<   2007年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧   

ブログ分析   

2007年 08月 31日

明日で9月ということで、8月の自分のブログのアクセス解析でもやるとする。

まぁ、アクセス解析というのは、ブログにどのような過程でたどり着いたかを管理人に教えてくれるという何とも便利で興味をそそられる機能である。

このアクセス解析というのはブロガーにとって、イイネタになるので有名ブロガーも結構活用しているのだ!

そこで弱小ブロガーの僕もマネしてみようと思う。

そう、利用できるものは、どんどん使わせていただく!


ということで、何を調べてこのブログに行き着いてしまったかわかるという検索ワードの上位5位までがこれである!


1位  サヨナラの向こう側


2位  JCBインターン


3位  成人式 2次会


4位  地元 帰る


5位  サヨナラの向こう




というような結果になっていたのであるが、1つずつ僕なりに分析するとする。


1位のサヨナラの向こう側であるが、これはたぶんというか、絶対に風味堂の新曲を調べようとした結果、ネット上で彷徨いこの訳のわからないブログに行き着いたのであろう。

まぁ、ここでは風味堂効果が発揮されたのではないか。

でも、このブログで風味堂に触れたには3行ほどであるから、風味堂ファンとしてはこのブログは新曲の情報に行き着くまでのただの障害物にしかならなかったろう…



2位のJCBインターンであるが、たぶん、どこかの大学生がJCBのインターンに興味があったことから、大学生である僕のブログを見ればインターンの感想などが書いてあるかもと思ったに違いない!

しかし、どこを見てもインターンの様子が書かれていないのである。

よって、その人はこのブログの必要性を感じず、一生このブログを訪問することはないだろう!

でも、JCBのインターンは行くので、もし私も行くというような人がいれば、現場でガリラを探してみて欲しい!

しかし、話しかけていいのは女性だけということを忘れないように!

ウソです、ウソですww

やたらデカいやつがいるなと思ったら、おそらく僕である。

そして、僕にJCBとはクレジットカード以外に何の業務を行っているか教えてくれると大いにたすかるのだがww



3位の成人式2次会であるが、これはたぶん1月に成人式を迎える人達の誰かが成人式の後の2次会の幹事に任命され、はやめに2次会の店を探そうした結果、なぜかわからないがここにたどり着いたのだと僕は勝手に推測したのである。

まぁ、僕らの店は四季遊人とかいうところで、値段も結構はっていて、友達が大人数ということを悪用し、生ガキ1200円を頼み一人で食べていたのには、ある意味フイたのであったww

同世代の飲みで、こんな高い料理頼んだヤツおらんだって。



4位の地元 帰るであるが、これはたぶん帰省しようとしている人が適当に検索したらここに来たのではないか?

でも、これを見るとなぜか、ヤンキー先生母校に帰る!と始めに想像してしまうのは僕だけだろうか?

しかし、ヤンキー先生の義家さんも今では参議院議員という政治家にまでのし上がっている。

人間というのはわからないものだなぁと思う。

それじゃ、僕も本でも書けばいいのかぁ~



ヘビースモーカー大学生、煙草を捨てる!



たぶん、今日はこれが1番おもしろいと僕は勝手に思っているので、ほっといて欲しいww



5位のサヨナラの向こうとあるが、これは何か重い感じの小説でも探している人がたどり着いたのではないのか?

その結果、重いのオの字もない軽い人間の僕のブログに来てしまったのである。

たぶん、この人ににとっては災難としか言いようがなかっただろう…

まぁ、普通に考えれば、風味堂の新曲のタイトルがわからなくて、側という字を忘れた人がここに来たというのは僕もわかったのだが、どうにか文章を伸ばそうと努力したが、結局あんまりおもしろいことが浮かばなかったというのが現実である…



そんなところで8月のアクセス解析を終わることにする!

9月もこの調子でやっていくのでよろしく!


←只今、82位です!はやく70位台にいきたいのでクリックお願いしますww
[PR]

by garira-sann | 2007-08-31 12:40 | ブログについて

もうすぐ1ヶ月!   

2007年 08月 30日

僕もブログを始めてもうすぐ1ヶ月になろうとしています!

いつも読んでくれている皆さんには感謝でいっぱいです。

しかし、最近、日常生活にもおもしろいネタが僕のもとに舞い込んできません…

ということで、訪問者が多く好評であった成人式の日記を載せておきます!


最近見てくれるようになってくれた読者さんもこの日記を見てもらえると大体、僕どんな人間かわかってもらえると思います!

