<   2007年 11月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

これは使えるんじゃね?   

2007年 11月 06日

みなさん今日は飲み会ネタの続きは書きませんので、期待していた読者さんは申し訳ありません。

まぁ、実際、飲み会ネタって見ててどうなんですかね、おもしろいですかね、だって他人の飲み会レポートですよ、どうなんですか?

こんなこと言ってますけど、最後までは書く気満々なんで最後まで書いて欲しいとかいう励ましのコメントは欲しいんですけど、強制はしません。


ということで、最近自分の中でのバイブルと化しているテレビのニュースを見ての自分の意見を述べる方法を今回も使ってみようと思います。


昨日、ニュースで興味のあることがやっていました。


来年から東京大学で両親の年収が400万円以下の家庭の子供の授業料をタダにする!


というのです。

僕はこの意見には反対はしないというか、むしろ賛成です。

まぁ、実際、大学の授業料というのは、普通の家庭ではかなりの家計の負担になっていると思うんですね。

それで大学では、そういう授業料だけ払うのに精一杯の家庭には奨学金制度をとっていたりして、少しでも負担を減らすような制度をとっていたりします。

でも、奨学金というのは利子がほとんどないというだけで、将来は返さないといけない悪いように言えば借金なんですよね。

僕自身は、奨学金はもらっていないのですけど、まわりには結構もらっているという人も多いのが事実です。

つまり、大学の制度っていうのは決してこういう家庭にとって万全な制度が整っていないのです。

また、大学生特に、下宿生には莫大なお金がかかります。

家賃や電気代などの住居費、そして食費とか、僕も1人暮らしをしていて思いますけど、この二つで結構なお金がかかるわけです。

自炊しない人はほとんど食費でお金がなくなると言っても過言ではないかもしれません。

それに、サークルに入っているなどは飲み会などの交友費とかも自分で負担しなければいけません。

特に東京とか都心などの大学生は、住居費とかかなり高いみたいですしね。

というので、こういう1人暮らしの人はバイトをしてそういうお金を稼がないといけないのです。

そうしないとしょうがないのが実情なのでしょう。

大学で勉強だけに励みたいという人でも、こうしないといけないんですよね。

自分は上のような人間ではないのでいいんですけどね。

でも、僕自身は1人暮らしですけど、バイトとかしなくてもいいような十分な仕送りをもらっています、でもバイトはしているのです。

なんでお前バイトしてるの?と聞かれることもあります。

僕もなぜかはわかりませんけど、たぶん僕の中で大学生なのにバイトもしないでフラフラ大学にだけ行くというのが許せないと思っているからかもしれません。

まぁ、僕もバイトのお金があるという理由で仕送りを減らさせました。

親に甘えすぎるというのもどうかとも思ったんで。


というように自分のことなんか言っても意味がないので、東京大学の新制度について自分の考察を述べていこうと思います。

まず、東京大学の新制度についての疑問点として1つあげられると思うんですよね。


・399万円の家庭は授業料を払わなくてもいいのに、401万円の家庭は払わないといけない


こう僕は思ったわけです。

なんで、400万というところに境界線を引いたのでしょうか?

やはり、東大ということもあり、何か理論付けてこういう見解に至ったにちがいはないのですが、僕にはわかりません。

でも、2万円の差で何百万の負担の差が出てきます、完全に不公平な状態になります。

まぁ、子供を東大に行かせている親の平均年収は約1000万と言われているので、こういう親は少ないのかもしれませんが、絶対に何人かはこういう問題に直面すると思います。

今後、授業料を払わないために親が年収をわざと減らすとかいうことまでおきてしまうのではないでしょうか、アホらしい…

この政策は今後問題になってやめてしまいそうな気がします。


とここで、僕は結構使えるのではないかという制度を考えました、東大関係の方も必見です!

名づけて


授業料累進課税制度!


今の日本では所得税には累進課税制度という方法をとっています。

おぉ、何か経済学部らしくなってきましたね。

大学で労働経済っていうこういう内容の授業があったんですけど、これだけは勉強してて楽しかったんです。

累進課税のいうのは所得の大小に応じて、税率が変化する制度です。

まぁ、この制度は垂直的公平ですね。

人それぞれに見合った負担を課すのです。

消費税はみんなが平等に払わないといけないので、水平的公平といい、累進課税制度とは相対する税制です。

だから、この累進課税制度を授業料にも応用すればいいんですよ!

