貸したことがあります。

まぁ、ちゃんと返ってきましたけどね。

僕もそんな馬鹿じゃないんで、返さないようなヤツには絶対に貸しません。


というように今回の僕も含めて少しは人に迷惑が掛かってしまいます。

ここまで着たらダメなんです。

こんな繰り返しをしていると、どっかで人に迷惑をかけるのが当然と思うようになるかも知れません。

人としてカスのほうに向かっていくんです。



つまり、今回はギャンブルというのは自分で解決できるような範囲内で趣味程度に抑えろ!ということです。

それくらいなら、趣味程度の感覚で楽しくやっていけると思うんです。

そう考えるとギャンブルというのは、お金持ちの人しかやったらいけないのかもしれませんね。

ギャンブルで払うくらいの金なんか朝飯前とか言える人間にならないといいことなんかないんじゃないかなと思います。

僕もこんなことが言える人間にいつかなってみたいな!とかこれを書きながら思ってました。

たぶん、一生こういう人間にはたどり着けないでしょうね、僕なんか…


ということで

まぁ、なぜこんなことを書いたというと


誰かマージャン誘ってください!


ということです。

でも、心配しないでください、はまり過ぎない程度ですから。



少しのマージャンくらい、まーいいじゃん!



なんちゃってww


今日は久しぶりに下ネタ使わんかったな…

下ネタ使わないと笑いを作れない僕はカスです。


←只今、60位台を彷徨っています、クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←100位くらいです、クリックお願いします!
[PR]

by garira-sann | 2007-10-28 02:18 | ふと思うこと

ノストラダムスの予言(ガリラ版)   

2007年 10月 17日

本当は、真面目な紀○会の事件と宗教の関係ということを書こうとか思ったんですけど、気分が変わったんで違うこと書きますね!

なぜか、万年美術5・6のガリラ画伯のドラえもんが読者には斬新的な絵に見えたようで、この記事の後にびっくりするくらいランキングが上がりました!

ドラえもんバンザイですww

そして、読者さんにもバンザイですww

これからも最高の美的センスを駆使して、いろんな絵を描けば読者の期待に応えられるのではないのか?と一瞬頭をよぎりましたが、このブームはダンディ坂野くらいにすぐ終わるものやと思うんで、当分控えようと思いますww



ゲッツ、ゲッツ、6-4-3のゲッツー!



ということで、最近僕のブログのランキング上昇については、前に自分なりに考えたランキング上昇論でつらつらと述べたものと比較して考えていこうかなと思います。


それでは1つ目から始めていきます。

1、下ネタをふんだんに含んだ内容にする!

これについては自分の中での葛藤と言えばいいのか、そういう気持ちがあるわけです。

確かに僕は、1つの記事において1個は下ネタを使うようにしているというか、自分がしたいだけなんですけど使ってるわけです。

でも、下ネタっていっても下ネタ下ネタしてないカワイイって思えるような表現を使うようにしてるつもりです!

例えば
よくクリニックの宣伝にあるような、アレがセーターで隠れてムクッと出て来れないという表現を真似したもの!

これは、髭がすぐに伸びてくるという表現を下ネタ要素も混ぜてカワイイ感じに自分では仕上げているつもりなんですww


2人一緒にできるビリーズ・ブートキャンプ!

これは、カップルが家に帰ってすることをクドくなく爽やかに仕上げてみたんですけどww


というように自分は下ネタの新境地を開拓していこうという目論みを持っているんです。

下ネタの開拓、名づけて


シモンティア!



言わなくてもわかるとは思うのですが、これは下ネタと開拓=フロンティアを組み合わせたものです!

これを思いついたときに自分の中でキタ~とか思ったんですけど、どうですかね?

いろいろツッコみたい人もいるでしょうが、自分のことは自分が1番わかっています。

これからも勉強を重ねて、表現力を磨いていきたいと思っている次第です!


それでは、2個目です。

2、自分の顔を晒す!


前のときは、何か大げさに書いたみたいなんですけど、僕はこれってどっちでも別にいいんかなと思います。

確かに何位以内に入れば顔を晒します!とか言えばランキングも上がるかもしれませんけど、別にそれをしなくてもランキングは上がるでしょうし、そこまでしてランキングというものに固執するのもどうかと思うわけです。

顔晒しっていうのは、読者にランキング上昇を強要させてまでやることはないですね。

つまり、僕が思うに自分がそういう気分になればやればいいし、やっぱ無理やったらやらないでいいことだと思いますね。

それが、イケ面なら尚良しということなんでしょう。

まぁ、自分もバイト中に撮ってプロフに使おうと思ったんですが、チキンって使ってない写メがあるんで気が向いたら使おうかなとか思ってますけど、使ってもすぐに変えるのがオチですww


最後に3つ目。

3、彼女と彼氏のイチャイチャ・ラブラブ日記にする!