ここで、お前のことなんか、どうでもいいねん!というような空気の読んでいないようなことは思わないでくださいね。



ということで、始めに、僕の地元は山奥の村に属しているので冬には奈良県であるのに雪が積もるということから、1月ではなく、皆が帰ってこれやすい夏の盆に成人式をやるのである。

これを大学の友達に言っても、たいはん信じてくれない…

それに参加者の半分の人間が21歳になっている事実もあり、あまり成人式とであるという実感もない同窓会みたいなものとして僕たちはとらえているのである。


それでこの4次会まであるという長い1日をまとめたのが下の日記なのだ!



それじゃ簡単な概要から

成人式-1次会←成人式のもようであり、人数の少なさから出席者全員が成人の抱負を言わなければいけなく、僕は全くおもしろくないことを言う。そして家に帰ると、母校が甲子園で仙台育英に勝ったことを知る。

成人式-2次会←居酒屋へと移動すると、笑いの神が僕に力を与えてくれる!下ネタのオンパレードであることに注意…

成人式-3次会←2次会で力を使い果たした僕の花火の様子。ここで、訳のわからないことが起こる…

成人式-4次会←僕しかテンションが上がっていなかったシケた雰囲気のカラオケの様子。ここで僕に災難が降りかかる!?



ということで、成人式の様子の全貌をまとめたので見ていただけたでしょうか?

見ないと後悔しますよ~

ということで今日はおしまい、とその前に


←83位です!最近、伸び悩んでいるこのブログを哀れんで一票お願いしますww
[PR]

by garira-sann | 2007-08-30 12:16 | 傑作

ペーパークライシス   

2007年 08月 29日

今日のタイトルのほうであるが有名ブロガーの日記のタイトルを少しだけパクらせていただいた。

著作権とかいうので訴えられないか、少しだけ心配である。


ということで、最近1人暮らしの僕の家で知らない間になくなってしまうものがある、それは



トイレットペーパーである!



これは1回のトイレで大量のカミを使っているからだろう。

ほんとに2週間もたたないうちに8個入りのものがなくなっているのだ…

僕は大学2回あたりから、便の出があまりよくないのである。

たぶん、1人暮らしになったことによる食生活の偏りとかにも原因があるかもしれないが、ほかにもう1つ大きな原因があるのだ!


それでは、ここで問題!


実家のトイレにはあって、下宿のマンションにはないものは何でしょう?


すぐに答えを見ないで、少し考えてねww
ということで、答えは




ウォシュレット!



そう、これがないのが原因であるのだ。

僕のウォシュレット歴というのは、中学生までさかのぼる。

僕が中学校の上がる頃、この不気味な機械が家のトイレに設置されたのであった。

初めて使ったときは、尻がこそばくてしょうがなかったのだが、何回も使うことで便通も格段によくなり、最後に拭かなくていいようにするこの機械の僕は虜になったのである。


しかし、この機械の乱用がそののち、自分のある部分の筋肉を衰えさせていくということを僕はまだ気づいていなかった…


高校に入り、親元を離れたところのといれには、ウォシュレットがなかった。

しょうがないから、僕はウォシュレットのないトイレで用を足そうとしたとき、僕は自分の体の異変に気づいたのである!そう


いくら力を入れても、ケツに力が伝わらないのである…


つまり、ウォシュレットに頼りすぎたことにより僕のある部分の筋肉がかなり弱体化していたのだ。




尻筋である!



そのために高校のときは慢性てきな便秘というやつにかなり悩まされたことを憶えている。

そして大学に入り、2回になり今の家に引っ越してもこの機械がついていないためにトイレには苦労しているのだ…

どうやれば、ここの部分の筋肉鍛えられるのだろう.


筋トレみたいな感じで、尻筋トレとかいうのはないのだろうか?


ビリーさん考えてみてくれないかな…


まぁ、僕は今後このウォシュレットという存在により、日本人の尻筋が弱体化してしまわないか心配でならない。

今の僕のようになって欲しくないし。


そして最後に

僕はバイト先で男子トイレにウォシュレットがないため、ウォシュレットのある女子トイレしか使ってない


というのは秘密である。

そう考えるとバイト先の女の人とある部分の肌と肌が触れ合っているのかぁ~

とか考えた人間は変態だww

これはこの日記書いてるときに気づいたことである。

前からそんなこと考えてトイレなんかしてないから誤解しないで欲しい!


でも、何でバイト先、男子トイレにはないのに女子トイレには付いとんねん?

これこそ男女差別でしょ!


←84位です!ポチっとなww
[PR]

by garira-sann | 2007-08-29 08:58 | ふと思うこと

確か小6…   

2007年 08月 27日

友達と喋っていたときにカワイイ女の子がこういう質問を僕に投げかけてきた。


なぁ、最近泣いたのいつ?


