<   2007年 08月 ( 24 )   > この月の画像一覧   

資格   

2007年 08月 07日

人には自分に付加条件を付け加えることにより、自分をより雇われやすくするものがある。


資格だ!


僕も、資格を取るために大学に加えて専門学校に行っている。

それくらいしないと大した資格は取ることはできないのだろう。


でも、人の親になるというのは、勉強しなくてもいい資格といえるのではないだろうか?


昨日、僕は帰省のために京都行き特急電車に乗車した。

そうすると、電車の中で僕の嫌いな人種の集団が座っていた…



ガキである…



僕は、空気を読まずに電車のなかで大きな声で騒ぐ子供がほんとに嫌いなのである。

特に特急電車というのは、普通電車よりも高いお金を払うことにより、代価として快適な環境を手に入れようとする人達が乗る電車であることからも騒がれると寝ることもままならないのでお金を余計払う意味がなくなると僕自身思うのである。

しかし、小さい子供に人に迷惑がかかるから、騒いではいけないと考えることは難しいので子供を責めるのは間違っているのであろう。

ここでの騒がないようにさせるのは、子供達の親であろう!

この親達は見た目でいうとヤンママに近い風貌で、タバコをプカプカ吸っていた。

こいつら親は親だけで固まって座り、子供は子供で固まって座らしていた。


コイツらは、子供にほとんど注意しないのである!
それに子供のことは無関心である!



子供がコイツらに質問しても、ほとんど無視するのだ…

そして、親同士でくだらん武勇伝を大きな声で語っているのだ…



何でこんなことが起こってしまうのか?
僕なりに考えた結果がこれである!


たぶん、この親達は、親という存在になる資格というものがないのだ!


詳しく話すと、最近、結婚において早い人間と遅い人間の二分化が起こっていると聞いたことがある。

たぶん、この親達が早い人間に属するのだろう!

僕の考えであるが、この人達は、ただのなりゆきであったり、突然子供ができてしまったりして結婚してしまうというのが多いのではないのだろうか?

つまり、子供をどのように育てたいとか、これからどんなプランで結婚生活を進めていこうなどの考慮が欠損しているのであろう!

だから、子供にもろくに注意もしないで、好き勝手させているのだと思うのだ。

地元でも有名なワルにするのなら、話は別であるがww


ここで超現実主義ガリラの寒い夢のない意見が登場するのである。

僕は、できれば結婚というものをしたくはない人間の1人である!

結婚するにしても、最低20後半にならないといけないのではと思う。

それまでは、好きなことをやり、人生経験を積まないと、40年を超えるであろう結婚生活というものに耐えるだけの忍耐力をやしなえないと考えるからだ!

それくらい、考え込まないといけない問題ではないのか?バツだけはつけたくないのである…

これは僕自身の考え方に問題があるのかもしれない。

もし、子供を育てる場合の資金のこと、また1人でいる時間が極度に少なくなりストレスが溜まる、自分に投資するお金が少なくなるなどの結婚に対するネガティブな考えしか浮かばないというリアリズムな考え方しかできないのである…


何でこんな風になってしまったのかは自分でもわからない…


つまり、今日、僕が言いたいのは、浅はかな考えで結婚に踏み込むことはいけないのではないか?ということである。


最近、なすがなるままに結婚する人が多いように思う。

それで今日のような親が出現してしまうことになるのである。


まぁ、結婚する人は子供好きな人がいいなと今日更に思った限りである!

あと、自分の変な考えを改めてくれるような女性との出会いが欲しい!

昨日は、そんな訳のわからないことを考えていた僕はアホとしか言いようがない…


今日は、ほんまにくだらない内容の話でスイマセン…

まぁ、明日からは、シリーズもののマンガ論というものをやる予定です!


第一弾→少女マンガ論! をやる予定ですので期待してくださいww



←始めて3日で625位に入ってましたww(全4300位) 皆さん、クリックしてくれると、100位以内も夢ではないです!
[PR]

by garira-sann | 2007-08-07 09:45 | ふと思うこと

リッチーセクソン   

2007年 08月 06日

今日は成人式のスーツを親に買ってもらうためだけに一泊だけ帰省!

あまり急行で帰っても時間は変わらないのだが、タバコを吸えるという理由だけで850円プラスして特急で帰ることに。



金に細かい男は将来、出世しない!


これは、僕のオヤジのよく使う言葉だ。

全く、正しいという根拠はないが言葉の響きだけでいうと説得力があるように思うのはなぜだろうか?

まぁ、そんな親とスーツを買いに行く前に昼飯を食うということに。

何食べたん?と皆さん聞きたいだろう!

別に聞きたくないという人もいるだろうが、聞いてくれないと話が進まないのをわかってもらいたいww



まぁ、回転寿司だが…



でも、あのカッ○やく○寿司のような100円ネタではないww

僕は、回転寿司で絶対に食べるネタというものがある、それはーー




エンガワである!




ここで、エンガワについての僕が知っている豆知識について勝手に語らせていただくとする。

エンガワとは、平目やカレイのヒレの近くや裏の皮に近い部分の部位であり、食感はコリコリして←チク○のような感じ?、噛めば噛むほど程よい脂の味が堪能できるのである!