これは、今の僕には不可能なことインポッシブルです…

その兆候すら見当たりませんからねww

でも、僕の言ったように、上位ブロガーがノロケ日記を書いたらアクセスがグーンと上がるみたいですね。

あるブロガーさんなんか、デートの実況中継してるみたいです。

全ての出来事を詳細に書かれているのを見て、ブロガー根性的なものを感じさせられましたww

でも、志向を変えて男友達とイチャイチャ麻雀を楽しんだとかいう日記とかもいいんじゃないかな?とか思いましたけど、三色で上がったとか書いても、知らない人には三色そぼろ弁当を食べたようにしか聞こえないと思います。

一応ボケを含ませておきましたけど、気付いてくれました?



というように1、2、3、と振り返っていったわけですけど、結局は自分の書きたいことを好きなときに好きなように書けばいいんでしょう。

前にこんなことを真面目に書いてたのがアホらしいですねww

まぁ、僕はアホですけど…


でも、今気付きました!

僕はなぜ今日のタイトルを「ノストラダムスの予言」とかにしたんでしょう?

たぶん、これを書き始めたときには、ランキング上昇論は全て当たっていた的なことをちょっと前のガリラは書きたかったのでしょうか…

出ました、当初書きたいことと今書いていることが全く違うという僕のリーサル・ウエポン


話の脱線事故!


今わかりました、このブログの武器は下ネタとかじゃなくて、話の脱線だということを…

しかし、スピードは出しすぎないで、ブレーキはしっかり踏みましょう!

結局、ノストラダムスの予言と同じようにガリラの予言も外れたのでした、めでたし、めでたし。


←只今、60位台を彷徨っています、クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←クリックお願いします!
[PR]

by garira-sann | 2007-10-17 20:00 | ふと思うこと

思わぬ落とし穴   

2007年 10月 13日

まぁ、この世の人全員とは言わなくても、ほとんどの人は身だしなみには気をつけると思います。

男で言うと、髭を剃るとか髪の毛をセットする。

女で言うと、やっぱり化粧をする、いろんなことの毛を剃るなどあります。

特に女性の化粧というのは、ニワトリを孔雀に変えてしまうほどの効果があるものであると僕は思っているわけです。

どちらの鳥もちゃんと飛べないというのがここのミソです。

というように化粧は女の子が男よりも得してるなと思うことの1つです。

顔を好きなように変えれるとかほんとに羨ましいです、でもその分出費がかさむということも事実です。

まぁ、どっちもどっちなんでしょうね!



今日は、そんな身だしなみについてのお話。

皆さんは、ムダ毛という存在価値のない毛をいつも処理していますよね。

確かに身だしなみのためにはムダ毛というものは、必要価値のないものと思うかもしれません。

しかし、ムダ毛が存在価値のない単なるヘアーでないということもわかっておく必要がないのではないでしょうか?

上で述べたようにムダ毛のことを単なるヘアーと考えていると、僕のような失敗を犯してしまうことになるかもしれません。


僕は、よく眉毛の処理をします。

最近は就活もあるので自然蘇生させていることもあり、あまりやっていませんがちょっと前までは毎日のように整えていて、極細眉毛が自分のトレードマークでもあったわけです。

しかし、トレードマークと言うのが間違っているのは自分でもわかっています。

その処理の方法ですが、僕の場合、剃る派よりも抜く派なんです。

なんせ、剃るとすぐにアオカビみたいな粒粒の大群が出現しますし、失敗したときのリスクはとても大きなものがありますから、確実に根元から消去できるピンセット抜きを普段から実践しているわけです。


なぜか僕はその方法を違う部分の毛に応用しようと思ったのです。


その毛とは鼻毛です!


鼻毛というものは、たとえ1本でも飛びぬけていると、恋人にしろ、友達にしろ、まわりの人間をドン引きさせるという最狂・最悪の効果を持っています。

実際に僕も好きな人の鼻毛が飛びぬけているのを見て、泣く泣くあきらめた経験があります。

なんで、鼻毛を伸び散らかしている人ってあんな哀れに見えるのでしょうか?

どんな清潔な服を着ていようと、どんなカッコイイ顔をしていようと、その毛の存在のせいで全て台無しになってしまうのです。


このようになりたくないと思った僕は、眉毛と同様に鼻毛も抜くようになっていました。

ただ、床屋のようにカットするだけでは、気を抜くとすぐにムクッと顔をだしてきます。

ただし、これはよくクリニックの宣伝にあるような、アレがセーターで隠れてムクッと出て来れないという表現を真似したものではないです。

むりやり下ネタを入れてみましたがあまりに表現方法が下手くそということもあり、ここで自粛しておきます。

始めは抜くということに鼻の皮膚が慣れていないためか痛いのですが、すぐに順応してきて痛みもなく抜くことができるようになります。

そうすると、僕は止まらなくなったのです、少しでも長いものがあると容赦なく根元からブチ抜いていきました。

もうみなさんもわかりますよね?