うぅん、いつから泣いてないやろなと考えながら、記憶の片隅をたどっていくと答えがわかった。



そう、最後に泣いたのは小6の頃やわ…



それを女の子に言うとヒクと思ったのだが、反対に関心されてびっくりした。

ほかの人に聞いても、恋愛関係とかで泣いてるというのである。

まぁ、僕には考えられないが…

でも、自分が最後に泣いたシーンというのは、なぜか10年近くたった今でも鮮明に憶えている。



僕は、その当時、少年野球に勤しんでいて最低でも週に5回は練習のある、まるで高校野球のようなスパルタに近い野球のチームであった。

夏場になると、毎日8時前まで練習があり、土日には練習試合を1日3試合をこなし、自分の小学生のころの思い出というのは野球をしていたことくらいしか記憶にない。

アホみたいに多いランニングの量、アホみたいに長い守備練習、アホみたいに監督から浴びせられる罵声、それを考えると放課後の野球の時間が近づくにつれて、憂鬱になっていく自分がいた。

たぶん、自分の野球への情熱というのは、もうこの時期からなくなっていたのかもしれない…

そんな嫌でしょうがなかった少年野球も最後の大会、県大会をむかえたのである。

この年のチームはほとんどの6年生が4年の頃からレギュラーをはっていた黄金チームと呼ばれ、勝率は8割を超えていたのである。

今思うとほとんど負けたという記憶がない。

それほど強いチームであった。

郡大会でも順当に僕達は勝ちあがり、少年野球皆の集大成である県大会の出場権を得て、その県大会でも準決勝まで進出したのだが、その年の優勝チームに打ち負け、コールド負けをきっした。

これで近畿大会の出場権もなくなり、失意のまま3位決定戦に臨んだのであった。

まぁ、そのときは、皆、近畿大会には出ることはできないがまだ試合が残っているのだから、最後までやり抜こうと考えていたこともあって、誰も泣いている人間はいなかったように思う。

僕もそのときは少しへこんでいたが、まだ涙を見せていなかった。


そして、3位決定戦が始まり、僕達のチームは初回から打ちまくり、5回までに9-2という大差をつけてリードしていた。

4番を打つ僕の打撃もその日は冴えにさえ、1ホーマーを含む2安打3打点という4番としての役割を果たす事ができていた。

そして、5回に自分の最終打席がまわってきた。

ランナーが塁上に2人いる状況であった。

僕は監督のサインを見ると、打っていけというサイン。

僕は初球から、得意のフルスイングで長打を狙っていくことに。

その日神がかっていた僕の打撃は、その打席でもまだ続いていた。

初球をフルスイングすると、ボールはセンターの頭を越え、グラウンドの端まで転がっていた。


ここで僕はホームランを確信して、ダイヤモンドをガッツポーズをしながら回っていると、これまでの辛い練習とか監督に殴られたこととかを思い出すと同時に目から涙が溢れてきた…

そして、涙で潤んだ目をしながら、ホームベースを踏み、ベンチに帰ると、普段から怒ってばかりで、ほとんど褒めたことのない監督が



ガリラ、ナイスバッティング!
今までようがんばったのう!




と言い、監督が手を差し出し、握手を求めてきたのである!

僕はビックリしながらも握手をしてから、ありがとうございます!と言おうと監督の顔を見ると監督の目から涙が溢れていたのである。

これまで堪えていた感情が抑えられなくなり、大量の涙が目からこぼれ落ちたのであった。


少年野球通算22本目のホームランは人生の中でも一生忘れる事のできない最高の思い出として今でも心の中に刻み込まれているのである。


                      <終了>


こんな自分にもこういう時代があったんだな。

僕はいつからだろうか?こういう感情が消えてしまったのは。

僕はこのことを思い出すと今の自分を少し虚しく思うのである…



←93位です!クリックお願いしますww
[PR]

by garira-sann | 2007-08-27 06:37 | 思い出

お待たせいたしました!   

2007年 08月 25日

一日だけ書かなかっただけで久しぶりな感じがしてしまう、我輩はガリラである。

ちょっと前まではパソコンなんか触らずタイプのときは指で一個ずつ押していた僕が今はブラインドタッチとかいうのももうすぐマスターできそうな域まで達しそうである。

みなさん、勘違いしないで欲しい!

僕は決してオタクではない。

証拠に僕はガンダムというオタク御用達のアニメは見た事ないといえばわかってくれるだろうか?