東大の両親の平均所得を出して、その平均所得の家庭には東大の通常の授業料を課して、それ以上の所得の家庭にはその上昇率に応じて、授業料をプラスしていき、それ以下の家庭にはその降下率に応じて授業料をマイナスすれば、結果的には公平になって、400万とかいう意味がよくわからない境界線を引く必要がないような気がするんですけどね。

そうすれば、その家庭に応じて払っても大丈夫な授業料になっていると思うんですけどね。

まぁ、全員の所得を把握するのは大変なことだと思うんですけど、東大の学生数なら大丈夫な気がするんです。

東大から始めていけば、自然とほかの大学も…

とか思ったわけですけど、実際は口では言えても無理なことが何個もあるんでしょうね!

でも、自分でも結構いけるとは思ったんですけどね。

今日の話は、ただの自分の意見であって、ほかにもいろいろな方法が探せば見つかると思います。

最近よくお金がある家庭の子供のほうが偏差値の高い大学に進学するというデータが出ているということを聞きます。

だからというのもなんですけど、そういう状況があるからこそ、塾とか家庭教師とかに行ったり、付けたりしないで、親に迷惑をかけないで進学した人を少しでもいい環境を与えてもいいのではないかと思っただけですからね。

実際、僕みたいな人間がこういうことを書くのは、身分不相応というのはよくわかっています。


というようにこんな記事を最後まで読んでくださった読者さんありがとうございます。

明日から当分、こういうガリラは見れないと思うんで、我慢して見てくださった人は得しましたよ!

はい、スイマセン…

そして、この記事に何か感じた人は

←只今、60位台を彷徨っています、クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←100位くらいです、クリックお願いします!
[PR]

by garira-sann | 2007-11-06 20:58 | ふと思うこと

最凶の飲み会-酒は飲んでも呑まれるな(2) 飲み会編   

2007年 11月 05日

それでは前の続きから進めていきますけど、前の話を忘れたっていう人はこれを読んでからどうぞってことで始めます。


ということでガリラは4人テーブルにギャルもどきの坂野さんと雰囲気がかわいい内村さんと金持ちサクランの3人に囲まれるという事態になってしまいました。

どうせ、わざとやろ!と思っている人もいるかもしれませんけど、そこは否定しません。

まぁ、始まってすぐにビールを一気飲みした僕は、もうすでに顔が真っ赤になってたんですね。

僕は、人並みには飲めるんですけど、顔にすぐにカップラーメンみたいに出るんです。

ってことで女性陣に大丈夫かとか言われてました。


それで何か知りませんが、テーブルでの会話で僕を話題から排除しようか運動的なものがあったわけです。

話を女性陣が始めて、僕が何の話題かわからないので坂野さんに聞くと、なんでもないです!と最強にひどい返ししかしないのです。

特にバイトのときには年下らしく律儀な坂野さんがひどい…

珍しく坂野さんが僕に話を振ってきたことがありました。


ガリラさんのタイプはどんな人なんですか?


それで、僕が


サバサバしてて、年上オーラを出してる、スラッとした体型の人かな!


まぁ、これほんとに僕が好きなタイプの女性なんですね、ここで私このタイプの人間やという人はコメントください、必ずww

まぁ、理想のタイプで話が弾むんやったらと真面目に嘘つくことなく答えたんですよ、そうすると坂野さんがね…


そんなんいません!!


えぇぇ~っ、としか言えませんでしたよ、これで僕は何を返せばいいんですか、もう坂野さんの会話相手に僕みたいな人間は排除していくってことですかね、怖い怖い…

もう坂野さんはドSということで僕は認識いたしました。

でも、一年近く恋人のいない人っていうのは僕も含め、少しというかどんどん理想が上がってくると思うんです。

次に付き合う人とは絶対に自分の理想に近い人がいいと思うものだと思います。

でも、恋というのは、そううまくいくものではないからおもしろいのです、そして、うまくいったときの喜びを味わいたいのです。

まぁ、この飲み会で坂野さんとした会話はこれくらいしかないように思います。

でも、坂野さんの彼氏はカッコよかったです、おせいじなしで。

あぁ、これからシフト坂野さんとかぶりまくってんやな、僕…


それで、同じ大学でイケメンで頭のイイ、絶対に女にモテること間違いなしな藤本君がトイレの前でお別れ会の主役の下関さんと男どもが溜まってるから行こうぜっていうことで、ついて行くということになりました。