そうです、僕の鼻の中の毛が絶滅寸前まで減少してしまったのです。

ガリラではなく、マウンテンゴリラのように…


鼻毛が減るとどうなると思います?


まず、鼻の中の排出物が中に詰まり出にくくなります。

こまめに綿棒で取り除かないといけなくなったのです。

この毛おかげで、排出物が出やすくなっているのです。


次に、風呂に入ると鼻の中に水が溜まりやすくなります。

鼻の中に障害物がないので、すごい勢いで中まで水が浸入してくるのです。

そうすると、奥まで入っているのでなかなか抜けません…

乾くまで待たないといけなくなります…


最後に、鼻毛を抜くと死にやすくなるようなんです。

1本抜くごとにかなりの数の神経が死んでしまうらしいのです。

その行為を何回も続けると、いつかポックリいってしまうことがあるのだと、医者から聞きました…

僕は、こんなくだらんことでどれだけ寿命縮めたのかと考えるとほんとにアホらしくなってきますよね…

それにくわえて、ヘビースモーカーってヤバイよな…

ということで、禁煙に向けて大学にいるときには1本も吸わないというノルマを自分に課しています!

今で4日続きました、最終的に禁煙できるようにがんばります!

たぶん口だけになるような気がします…


まぁ、そんな風にムダ毛でも大事な毛があるんだということを今日は知って欲しいなと思いまして!

あぁ、落ちなんかありませんよ!




ケッ(毛)、ケッ(毛)、ケッ(毛)~



どうや!?


←只今、70位台を彷徨っていますww

人気ブログランキングへ←クリックお願いします!
[PR]

by garira-sann | 2007-10-13 02:19 | ふと思うこと

やっと始まるな   

2007年 10月 03日

今日の訪問者数がいつもの2倍もいて、少しテンションが上がった模様のガリラです。

初めての50人越えはなりませんでしたけど、訪問者が増えるのってランキング上がるよりもうれしいかもしれないですww


ということで、明日からいよいよ待ちに待ってない大学生活が始まります!

明日は2限からなんで9時過ぎには起きないといけないんですけど、生活リズムをむりやり直してがんばっていこうかな、とか思ったり。

まぁ、週に8コマしかないんで遅刻なしで全部出席を目指してがんばります!とか言っても1週間でこの宣言は覆されることになるので、心配なく。

2ヶ月十分な充電もできたし大丈夫なはずなんですけど。

まぁ、フル単は絶対条件としてサボるにしても単位に支障のないくらいに抑えときます。


でも、明日学校行ってめんどくさいことがあるんですよね…

僕、この休みに就職活動の端くれみたいなことをするために髪の毛をイメチェンしたというか、20cmくらい切ったんですよね。

切る前の髪の毛の長さは尋常ではなくて、肩くらいまであったわけなんですが今はごく普通の少し髪が茶色い一般人になったわけです。

別に今の髪型は爽やかさが増した感じがするし、気に入ってるんですけど、絶対に明日知り合いに会うたびに


髪の毛切ったんや、どないしたん?


これ、めんどくさくないっすか?

適当に「別に」とか答えたらいいとか思うんですけど、さすがにこれでは沢尻エリ○みたいに印象を悪くするだけですし、そう考えるとインターンあったからと真面目に答えるしかない。

説明に時間をかけないといけなくなる…

まぁ、仲のイイ子とかやったらいいんですけどね。

たまにしか喋らない子にこれを聞かれたりして、真面目に答えてもどうせ、そ~なんやって返されて終わってしまいますよね…

そ~なんや、と返されるためだけに長々説明するのはしんどいし、時間の無駄と思いますね。

まぁ、たまに喋る子とかがイメチェンしてても、それには触れないであげましょう!

その人もそう望んでいるはずです、特に男はねww


明日、リアルに似合ってないとか言われたら鴨川に飛び込む予定です!

そして、鴨川でイチャイチャしたバカップルに向いて、水をはねさせようと思います!

それで、可愛い子の下着が水で透ければ言うことはないです!

別に今日の日記はやる気がないわけではないのです!

巨人が優勝して、テンションが上がってるとかではないのです!


ほんとは、学校の予定も考えずに明日の深夜にバイトを入れてしまった僕の時間管理能力のなさに嫌気がさしただけです!

これ以上書いても、ターンをしないまま真っ直ぐに進むスノーボーダーのような勢いでスベッていくのでここまでにします!