はい、どうでもええわ…


ということで今日のテーマは紹介である。


みなさんは、友達とかに異性を紹介してもらったことはあるだろうか?

まぁ、大半の人はあると答えると思う。

もちろん、僕もある。

たぶん、5回くらいだろうと思う、これは多いのか、少ないのか?

まぁ、そんなことどうでもいいよな…

しかし、振り返ってみると、ぼくは紹介でうまくいった異性は全くいなかった記憶がある。

そうである、僕が紹介してもらう異性にはろくな女がいなかったのだ。

やはり、誰かに紹介してもらうしか対処の仕様がない売れ残りしかいないからではないかと僕は考える!


この文章読んでいると、自分が偉そうな高飛車のように見える気がする…

でも、僕は決して自分がカッコいいとか、イケメンとか思っていないし、人からもそんな言葉言われた記憶もない。

自分のことは自分が1番わかっている、とでも言えばいいのだろうか?

なんか、違うな…


ということで、高校のときに紹介されたしょーもない女の子のことでも書くとする。


昔、勝手に友達が自分のことを紹介したみたいで、何かいきなりメールが来た事があった。

まぁ、このKは世界史だけを一緒に受けていた女であったので顔はだいたいわかったのであるがまったくタイプではなかったのである。

なんせ、顔が



お多福!



ほんと、こうとしか言えない顔に脂肪をふんだんに含んだ平安時代ではモテそうな顔をしていたのだ。

ここからであった、紹介してもらう子がろくな容姿をしていない連鎖反応は…

で、Kは自分の高校のときの唯一の得意科目であった世界史(東大生に勝っているほど)の授業で先生の質問でほとんど答えていたのを見て僕のことが気になったと友達に聞いた。

そんな理由ありかいな?とも思いながら、一方的にメールを送ってくるので適当に返していた。

なんか、世界史が得意であるだけで、世界史が好きでない僕にKは


ガリラ君は中国史が得意らしいな?
私もな中国好きで万里の長城も行ったことあるんやで!



いや、いや僕は中国史が憶えやすかっただけで、中国は好きではない!

というか僕は中国人が大嫌いである。

こいつらは自分の国が世界で一番優れていると思い込んでいる中華思想が生んだ自信過剰人間なだけであるのだから。


こんなとこ、どうでもいいのである、それよりもこのKのメール何て返せばいいのか?

Kは何を求めてこんなことを送ってくるのか?

うん、そうなんや~としか言いようがないではないか…

しかし、僕は誰をも沈黙させる必殺技を持っているのである。

今まで僕は何人もの人達をこの技を使い、凍らしてきたのである!

ある意味、フリーザーの吹雪よりも強力であるのだ!

そうだ、ここでガリラは親父ギャグを召喚した~




オレもチャイナにイキチャイナ~





効果は抜群だ!

1回でメールを途切れさせることに成功!

もう二度とメールが来る事はなかったとさww

皆さん、こういうときはダジャレで返してみると良のではないか。


しかし、紹介では全くうまくいかなかった僕にも今、一筋の光が照らそうとしている。

そして、僕は今、最高にテンションが上がっているのである!


こんな浮かれている僕に


←97位です!ここで停滞したくないです、クリックお願いしますww
[PR]

by garira-sann | 2007-08-25 12:36 | 日々の出来事

そろそろ…   

2007年 08月 23日

そろそろ髪の毛でも切りに行こうかと思う。

本当は高校生みたいな髪型には極力したくないのだが、あれがあるから…


インターン!


それも1dayのためにせっかくのばした髪を切るのはイヤである。

でも、就職について少しでも知れるのであるからしょーがないのである。

でもな、インターンに行く会社は別にしたいことではないのである。

というか、やりたくもない業種である。

まぁ、そこしか受からなかった僕のエントリーシートに問題があったのだろうから僕の問題としかいいようがないだろう。

でも、なんのためにエントリーシートというものを書くのだろうか?

自分がこの企業を志望した理由について書かせるのには僕も賛成であるのだが、自己PRもそえるように書かれている企業も多いのである。



自己PR?



なんでこんなものが必要なのか、全く検討がつかないのである。

自分という人間がどんな人間であるかというのは、自分の頭の中の片隅では考えていたかもしれないが、ここまで率直に考ないといけない状況に自分が対面したことはないと思う。

それも、自分はどんな人間かというようなストレートな質問で…


この難問を的確な自己分析を要しないと次のステージに行くまでに大量のライバルに蹴落とされてしまうのである。

僕は、いちいち自分のことを文章にしてアピールしなくても、面接なりの場でアピールさせれば大体わかるのではないかと思う。

まぁ、企業は自己PRというものにどれだけの比重を置いているのかは僕がわかるわけがないが、エントリーシートに書かせるくらいであるのだから、少しは加味されているのだろう。

そう考えると、自己PRで表現した紙の中の自分と面接による少しは猫をかぶっていることもあるだろうが素の自分が一致しているか企業が見ているのか、そして企業がその人物に魅力を感じれば採用されるという図式なのだろうか?