この選択が後々、とんでもないことになるとは思いもしませんでした。

今日で会うのが最後かもしれないアイドル下関さんとこれからのこととかいろいろ喋ってから、席に戻ると、案の定僕の席は違う人が座っていました。

それは飲み会やし、しゃーないんで、隣のテーブルの席でさっきあんまり喋ってなかった内村さんと喋りました。

なぜか、内村さんの家に男友達がよく泊まりに来るという話になる。

まぁ、話の流れ上、それで何もないの?と聞きますよね、それで僕が聞くと横から坂野さん登場です。


いや~、そんなわけない!
絶対に何かあるな!



いや、いや、相手はどうみても清純オーラを出している内村さんじゃないですか。

それはあなたなら僕もそう言いいますよ、でも内村さんに…

内村さんがんばって否定していました、笑顔で、かわいらしいです。

まぁ、チキンな僕は女の子と家でふたりになっても絶対に手は出せません、だから内村さんは絶対にそんなことはしていないと信じています、というかこの下りは特に必要ありませんでした。


というように内村さんとか藤本君と喋っていると、今回の本当の主役、西本さんと僕と大学の友達でバイトも一緒のノッポ君が話しているのが見えました。

なぜ、ノッポ君なのというのは、ニット帽とかぶると異常にノッポさんに似ているからです。

西本さんとは、普段から時間帯の関係もあって、あまり絡むことのない女性なのです。

そして西本さんがノッポ君の彼女を目撃したことについて話してたんです。

それで、なぜかわかりませんが、西本さんがノッポ君に彼女がいるから、私の話なんかしてもわかってくれないとか言いながら、西本さんがノッポ君の顔を


パシーン!



と叩いたんです、結構な力で…

いわゆるビンタというものです…

ノッポ君の顔が引きつっているのが僕にはわかりました。

西本さん、酒強いとか自分で言ってたやん、オレよりも飲んでないや~ん、なんで~

ほんまにもうこの時点で西本さんは完全に飲んだくれに変身していました。

そして、このとき、僕は西本さんの横に座っていました。

これが僕に巻き起こるたくさんの試練の序章でした…


(3)に続きます!

次は僕がサンドバックに変身します!

まぁ、こればっか書くのもどうかなとも思いますんで、なんやかんや違う記事も書いていこうと思ってます。

それでは最後にクリック、クリック

←只今、60位台を彷徨っています、クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←100位くらいです、クリックお願いします!
[PR]

by garira-sann | 2007-11-05 08:00 | 思い出

最凶の飲み会-酒は飲んでも呑まれるな(1) プロローグ   

2007年 11月 02日

今回の記事はとても長くなりそうなので、何回かに分けてお送りしていこうと思います。

そして今回の記事には、たくさんの人物が登場しますができるだけわかりやすいように自分なりに書いていくので最後までお付き合いください。

また、登場人物の名前は全部仮名であるということを先に言っておきます。


前の日記に書いたようにおとといの水曜日は、大学に行ってからバイトをして、23時からのバイトの飲み会に少し遅れて参加するという過密スケジュールでした。


ということで19時からのバイト(漫画喫茶)から話を始めていこうと思います。

この時間帯は2人でまわすことになっています。

それで僕の本日のパートナーは、僕を気持ち悪いの一言で一喝したギャル系の坂野さんでした。

言っておきますが、ゲッツとか寒いことは言いませんので。

驚いたことに坂野さんは髪の色が金に近い茶色から真っ黒に変わっていて、ギャルを卒業して、就活生的なオーラを漂わせていました。

しかし、坂野さんは僕より1歳下なので就活は一切していません。

ということでバイトの始まりです。

この日は、びっくりするほど人が少なく、漫画を読んだり、今日の飲み会は誰が来るのとか喋って時間を潰していました。

しかし、この緩やかな時間を一転させるお客が現れたのです。

この客が来る前からもフードが少し出ていて、料理の作り方のわからない坂野さんに教えてながら作っていたので少し忙しくはなっていました。

そのお客さんは、インド系の顔をした男女2人組だったんです。

その2人は、日本語が全くわからないらしく、坂野さんが英語でがんばって対応してくれていました。

ここで補足、坂野さんは英検2級を持っていて、関西では有名な私立大学に通っています。

そのとき僕はキッチンでがんばってフードを電子レンジを駆使して、作っていました。

そうすると、坂野さんがキッチンでいた僕にとんでもないことを言い出したのです。



ガリラさん、このお客さんこの店をレストランと間違ってるみたいです!