こんな長ったらしいオチしか思い浮かばなかった僕は、そんなの関係ねぇ~


←只今、80位台を彷徨っていますww

人気ブログランキングへ←クリックお願いします!
[PR]

by garira-sann | 2007-10-03 01:17 | ふと思うこと

もう10月か、はやいね~   

2007年 10月 01日

大学生の皆さんは、もう明日から大学始まるって人も多いでしょうね。

まぁ、僕は水曜からですけど。

僕の大学って私立やのに休みが長いし、多いんですよね。

ゴールデンウィークは7、8連休はザラですww

それにあと15単位とれば卒業なんで週3で土・日・月・火と毎週4連休なんです。

堕落生活です、カスです、ニートです、バイリンガルです、嘘です。


まぁ、僕って自分でカスとか言ってるんですけど、大学の成績を示すGPAとかいうのは、まわりの友達のなかでも1、2を争うくらいイイんですよね。

まわりがひどすぎるからかも…

まぁ、勉強してないように普段は見せて、影で努力する人間を僕は目指していますから。

勉強で忙しいとか言ってるやつに限ってあんま大したことないことが多いですからね。


要は、そんなもん勉強っていうのは結果が全てなんです。


僕って、自分はがんばってるとかいう自慢する人間が嫌いなんですよね。

本当の忙しい人間ていうのは、勉強でも遊びでも忙しさというのを人に見せないでそれに費やすための時間を日常生活の中から見つけてがんばる人やと勝手に思ってますから。

でも、口にしても、ちゃんと結果が付いてくる人は素晴らしいと思ってますよ、ちゃんと。


というのは、今日、バイトから帰ってインターねってると、和田アキコが沢尻エリカをしめるとか番組で言ってたらしいですね。

まぁ、沢尻エリカって、普段のキャラがスゴイじゃないですか、演じてるのかもしれんけど。

自分の主演の映画のPRで質問にほとんど答えたりせーへんとか、異常なツンツンさとか。

僕は、個人的に沢尻エリカの顔も好きやし、あそこまで自分のキャラを突き通せる潔さ的なものも好きなんですよ。

そんな皆から嫌われるようなキャラを突き通せる人って、ある意味スゴイというか尊敬できます。

それでも、人気は落ちることもないし、映画とかドラマでも評価高いじゃないですか!

これって、違う意味でも有言実行みたいなもんだと思うんです。

この万人受けしないキャラをいつまでも突き通してほしいんですよね、僕は。


そこに邪魔者、和田アキコ出現ってわけですよ…


僕、この人大嫌いなんですよ!


何でこの人って人気あるの?って思うんですよね…


まぁ、人気のある歌手やったのかもしれませんけど、曲で知ってるのなんか


あのころは、ハッッ、二人とも、ハッッ!の何とか?の日記帳とかいうやつ


あの鐘ふぉ~、鳴らふぅ~のは、あなふぁ~の紅白のときにアホの1つ覚えみたいに歌うやつ


2つくらいですよね。

ほか考えても出てこないんですよね…

最近なんか時代遅れっていう感じで全く売れてないですしね。

後、この人が出てる番組って全然おもんないんですよね。

この人のせいで共演者は萎縮して、いつものキャラが発揮できない感が満載。

人の批判ばっかで、威張りちらす。

自分はご意見番とか言われてすき放題に喋る。

まぁ、この人、本当はイイ人っていうことは聞きますけど、テレビではそれはわかりません。



僕は、浜田とかアッコみたいに大御所になったからって、権力振り回して威圧して威張る人が嫌いなだけなんですね!


確かに、先輩とか後輩の関係ってそりゃ大切ですよ。

でも、先輩という立場になったからって偉そうにするのは間違いです、わかりやすく言えば、高校野球の先輩の後輩への暴力とかね。

こういうことするやつは、器の小ささがよくわかります。


僕が言いたいことは、失敗して挫折するまで口に出さないでほっといたらいいということです!

他人がとやかく言う問題じゃないと思うんですね。


このキャラのままで沢尻エリカがずっと人気があるなら、それは真の本物なんだと思います。

もし、失敗したなら、本人も悔い改めるんだと思います。


自分で自分の道を切り開いていけばいいんです!


むりやり注意して、潰そうとする必要がないということですよね。


このニュース見てて、ムシャクシャして書いてしまいました、スイマセン…

何か昨日と今日と愚痴日記が続いてしまいましたね…


ま○のパピデジ・男版みたいですww


あっ、余計なこと言うとファンからの苦情がって来ーへんよな。

でも、僕の愚痴なんか誰も聞きたくないですよね、中途半端やしww


まぁ、それで最近あのK君がバイトを続けることになったそうです。

問題児はまだまだ健在のようですね、最近ネタが不足してるのでK君にはネタの雨を降らしてほしいです!

でも、一緒のシフトは勘弁、あっかんべ~ですけど…


ということで10月もいつも通りの感じで更新しま~す!

大学も始まるんで、更新の頻度は下がるかもしれませんが、できるだけ更新したいと思います。

明日は9月のアクセス解析やりま~す!

がんばって、自分のキャパの限界までおもしろくする予定なんでって、あんまり期待しないでくださいww

それでは、グーンナーイ!


←只今、80位台を彷徨っていますww

人気ブログランキングへ←クリックお願いします!
[PR]

by garira-sann | 2007-10-01 02:24 | ふと思うこと

小学校のときに授業であったよな?   