ここででてしまった、僕の答えの出ない疑問が…

考えても仕方ないので自分というものを考えてみるとでもする。


自分がどんな人間であるか?


それは自分だけの中の世界では自分というアイデンティーティは確立されているかもしれないが、それは自分自身であって、他人から見る自分とは違うのではないだろうか?

本当の自分とは、自分から見たジブンという存在なのか、それとも他人から見たジブンであるのか、僕はよくわからない…

こんなこと考えてもしょーがないと思う人もいるだろう。

僕も就職という存在がまだ目にちらついていないときはそう考えていた、確かに。

考えないといけない時期がイヤでもいつかせまってくるのだから…

そう思うとなんだか嫌な気分にでもなるかもしれない。

やはり、エントリーシートに自分という人間について書けというのはまだ、よくわからないのだが、しかし、この企業などへの就職活動の何らかが自分という存在を少しでも認識し、見つめなおし、確立できるいい機会になるのではないかと思う。

少しポジティブシンキングであるかもしれないが気にしないww

これからの就職活動のリングにあがるまで、僕は自分という人間はどういう人間であるのかなにげない日常生活でも少し頭に入れて考える機会にしようと思う。

また、友達やバイトの同僚などの自分以外の身近な人達にでも自分の人間性はどうか聞いてみるのもいいのではないかと思った。


その結果、就活本番で行きたい企業へ最高のエントリートと作成し、提出できれば最高なのかなと思う!

そして、その作業により自分が少しでも成長できれば、それも最高の結果といえるのではないか!


ということでインターンに出遅れた人もいるだろう。

でも、まだ、JCBや小林製薬、そしてオリックスなどの企業が募集をしているのは知っているだろうか?

まぁ、ぼくは3つともエントリーシートの練習がてら出そうかなと考えている。

受けたいと思う人は参考にしてみて欲しいね!

ということで明日は上にあげた企業の分析でもやってみようと思う。


最後までこんな文章を読んでくれてありがとうございます、ついでに


←やっと、二桁順位に到達しました!カリスマブロガーの道は果てしないのでクリックお願いしますww
[PR]

by garira-sann | 2007-08-23 04:23 | ふと思うこと

バイトって?   

2007年 08月 22日

今日は、久しぶりにバイトに入った。

今日は、店長と2人きりのシフトであったので、まぁ、真剣にやりましたよ!

今日の夕勤は人の出入りが多いために、休む暇もなくてしんどかった。

でも、暇なときもあったわけで店長といろいろ談笑していた。

まぁ、話題は言うまでもなく


女の話であるが…


その話で店長が絶対に言うセリフがある。それは


最近どうやねん?


わかりやすく言えば、狙っている女の子とはどうなんや?というニュアンスを含んだ質問である。

まぁ、僕は適当に流すことにしている。

もし、いろいろ喋ってしまうと、バイトの人間にいいふらし、面倒くさいことになるのが見え見えであるから。


そうそう、今日の本題であるが今日、バイトがいろいろ意見するために置いてある連絡ノートに久しぶりに目を通してみた。

そうするとこんなことが書いてあった。まぁ、全てを詳しく憶えていないのでわかる範囲で簡潔に記述する事にする。


バイトかもしれんけど、もっと仕事に真剣に仕事に取り組むべきではないのか?
最近、ドリンク機器の鍵持って帰るやつが多すぎる!
ポケットの確認くらいアホでもできるやろ…
そんないい加減なミスもするし、お金をもらって仕事していることに対する考えが甘いんや!




これを書いたのはバイトでも社員よりも仕事に熱心に取り組み、仕事も完璧にできるフリーターのAさん25歳である。

別に注意すのは僕も別に構わないとは思うのだが、何かイヤらしい言い方ようにしてならない。


ここでバイトに対する僕なりの意見を述べたいと思う。

まず、ここまでバイトと言う分際に仕事へのモチベーションを上げるように注意することが何か意味を成すかということだ。

僕は、意味がないと思う。

バイトというのは、そりゃお金をもらっていることを考えれば、その対価にあった仕事はしないといけないのは僕もわかるし、それなりには真剣に取り組んでいるつもりだ。

しかし、こんな言い方は悪いと思うがバイトという分際は給料で比べても、社員にはかなり劣る。

また、ここのバイトで考えれば、バイトのほうが社員よりも確実に多く動いて、多くの汗もかいているのだ。

これがこのバイトのモチベーションが上がりきらない原因であるだろう。

まぁ、なんせ社員にもやる気自体感じられないし。

だから、こんな職場でやる気だして、完璧に仕事をこなし、少しもサボるなということ自体、場違いであるということをAはわからないのだろうか?