おぉーん、なるほどな、俺は料理長やからな!ってそんなアホな!

ここは今年3月にできたキレイな漫画喫茶であり、レストランとは違うのです、こんなこと言わなくてもわかりますか。

まぁ、しゃーないと思いまして、レジに行くとお客様から坂野さんが料理の質問攻めにあっていたので、ヘルプしてあげようと話しに割り込んでみました。

これが間違いだったのは時間が経った今なら容易にわかることです。


なんせ、ガリラは英語が大の苦手なんですから!


入ってみたのはいいものの、何を言っているかが全くわからない状態で、なんとかこのお客さんが食べたい料理を把握することができました。

なるほど、○○丼(○○は店の名前です)、ビーフカレーね、はいわかりました。

あれっ、まだメニューを指差して何か言ってるぞ~


あぁ~、麻婆茄子丼か、OK!



What meat in this?


あぁ、この丼の中には何の肉が入ってるってことを聞いてきたんやな、え~っと豚肉やんな、よし!



ピッグ イン!



よし、完璧な返答したぞ、オレ!

でも、お客さんの様子が何かおかしかったのです…



ピッグ アハーン?



うん、豚やけど、何かおかしいんですか?

何かお客さんが大きく手を広げて、何か言っています。

そうすると、横にいた坂野さんが



ガリラさん、ピッグじゃなくてポークですよ…
豚そのまま入れて、どうする気なんですか?




ここで僕は初めて自分の間違いに気づいたのです、僕は豚肉をピッグだと思い込んでいたのです。

僕の説明では、麻婆茄子に豚が一匹のっている、麻婆茄子豚の丸焼きそのままのせになってしまっていたのです。

もうね、ここで自分のバカさ加減に笑いが止まらなかったんですよ…

豚肉をピッグって中学生でもわかりますよww


でも、こんなことでめげても仕方ありません!

早く料理を作ろうとがんばる、がんばる、まるで中華鍋を振る周富徳のように、全身全霊をフードに傾けました!

そうすると、出る出る、フードの嵐!

僕は1時間の間に10品も作るという偉業を成し遂げました。


ということで、忙しいながらも、日本人形←自分で言っていました のように変身した坂野さんと楽しくバイトをやることができました。

しかし、坂野さんは外見は変わっても中身は変わっていなかったということを後の飲み会で見せ付けられることになるとは、このときの僕には想像もできませんでした。


ここで1つ、今回のシリーズの主役は坂野さんではありませんので。


というようにバイトも終わりになり、一緒に飲み会に参加する予定のかわいらしい雰囲気を漂わせる女性の内村さんが坂野さんを迎えに来ました。

そして、僕も含め3人はすぐ上の階にあるとり○すけに行きました。

そうすると、僕らを含め、15人ものバイトが集まるという、まるでサークルの飲み会といってもおかしくないような雰囲気でした。

やっぱり、下関さんのお別れ会やから、こんな集まるんやろな!とか思いました。

下関さんは、僕のバイト先のアイドル的存在で、僕を含めバイトの中でもファンは多いです。

下関さんの一番の魅力をいうのは、女々しさと微塵も感じさせない男勝りな性格だと僕は思っています。

性格は、僕のど真ん中です!

当然アイドルということで顔もとてもかわいいです。


それで、遅れていった僕は、1番端のテーブルーに座りました。

4人席に坂野さん、内村さん、ガリラ、そしてわざと遅れてきたに違いないなぜか僕と仲のいい1個下の女サクランが座るということに。


まぁ、男1人でがんばれということなんでしょうねww


そして、あのK大生のイケメンの岡村さんのグダグダな乾杯の音頭です。

何で乾杯の音頭でフリーズするんですか、K大生でイケメンやのに…


ということで、飲み会が始まったのでした。

まだ、このとき僕は、まさかあの人があんなことになるとは思ってもみませんでした…


今回はここまでです。

これからはもっとネタ盛りだくさんでお送りする予定にしています。

それでなんやかんやで考えると、4回くらいに分けないと書ききれないように思います。

次は気の向いたときに書かせていただきます!


←只今、60位台を彷徨っています、クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←100位くらいです、クリックお願いします!
[PR]

by garira-sann | 2007-11-02 19:37 | 思い出