2007年 09月 28日

今日もインターンで大阪まで行ってきました。

今日は悲劇でしたよ…

グループワークだったんですけど、なんと僕以外全て女性でした!

ほんとにデスクワークでは司会みたいに喋りまくって、女性たちに気をつかわせないようにしてました。


それで、プレゼンもあったんですけど、チームの名前はなんと



チーム○○!


○○は当然僕の名字です。

僕しか男おらんからって、男一点とか言って、僕がプレゼンさせられることに。

80人の前でプレゼンとかほんとに拷問でした…

心臓の音が聞こえてくるのがわかりましたよ。

まぁ、だいたい決めていたことをつらつら言ってがんばりましたww



インターンはここまでで、今日は何かと考えさせられることがあったんです。

僕は行きたい駅までバスを利用することにしました。

そして、僕はバスに乗って、小銭がなかったので両替するためにバスの前方まで移動しました。

それでもう後ろに行かないで前で立ってたんです。

まぁ、バスって揺れますよね。

僕はバスがブレーキをかけたときに少し足が後ろに動いたんです。

なんかその拍子に斜め後ろに座ってる人の足を少し踏んでしまったみたいだったんで、後ろを向いて謝ろうとした時にお尻をバーンてくらい叩かれたんですよ。

それで次にたくさんの客がいる中で


痛ったいな、気つけや~!


と、僕にむいて怒鳴ったんですよね。

まわりの人もビックリしてましたよ。

それで言われた僕は血の気が引きました。

どんだけぇ~って思いました。

それで僕も「スイマセンでした!」と謝りながら、ちょっとあたったくらいやん…

と思ってました。

その人は50歳くらいのおばちゃんで、すぐに降りてありえないくらいの速足で歩いていきました。


それで、その人の横に座っていたおばあちゃんが僕に


あんな人のこと気にしなや、それにしても大きい声やったな、耳さらに聞こえへんようになるわ~


と冗談まじりで言うと、まわりの人もウン、ウンと笑いながら頷いていました。

少し、僕もこれで救われたように思います。


確かに踏んだ僕も悪いですけど、公衆の面前の前であんな大きな声で怒ることはないと思うんですよ。

そりゃ、革靴で当たったんやから痛かったかもしれません、イラッとしたかもしれません。

でも、もっと違う方法があると思います。


もしも、僕がその人の立場なら謝られるまでは何も言わないし、言われなかったらイラッとはするかもしれませんが何も言わないです。

もしも、謝ってくれたら、笑顔のしろ、無表情にしろ「大丈夫ですよ!」と言うと思いますというか、そう言います。

こうすれば、何事もなく物事は解決するだろうし、そうすると嫌な気になるのは自分だけで済むでしょうし、たくさんの人がいるし、状況を判断すれば普通の人はそうするのではないかと思います。

でも、その人は1番やってはいけない、みんなを不快にさせる行動をとってしまいました。

自分がそうさせる原因を作ってしまったのですから、エラそうには言えないかもしれませんがこれだけは言えます。


この人はモラルというものが確実に欠如しています!



モラルって、日本語で言えば道徳なんですけど社会とか共同体での習慣の中からできたもんで世間で通用するような規範ということなんでしょうけど、簡単に言えば、人間としての常識があるかということだと思うんですよね。

道徳って小学校のときに授業であるくらいで、小学生でも学べることだと思います。

道徳とかで習う人への優しさとか思いやりって、勉強なんか全く関係のないもので自分が少しでも心の中で意識すれば、自然と出てくるものなんですよね、たぶん。

この人はたぶん自分が不満があれば、普段から口に出して言ってるんでしょうけど、仕事においても人間関係においてもこれでは誰もついてこないし、寄っても来ないの思います。

みなさんもこういう人についていこうとは思わないでしょ!

毒舌専門で笑わせる人とかは別にしてねww

嫌なことがあっても少しは我慢というものは必要なんです。

こういう大人が最近の若者はダメだとか、なってないとか言うのだと思います。

でも、あなたたちはえらそうに言える立場ではないのです。


道徳のある人には自然と人徳のオーラが出てきて、たくさんの後輩に慕われたり、たくさんの先輩にかわいがられたりすると思うんですよね。

僕は、頭がいいとか、運動ができるとかよりも、こういう人徳のある人間になりたいです。

そういう人っていうのは、これから先、何十年、たくさんの同志に囲まれとるんちゃうかな。


そうなれれば、楽しい充実した人生ってもんが過ごせるんじゃないっすかね!


こうやって口に言うのは簡単だというのはわかっていますが、こういうことから始めてもいいんじゃないかと思います、僕は。

道しるべをたどっていけば自然とゴールにたどり着いてるかもしれません、自分ではわからないかもしれないですけど。

ゴールには最後まで行けないかもしれないけど、ゴールを目指すことに意味があるんです、たぶん。


つまり、このおばちゃんみたいなことを平気でできる人間には絶対になりたくないということです!