あと、Aの上からのものの言い方が気に食わない!

そりゃ、あなたが仕事できるということくらい、みんなわかっているのだ。

でも、自分のほうが優れていると思って何を言っても許されると思っているのかもしれないが、アホとかそんな言葉まで出して注意すること自体がもうバイトして間違っていると思う。

僕達は所詮バイトという形では同じである。

Aはもうやめるし、好き勝手言って出て行こうと思ってるのかもしれないけど、ここまで調子乗ったらダメっしょ!

あと、あなたは先生になりたいんじゃないんですか?

まぁ、教採には落ちたかもしれんけど、質問してあんな返し方はないだろう…

Aは教師になりたいのなら、そういう仕事ができるとかそういうのではなく、人としてもっとまともな人間にならないといけないのではないのすか?

バイト中に席でくつろいでいる客を口説くとか聞いたことないですよ?

小学生に性教育をしっかり教えたい?

そんなこと僕に言って共感してもらえるとでも思ってるんですか…

なる前からそんなこと言ってる教師になんか誰もおしえてもらいたくないですよ…

そういう性の話題は古典にはよく出てくるから学んだほうがいいから!

そんなこと学ぶために古典やるんですかね…
根本から間違ってますよ…

そんな変に偏った考えしてるっていうのを自分で理解しないといけないし、すべきである。

自分が生徒やったら、そんな訳のわからんこと言う教師になんか教えてもらいたくない。


そして最後に


そのオカマさ治しなさい!


今日は、ブログ名のようなグチばかりの内容になってしまいました。


僕は、そういう技量に優れた人間よりも、人間性が素晴らしい人間になるほうがいろんな人からも信頼されるようにもなり、人の上に立てるようになると思っています!


そういうことを今日は言いたかっただけでしたがよからぬ方向に話が進んでしまったことはスイマセンでした…

とりなおして


←もうすぐ、二桁順位に到達します!クリックお願いしますww 昨日の日記読み返したら、気もち悪かったので当分下系は封印しますww
[PR]

by garira-sann | 2007-08-22 04:33 | バイト

サヨナラの向こう側   

2007年 08月 21日

なんか何かある感じのタイトルである。
実は



レゲェ以外で唯一聞く風味堂の新曲!



彼女と別れたとか思った人!

そんなんいない…


ということで明日京都のほうに帰る。

まぁ、地元に帰ったのは成人式があるからという理由だけであったので、成人式以外は毎日、夜フリーターのヤツとちょうど3時間くらい駄弁ってた。

ほんと地元にいる日は毎日…


でも、高校から親元を離れた人間の僕には親元で過ごすのは一週間が限界のようである。

まぁ、これは僕が1人の時間つまり孤独を愛する人間であるからだろう。

ちょっとキモい感じに表現してしまった。


あぁ、あと僕は帰省すると絶対に太るのである。

今回、帰省は一週間ほどであったのだが2キロも増加していたのだ…

せっかく60キロ台まで落としたのに、また70キロ代に逆戻り…



原因は毎日豪華な飯が用意されているからだ!



何もしなくても飯がちゃんと用意されているというのは下宿の僕にはほんとに母の存在のありがたさを実感させる。

調理師の免許を持っている母の料理ほど僕にとってうまいものはない!

洗濯もすぐにやってくれるし。



でも、母の存在が疎ましい場合も当然出てくる。


まず、人のタケオで買った高価なズボンを勝手に何回も洗う!


2万くらいしたのに色がはげたらどうしょうとか、そういう回路働いてないのかと言いたい!

この問題でケンカが勃発する。


母:汚いから洗ってやったのになによ~その言い方は!

ガリラ:やから、一回くらいはいただけで洗わんでええいうとるやろ…
     何回言うたらわかんねん…
     もうボケてきてんちゃうんか!

母:あんたがホームレ○のにおいのするズボンはいてるから悪いんやろが!

ガリラ:じゃぁ、お前はホームレ○のにおいなんか嗅いだことあるんか?
     そんなんあるわけないのにそんなこと言うなよ! 


いつもこんなクダらない堂々巡りな言い合いを繰り返すのだ…



次は、大した用事も無いのにズケズケと僕の部屋に入ってくる!