カレイのエンガワは、色が白く、柔らかいが、平目のエンガワは少し黒味を帯びた色をしており歯ごたえがあり、骨の食感を楽しめるのである、そのために平目のほうが高級品として扱われる!

空気も読まず続けることにする。

100円寿司では、平目に比べて安価なカレイのエンガワを使っているのが一般的に知られている。

しかし、今日は100円ではないので、エンガワを頼むと平目のエンガワが出てきた。


分かっていても、テンションが上がった!


そして、口に入れると、昔の中華一番のアニメで審査員が主人公の料理を口にした瞬間に宇宙が出てきて、その素晴らしい味をクソおおげさに表現する状態に近い感覚になった!というのは嘘であるww

でも、ほんとに美味かった!

しかし、皿の値段を見ると、



540円!



うぉ、大学の学食で500円あれば腹いっぱいになるのに…
と思いながらも、親父の金であるので3皿食ってしまう…


まぁ、これっぽっちも反省なんかしてないよ~




←今は何位でしょうか?ここをポチッとなww
[PR]

by garira-sann | 2007-08-06 00:53 | 日々の出来事

犯人とグル?   

2007年 08月 05日

今日の出来事は、完全ノンフィクションである!

今、信じられないことが起こった夜勤のバイトから帰ったところである。

今日は、バイトの同じ大学の藤○君と、僕と、問題の女Aの登場人物で話を進めていくとする。


問題のAが来店したのは、夜12時頃であっただろうか。

そのAは40~50歳のやつれたガイコツのような顔をしているババアであった…


そのババアは、なぜかパソコンの知識が皆無であるようで、藤○君を席まで呼んでいた!

なぜか、藤○君がなかなか帰ってこないことに気づき、藤○君を呼ぶと思いがけないことを口にしたのであった…



アイツ、くるっとる…
なんか、あの人、犯罪に巻き込まれてるみたいで、ヤフーメールで人に助け求めるために助けて欲しいって言われて、いろいろ教えてるんやけど…



そのまえに、僕は、大きなメモ用紙を渡していたのだが、藤○君へは、喋って伝えるのではなく、そのメモ用紙に書いて伝えているようである。理由を聞き驚愕した!




私は、今、特定人物に追われているんです!
私の声が盗聴されてるんです!




との事…
被害妄想ではないか?と疑いながらも、僕は見守ることにする。

それから、すぐにAはカウンターにいる僕のもとにやってきたのであった。



警察よんでください、助けてください!




あぁ、面倒なこと起こしやがってと思ったのだが、それ以上に嫌な事があったのだ…

Aは盗聴されていると思っているので、僕の耳元で小さい声で囁きながらつたえるのであるが…




その息がとてつもなく臭いのである!



年によるババア臭と息の臭さが混ざると、アンモニアに匹敵するニオイを放つのである…

ほんとに耳が潰れると思うくらいひどかった…


それで、店長に電話して、対応策を仰ぐことに。

そして、警察を呼ぶということになったのだ。

僕は、少しテンパリながらも、上京区警察に電話して来てもらうことに。


でも、このポリ、上京区のくせに白木屋ある場所も、ビルの名前を言うまでわからんというオツムの弱さであるため、少し時間を喰ってしまう、そうするとAは



はやく、来てもらってください、ホニャ~ホニャ~


と自分がどんだけ迷惑かけてんのわかってるんか?というくらいしつこい催促…

僕が必死に電話しているときにAは藤○君に僕のことを




あの人は、なんか怪しい…
あの人は、私が追われている人間の仲間かもしれない…




と言う始末…


ほんまにいい加減にしやな、殺すぞ!


とマジで思った人間はコイツが初めてであった。

少し人相が悪いのは認めるが、心優しい人間である。


それから、すぐに警察がやってきて、事務室で取調べ的なことが始まったのであるが、ポリもAがなにを言っているか理解できないようで、Aを自分の家に連れて帰り話を聞くことになったようであった。


こんだけ、コイツのために時間を割いたのにポリからは、ありがとうの一言もないことに、更にイラついた。


あのAには、いったい何が起こっていたのであろうか?
結論が全くわからないまま、この怒涛の出来事はおわってしまったのであった…




←今、何位でしょうか?先が見えません…

やっと、登録できました!
クリックしてもらえると、オフ会行けますww
[PR]

by garira-sann | 2007-08-05 05:25 | バイト

自己紹介   

2007年 08月 05日

僕は、D大学3回経済学部のガリラです!

僕は、どこにでもいるようなやる気のないカス大学生なのですww

まぁ、ここはミクシィに書けないようなぶっちゃた話をネタも交えておもしろく書いていきたいと思っとります!

バイトっていうのは、マンガ喫茶なんで、マンガマニアの僕の勝手なマンガ評価なども書きたいと思います。

漫喫のバイトは時給は安いですけど、かなり楽ですしおススメですよww

あと僕は就活生でもあるのでインターンや就職活動の様子も載せていけたらなと思っています!



大学生ブログランキングに登録しています!






基本的にはネタみたいなこと書くという感じになると思いますので、そんなネタ系が好きな人が見てくれるとうれしいですね!

あと、これはブログのガリラとして書いているのでリアルの僕を知っている人はブログを見ても、あまり僕にブログのことを言わないでくれると助かります!

こっそりと僕にだけ言ってくれると助かりますww
[PR]

by garira-sann | 2007-08-05 05:23 | 自己紹介