あぁ、今日は何かクサいですね…


←只今、80位台を彷徨っていますww

人気ブログランキングへ←クリックお願いします!
[PR]

by garira-sann | 2007-09-28 21:52 | ふと思うこと

それはそれでええんかもしれん   

2007年 09月 21日

今日は、いつものガリラの日記とは違いますのでご了承ください。

はい、今日は大学に成績表もらいに行ってきたんですけど、一応フル単でした。

授業適当に行って、テストノー勉で散々な結果になった教科もギリギリですが、とれていました。

僕と一緒の名字の教授あなたは神です、○○に悪い人はいませんww

あと、15単位とれば僕の学部は卒論とらんでも卒業できるんで、自動的に卒業の資格は得られることになります。

それで、今日思ったこと!



テストがレポートの教科に僕は強い!



ということです、今になってわかりました。

なぜかレポート系の教科は全部Aだったんです、漢字で表すと優です。


今まで、僕の学部って主要教科はほとんどテストでレポートとかって全然ないので、一般教養の教科でレポートが課されるものは、何かめんどいなと思って嫌煙してたんですよね。

でも、今回、少しはレポートやってみたほうが自分にもためになるかもと思いとってみたのは結果的に正解だったみたいです。

秋もレポートの教科ばっかやろうかなと、なんか興味のない分野を一夜漬けで頭に叩き込むんがもうしんどいんですよね…

なんだかんだレポートっていろんなこと考えながらゆっくりと自分の考えた理論を綴り、それを教授に見てもらい評価されるものだと思うんですよね。

答案では表せない自分の意見を書いても許されるものだと思います。


まぁ、僕って、何回も言いますが、自分で理論を立てて、考察して、説明するのが好きなわけで何かといろんな方向にアンテナを発てて、結論を考えるのが一種の趣味に近いんです。

よく、友達には考えすぎとか言われるんですけど、考えるというのは決して悪い事ではないと思います。

それをやりたいと考えて、自分だけでガタガタ言っても許されるこのブログ始めたわけなんですね。

それが自分の書こうと思った方向とは違ったほうへ向かってしまってるわけなんですけど、別にそれはそれでいいと思うんですよね、自分は。

ただ、自分の書きたいと思ったことをダラダラ書きなぐるだけなんですけど、今ではそれが自分の生活の一部であり、楽しみでもある。

でも、この楽しみがいずれかは苦痛に変わることもあるかもしれませんというかその時はいずれやってくるとは思うんですけど。

ブログの更新のことが日常生活で頭から離へんようになって、それがめんどくさい、しんどいとか思ったりして生活での重荷になってしまったら、そこで終わりが近づいてる証拠なのかもしれんね。

僕は始めて、あんま時間たってないからまだないけど、特に上位のブロガーさんとかって特にそうちゃうんかな?

ランキング下がらんようにとか、読者の期待に応えやなアカンとかね。



これって、恋人との関係にも置き換えられるんちゃうかなって勝手に思ったわけで。


新しい彼氏とか彼女ができると、始めは一緒におって喋ってるだけでもいろいろなことが新鮮だったりするんですよね!

それが楽しくて、いつでも一緒に過ごしたいと考えるでしょ、この時点ではいい意味で頭から離れない日常生活の一部となると思います、ここまでは。

その分、捨てないといけないこともありますが、捨ててもいいと思えるくらい充実した日々であることは間違いありません。


しかし、一緒に長い時間を過ごすと必ずお互いの嫌な面とかが見えてきますよね、そりゃいい部分も見えてくるとは思うんですけど。

例えば、相手の束縛や放置。←僕はいつも放置してしまい、そして問題が起きますww

そうすると、相手のことを傷つけないようにと気にしたり、怒りにふれないように気を遣うようになってきます。

そして、それがひどい場合、それが自分の重荷になってしまっていることに気づきます。

それで、その重荷を降ろしたくなるんですよね。

ここでは、思いやりとか気遣いとかいう男女が付き合ううえで大切なことを放棄したくなると言えばいいんですかね。


そうなると、男女は別れというものを選択します!



つまり、今日、僕が言いたかったのは、ブログ=恋人じゃないんかなってww

自分でこれが重荷になるまでになると、いけないんちゃうかなと自問自答してたんですけどね。

まぁ、楽しいって思えれば大丈夫なんです!


そして今は


ブログが恋人です!


あぁ、人として終わってるな…


←只今、90位台を彷徨っていますww

人気ブログランキングへ←クリックお願いします!
[PR]

by garira-sann | 2007-09-21 03:17 | ふと思うこと

ブ男・美女カップル成立論   

2007年 09月 17日

なんか、最近、毎日このブログ更新してますよね、自分でもびっくりです。

この好調さは休みが終わって、大学が始まれば自然と終わりますので、心配しないでくださいww

でも、毎日書かへんとこんなブログは存在を忘れ去られてしまうでしょうね…

まぁ、ええわぁ!