孤独好き人間の僕にとっては、これが1番嫌なことである。


なぁ、なぁ、アイスあるんやけど食べや~


こんなこと、いちいち部屋に入って言ってくることではないだろう。

部屋の外で言えばいいのである。

それまでに自分が欲しくなれば、取りにいくし。


こういう風に僕は恋人同士にもプライバシーの権利があるように親と子供の間にもプライバシーの権利がなければならないと思う。

例えば、恋人でいうとお互いの携帯は絶対に見ないとかね。

僕は、昔、携帯の女のアドレスを当時の彼女に消されてしまったことがある。

せっかく、がんばって集めた30人を超えるアドレスが無くなってしまったのである。

これほどショックなことはないだろうww


だから、お互いにとって全くイイことのないような携帯見物はしてはいけないように、親は子供の部屋には最低限侵入しないようにするべきである。


もし、子供が○○○ーしてたらどうしますか?


親にこれを目撃された子供は、自暴自棄になり、一生心を開いてくれなくなることはいうまでもないだろう!

自分のかっこ悪い、イタい姿を親に見られて一生のトラウマになってしまうのだからww


というように今日は全くネタがないので、無理矢理プライバシー権について語ってみた。


暇な人へ

夏休み、あとバイトと専門学校くらいしかないので遊んでください!
予定がなければ、何でも行くし、やりますww


そして、頑張った僕に


←今、120位です!クリックは僕を昇天させますww
[PR]

by garira-sann | 2007-08-21 03:23 | ふと思うこと

成人式-4次会編   

2007年 08月 20日

もう、だいぶと前のことであんまり憶えてないが、やると言ったものは最後までやりとおすのが男というものだろう!ってカッコいいようなことでも言ってみる。

というか下ネタ満載やった二次会編が好評みたいで訪問者が3倍くらいになったのだ!


この淫乱読者達めww


あぁ、嘘だからどんどん訪問のほうよろしく。

でも、下ネタがこんなに効果があるのには自分でもビックリww


こんなことどうでもいいから話を進めることにする。


僕が花火のやった本数より僕のタバコの吸った本数のほうが多いというダルダルな3次会が終わって、中途半端な時間だったのでカラオケにでも行こうということになる。

ここでは明日仕事のある人間以外は全員来るという凄まじい出席率であった。

しかし、みんな朝早くからずっと行動していたので、テンションは低めであった…


だから、僕は1人で立ってアゲアゲなレゲェソングを熱唱していたのだが、マイナーすぎたようでウケが悪かった。

女なんか声小さいから何歌ってるかさえわからなかったし…


そして、看護婦Kが最近流行りのRSP?とかいうグループの昔流行った三木道三のLIFETIME- RESPECTの女編という曲をいれた。

そこでダレた雰囲気を打開するために友達Fが余計なことを言い出す…


ガリラ、この歌Kとデュエットしろよ~


うわっ、それはアカンやろ…
と思いながらも空気を読んで歌ってやることに。

それで歌い始めようとしたら、またFが余計なことをホザく。


おい、デュエットしてんねやろ!
肩組んで歌えや!



はぁっ?と思ったがしゃーないからやってあげましたよ!
それも僕に肩組まれてるKもマンザラでもない感じで満面の笑顔で歌ってるのを見て少しひいた。

でも、ここで僕、肩組むフリだけしてKには触らなかったのだ。

イイとも思わない女なんか触りたくもないからね。

そんな誰でも気安く触れるほど軽い人間では僕はない!
こう言えば、何かカッコよく聞こえるのは気のせいだろうか?

それも、僕がこの歌で歌う歌詞が



一生一緒にいてくれや~


のこれだけ…

ほかにも歌うパートがあればマシだったのかもしれないが、この変にクサイ場所だけというのがキツい…

僕、こんなこと彼女にすら言ったことない、というか言えない…


男は言葉で語るのではなく、背中で語るのだ!


こう言えば、カッコよく聞こえるだろう。
まぁ、僕は恥ずかしいだけなのだが。

それも、ぶっちゃけ嫌いなKに歌だと割り切ってもこんなことを言わないといけないのが嫌でしょうがなかった…

それやのにこんなに体張った僕に対する周りの人間の反応マジ薄かったから…
ほんまに放置に近い感じであった…


別に興味ないんやったら、こんなイタイことやらすなよww
マジやり損やんけ…

ほんまに笑ってたの言いだしっぺのFだけ。
ほかのヤツとか僕を完全にイタイ感じな目で見てたから…

まぁ、こんなこと気にしてもしゃーないから、頑張って歌っていた。

という感じで3時くらいまで歌って解散することに。


というように長い長い成人式が終わったとさww


まぁ、ほんとに地元の友達と会えて楽しかった!
どんだけ毒舌吐いても許されるからねww

大学では優しい人間を演じている僕も地元ではこんな人をイジリまくる人間に変わってしまうww

なぁ、橋○!←って名前出してみたけど、余計なコメントはしないように。お前にそんな権限はないぞ!