ということで



今日は、さすがに外に出てみようと思い、1人で烏丸御池あたりにある新風館にでも行こうと思いたって、行ってきました。

まぁ、ビームスとディーゼルに入って物色してたんですけど、新風館で買い物しながら同時に人間観察もしてたんです。

その人間観察で思ったことが



ブ男と美女のカップルがやたら多い!



おぁ、カワイイ子がいるやないか、横の男どんなヤツやろな、見~ちゃおって見ると別にオシャレではないメガネ君とか秋葉原にでもいそうなオタクさんみたいな人ばっかやったんですよね。

それで僕は、少ない脳みそを搾り出して、考えてみました、そしてこういう結論に至ったわけです。


-----------------------------------------------------
ここからは、なぜこういうカップルが成立するに至ったのか、僕なりに考えたことをつらつら書いていくことにします。


どこでもそうだと思うんですけど、高校の時に女の子にモテる男って大概イケメンだったように思うんですよね。

それで、当然、高校では美男・美女カップルが次々にできていくんですよね。

まぁ、このとき僕は人間て生まれながらに不平等なんだと勝手に思っていました。

人間は生まれながらに平等なんて、そんなうまい話なんかないのです。

高校の時は、女ってやっぱ顔で選ぶんやな、むなしっ…ってね。


でも、美女の彼氏っていうのは、付き合っていても当然モテるわけで、いろんな女からの誘惑や遊びの誘いを受けるわけです。

そして、美女自身も彼氏のことを好きだった子からの嫉妬とか陰口とかを言われたりするわけなんです。←これは少し強引であるのは許してください

そうすると、美女は彼氏のことが心配でたまらなくなり、精神的にも不安定になっていくに加えて自分自身も妬まれたりして被害を受けるわけです。


そして、美女は、いろいろしんどいし、イケメンと付き合うのはもう止めとこう!となるんですね。

ここで美女は、彼氏の選考標準の顔の偏差値を自然に下げるということなります。

まぁ、自分の顔のボーダーラインを越えれば、別に支障はないということでしょうか。


それで、美女は、高校時代の教訓を生かし、男には優しいとか思いやりがある一途などの人間性を重視して選ぶようになるのです。


そして、ブ男と付き合うとたくさんのメリットがあることに気づくのです。

ブ男は、普段からモテないので、まわりからほかの女の子が寄ってくることがなく、一緒にいて安心できます。

ブ男は、あんまり女の子と付き合ったことがないので、付き合うと誠実で一途で美女のことを大切にしてくれて、美女に愛情を注ぎます。

それで、美女はブ男の虜のなるのです!


その結果、ブ男と美女のカップルが成立するのではないのかと考えられるのではないでしょうか!
                                          


あれっ、でも、何でブ男の僕には美女が舞い降りてこないのかなぁ?
おかしいな…

というように僕みたいな例外もいるので、一概にはこうとは言い切れない様ですww


                                                    <終わり>
-------------------------------------------------------

こんなこと書いてたら、おまえ何様?とか思われそうですね…

でも、実際、僕のまわりの女の子も顔とか全然気にしない子とか多いんですよね。

やっぱり、大人になるにつれて、顔ってあんまり重要じゃなくなってくるのかもしれませんね。


そうです、今日は人間は中身が1番重要なんだということを言いたかっただけなんです!


でも、説明、思考好きの僕は長々とまわりくどく書くのが好きなんです!


まぁ、実際、女の人は、結婚相手は顔よりも経済力を求めるらしいし。


僕も捨てたもんじゃないかもしれませんね!


早く来ないかな、僕のクレオパトラはww


まずはセレブにならないとなって、どうやったらなれるんや??


そうや、叶美香の彼氏になればいいんか!


上のオチは5分も考えたので、おせいじでも笑っといてくださいww



←只今、80位台を彷徨っていますww

人気ブログランキングへ←クリックお願いします!
[PR]

by garira-sann | 2007-09-17 04:01 | ふと思うこと

暇日記   

2007年 09月 15日

タイトルの通りヒマなんですよ。

ここ2日は買い物以外は家から出てないんですよね。

明日も、ダブルスクールあるんですけど、行きません。

DVD借りて家で見れば済みますし。

でも、最近こんなにヒマで予定がないことなんかなかったんで、いい意味でこのヒマを楽しもうかなと。

まぁ、来週もバイトと土曜日にインターン当選したんで行くくらいしか予定ないですし。

それも、次のインターンなぜか私服しかダメなんですよね…


僕、そんなとこに着ていく服ないですよ、ほとんどカジュアルな服なんでね。


まぁ、ユニクロでポロシャツでも買って着ていくのが妥当でしょうかね。

あぁ、ユニクロで服なんか買う日が訪れるとはww



でも、僕にとって1人で過ごす暇な時間ていうのは、かなり重要なんですよ!


昼前に起きて、コーヒー飲みながら、一服してパソコン触って企業のインターン情報見て、スーパー行って食材買って飯作って、勉強しながら、好きな音楽聴いて、いろんな人のブログ見て、テレビ見ながらいろんなこと考えながら寝るっていう、こういう一日が僕にとっては大切な1人で過ごす時間なんです。


こういう風になんとなく1日を過ごしているように見えるかもしれんけど、得るものは想像以上に多いんですね。

自分のやりたいことを何も気にしないで自分の好きなようにできると考えるのが僕です。


こんなんやからかもしれないんですけど、最近というか前からよく人に言われるんですけど、僕ってなんか考えがドライらしいんですよね…


ドライって言ってもいろんな捕らえ方があるわけで、いい意味で言えばサバサバしてて細かいことを気にしないとも言えるし、悪い意味では心が冷めているとも言えるんですよね。


確かに、僕って何事でも現実を見て考える傾向はあるんですよね、かっこよく言えばリアリストというんでしょうかね、まぁそういうことです。


考えてみたら思い当たる節ってあるんですよ。

僕って大学に入るまでに10年くらい野球やってたんですけどね。

小学校のときは、将来の夢にプロ野球選手とか書いてたように思います。

まだ、このときは夢見る少年であったことは間違いないですよね。


ここで、オレの今の考えに導いたとも言えるオカンがよくこんなこと言ってたんですよね。


野球するのもええけど、将来のこと考えたら勉強のほうが大事に決まってるんやで~
お母さんの言う事を聞いとけば間違いないから!


自分の意見が1番正しいかぁ、僕はこのセリフが今でも1番嫌いです、これを誰かが言っていたら完全に引きます…

オカンは教育一家で育った超現実主義な女で中学校のときなんか勉強しろしか聞いた事ないくらいな教育ママ。

中学校のときなんか、毎日ケンカの嵐でしたわ、まぁ、価値観の違いってやつでしょうか?

でも、こんなことを毎日聞いてたら、それが正解なんかもなと思い込んでしまうわけで。

まぁ、マインドコントロールってやつww

創価学会に洗脳されてる学会員状態みたいなね。


でも、中学校受験させられへんだだけましやったかもしれませんね。

中学校はいろんなヤツおって、おもしろかったし!

それで、僕は中学校のときに10校近い高校から野球のほうで推薦来たんですけど、全部断って家の近くの進学校に入学しました。


もう、このときの自分の頭の中は、プロ野球とか野球で有名な大学に入る人間なんか一握りしかおらんねんから真面目に野球してもしゃないやん、勉強だけしといたら間違いないっていう考えですよ。

確かにそうですけど、ここまで偏った考えはイタイ、夢がないww


そうですよ、オカンの思うとおりに洗脳されて、レールの上にのせられたんですよね。


学歴が全て!とかいう寒い考えですよ、このときは。


自分の高校もそんな先生しかおらんだしね。


大学入って、少しは自分でもマシにはなったと思いますけどね。


超学歴コンプレックスのヤツの言う事聞いてたら、寒気するし、なんかかわいそうやなぁと今なら思いますし。

まぁ、現実はそうなんかもしれんけど、そう言い切ってしまうって終わってる。

人生で金が1番大事ってやつと一緒で、それを言ってしまったら終わりってやつ。

まぁ、冗談的な感じで言えば問題ないですけどww


でも、高校までホントに上みたいなこと考えてたんすよね…


この冷めきった考え方が僕の場合は違う方向に出てしまってるみたいなんですよね、皆が言うには。

その方向は、恋愛のほうに出ているようです…

それは自分でも自覚してたんですけど、まぁ人それぞれの考え方やから適当に聞き流しとけばいいわ、と思ってたんですけど、自分の考えや行動をほとんどの人に否定されるんですよね、これがww

束縛ってせーへんほうがいいんちゃうん、毎日会うのってしんどくない?違う、違うの?って感じです、まさに。


学歴というしがらみを越えた次はそれか…


さすがにこれだけ否定されたのなら、改める必要もあるのかなと最近思うようになったんですよね。

人の意見は素直に受け入れるという精神で今後それを行動に移して、このステージをクリアすると違う世界が見えてくるんじゃないかと思うんですね。

まぁ、この2日間で自分の今後しなければいけないことの断片が見えてきたように1人で思ってました。


だいぶ、話が反れて変な方向にいきましたが、決して鬱ではないです!というか鬱とかにはならない人間ですから心配とかされると逆に困りますww

あぁ、こんな日記書いてるとか友達に見られたら完全に引かれること間違いなし。

まず、こんな話するようなキャラではないww

こういうのはブログ限定にしておきます。


ということで、あと2日引きこもる予定のガリラのクサイ話でした!


←只今、80位台を彷徨っていますww

人気ブログランキングへ←クリックお願いします!
[PR]

by garira-sann | 2007-09-15 01:59 | ふと思うこと