と今少し内輪ネタをだしてしまったが許して欲しいということで長かった成人式レポを終わりにするとする。

長かったが、全部読んでくれた読者さんありがとうございます!

って、これ終わったら今度からネタどうしようかな…


それじゃ、ひとまずクリックを

←138位です!クリックお願いしますww
[PR]

by garira-sann | 2007-08-20 02:36 | 思い出

成人式-3次会編   

2007年 08月 19日

ブログのデザイン変えてみたが、飽きたらまた違うのに変えようかなぁということで成人式3次会についてお送りしようと思う。

二次会の飲み会が終わり、みんなで話し合った結果、公園で花火をやろうということに。

そして、アルルに花火を買いに行ったのだが、僕は二次会でいじりまくった看護婦Kの車に乗った←女子が誰も乗ってあげないので、男子3人で哀れんでということを覚えておいてもらいたい!

この車の中でもKをいじりたおすということに決定ww

友達が初キスの場所を聞くと、Kがうれしそうに



遊園地の観覧車の1番上のとこで、いきなり襲われた!
アハッ☆




あれか…
おもんないクサいドラマかと思いながら、僕はしんどかったので適当に聞き流していた。

でも、Kはそんなのではないが、どうして女とは恋人という存在にここまで執着できるのかと車の中で考えていたが、決して答えが出るわけがないのに無駄だったなと思う。

ということで、花火を購入して公園に集合する。


まぁ、僕は花火とかキレイとか思えない人間なんで、コーラ飲んで見てるだけというやる気のなさを発揮することに。


ここで面白かったことといえば、双子の弟Tがロウソクの火をつけるための線香を線香花火と思い込んでいて



なんで先丸ならんのや?
さっきから、先ずっと燃えてるだけやん…
線香花火の選考(せんこう)間違ったんか?



と中卒らしい天然さを見せていたことくらいで。


まぁ、ここで訳のわからないことが起こったのである。

双子の兄Mと弟Tが登場人物である。

花火の最中にTの電話がしきりに鳴っていたのである。

Mの奥さんYからだったのだが、YはTの元彼女であるのだ。

まぁ、こんなことありえないように思うがYは双子両方と付き合っていたという、かなりのつわものである。

花火が終わって、Tの車であるセドリッ○に乗せてもらうことにしたのだが、そこには真っ赤な車が…


Yの車がそこにあったのだ!



つまり、聞いたことによると、Mが帰るのが遅いのが気にくわなかった奥さんYがTの車と自分の車を花火の現場まで来て、取り替えたということらしい。

何でそんなことする必要があるのか?

僕たちはTにYのことをボロクソ言いまくる!

Tのモトカノであっても関係ない!

Tは何も関係ないのに何でそんなことされないといけないのか…

ホンマに訳ワカメ…


こんな問題、MとYの夫婦では日常茶飯事である。

僕は、こいつらが離婚の危機に陥ったときも何時間も電話で相談されていた。


その危機になった理由というのがYが婚姻届を出したことを伝えたときのMの返事がそっけないということだけ…


ほんま、僕このYという女が嫌いだわ…
ちょっとしたことでキレて、まわりの人間を巻き込んでいくし、Mを束縛を超えた拘束に近いことしだすし。


なんで、成人式の2次会にも行ったらアカンねん?
ほんま、ノミくらいの心の広さしかないねんな!



それで、家に帰ってからTからメールが


Mの嫁の車にゴミ捨てていったん誰か知らん?


はぁ、そんなもん知らんわ!
ほんまYウザイわ!

そんなゴミくらい何も言わんと捨ててくれてもええやろ?

TもTやねん!
なんでまた、Yのパシリみたいなことしとんねん!

それも何で俺が疑われやなアカンのや?

と僕は帰ってずっとキレていた。


まぁ、皆さん、結婚相手は慎重に選びましょう!

ほんま、こんな相手に捕まったら人生終わりに近いですよ!

後悔先に立たずですよww


最後に


ほんまY消えてくれ!

ということで、明日は4次会のレポートやる予定です!

そもためには


←171位です!クリックお願いしますww
[PR]

by garira-sann | 2007-08-19 04:13 | 思い出