仲間にゃ教えられない!   

2008年 09月 09日

はいはい、3日間の旅行から帰ってまいりました、ガリラです。

この3日間はとても楽しかったです。

まぁ、3日目の晩飯の時は少しテンション下がってたようで申し訳なかったです。

特に理由はなくて、ただの気分ですww


今日はさっそく旅行について書くのもいいと思うんですが、まぁまぁもう少し待ってください。

そんで今日は帰ってきて爆睡してて、起きたら2時過ぎ…

どんだけ疲れてん、どんだけ体力ないねんと思いながら、明日から2日連続の飲み会のために自転車が欲しいなって思って、知り合いに自転車を借りに行ってお喋りしてすぐに帰ってきました。

まぁ、今日はすぐに帰らないといけない理由があったんです。




家のオカンがテレビ出演!




それも結構ガチでww

そして出演した番組というのはたぶん大体の人がわかるような番組です。

もったいぶって教えないのもあれなんで普通に公表しますね。



「なんでも鑑定団」です。



みんなに教えてもよかったんですけど、母をブラウン管で凝視されるのは嫌やし恥ずかしいんであえて言いませんでした。

本当はオレがでるはずだったんです、この番組に…

じいちゃん、ばぁちゃんがオレみたいな若いもんが出れば華があるとか村にとっていいとか言ってて無理やり出させようとしてたんですけど、その前の日に地元の友達というか中学までの友達とバーベキューに参加して、3次会までするということで無理になったんです。

というか番組に出たい気なんか全くなかったんですけどねww


そこで白羽の矢が立ったのがオレの家族で一番できるオカンということになったんです。

まぁ、ウチのオカンはそれは本当にできる人間でありながらもおっかない人間なんですよ、これが…

小学生の頃は毎日のように怒られ、野球に関しては、よくわからんクセに「何であそこで打てなかったんや!」「何であんなライナー頭の上越されるん!」というようにいちいちうるさかった人なんです。


「人の嫌がること言うな!」とオレにいつも言ってたのにオレには怒涛のような口の悪さを披露してました。


でも、本当にびっくりするくらい頭が良くて、中学生の時なんか、オレが「この問題わからん?」と言うとほとんどの問題をその場で読んで解いていた勉強好きなオカンでもありました。


頼みごとをすると、全てを完璧にしないと気のすまないタイプのオカンは私にできないことはないとばかりに全てを的確にこなしていました。


しかし、中学生というとオレ最大の反抗期の頃、オカンとはケンカの毎日…


それでも、高校から親元を離れたオレは定期的にしか親と会わない生活を送り、少しは親のありがたさもわかって、大学生の今では帰ってケンカもしながらもオレが譲歩して結構仲良くやってます。


それにびっくりするくらいの世話好きな人で「あんな今から彼女家来るから~」というと、彼女が好きなものをすぐに用意して作って、一緒に飯を食べ、食卓では息子のオレそっちのけで彼女とずっと喋ってたという……


そして、今のオカンは専業主婦でありながらもボランティアで親子に料理教室で料理を教えたり、時には選挙のウグイス嬢としてあっちこっちに行ったりしていて、最近ではとある事情で青山○○○のファンとして月に2~3回はライブに足を運ぶ、超アクティブ女です。

「将来、私は商売する!」が口癖なんですが、オレはどうでも良くて勝手にやってくれって感じですww


ちなみにこの人の反面教師はオレですからww



そんなオカンが番組に登場したんですけど、まぁ何であんなうまく喋れるんやろってくらいの印象しかなかったです。

まぁ、オレ以外の家族がテレビに映っているのには少し吹きましたけどww

その日のオレは応援に行こうとは思ってたんですけど、その日帰ったのが朝の5時くらいで起きたらオレ以外家には誰もいませんでしたw

そして、オカンの出番が終わってタバコを吸っていると、とある友達Fから電話が

あぁ、アイツ、この番組大好きやんけぇとそこで気づく…



おい、お前のオカン、テレビ出てるやん、スゲェ、あり得へ~ん、ワッハッハ~~!




いやらしい、おおげさな笑い方は高校時代から変わってませんでした。

このFという人間とは高校時代3年を過ごした友達なんですけど、オレのミクシィの紹介文で「ガリラはオレは金持ちや!が口癖のムカつくやつ」というようなことを書きやがり、大学の友達にオレがまるで悪の枢軸という印象を植えつようとするようなあくどいヤツなんですww

まぁ、よく大学の休暇のときは遊びに来て、友達で一番オカンと仲のいいヤツなんで電話がくるのはわかりますけどね。

家に来たときもオカンもFもお互いに悪口大好き人間なんで、びっくりするくらい話が合うんです。

今日はそんなオカンのテレビ出演のお話でした~

あぁ、明日から飲み会、出費が…

財布が不安で仕方ないですけど、最後の大学生活、出会いを大切にしないとね!


←クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←100位くらいです、クリックお願いします!
[PR]

# by garira-sann | 2008-09-09 23:24 | 日々の出来事

明日も旅行のようです…   

2008年 09月 06日

そうです、今週の始めに旅行に行ったはずのオレですけど、明日からも三重に2泊3日という今回は少し長い旅行になりそうです。

今回も前回と同じメンバーなんですけど、正直なところ早すぎwっていう気持ちもあるんです。

前も旅行したのにすぐに!って感じですけど、オレはいつもテンションも気分も同じというか変わらない人間なんで早くても遅くても一緒ですけど。


楽しんできます!


明日は朝8時出発なんで、ぱぁ~っと書いていきますね!


何か最近の小学生ってませてるんですかね?
オレが田舎の小学校出身で週6日も練習のある少年野球チームで小学生時代は野球ばっかしてた記憶しかないバリバリの体育会系小学生やったからか?

というような出来事がバイト先のプールで起こったんです。

その日のバイトの相方は前にもお話したことがある松山(仮名)に振られたことで知られている大石くん(仮名)でした。

大石君と言えば、話せば女の話ばっかのザ18歳って感じの男の子です。

もうバイト先も繁盛期が終わり、もうほとんど客も来ないということでプールの片付けを始めていて、そのときは2人でプールに置いてある椅子の汚れをスポンジでふき取っていました。

オレは大石くんのデートプランを一緒に考えていました。

そのとき、なぜか向こうから大声で僕らを呼んでいるようなのです。



大野君~~~~~~~!!



うん、何だ?ww

大野君、その言葉を聞いたときにオレはピンときたのです。


大石くんは嵐の大野にかなり似ているのです!


そうすると、小学生2人が大石くんのほうに向ってきたのです。

会話を聞いていると「嵐の大野くんに似てるって言われませんか?」とか大石くんは小学生にかなり絡まれていました。

2人は小学4年生のAちゃんとBちゃんとわかりました。

そして2人ともとてもかわいらしい。

Bちゃんはとてもお金持ちらしくて、ブランドの服をいつも着ているという話をしていました。

Aちゃんはモデルをしててもおかしくないようなお顔の持ち主でもあり、魔性の女でもあるのです。

このことはもうすぐわかってもらえます。

まぁ、ここで何でオレがこの会話に参加していないかというと



私、小さい子供が苦手なんです!!



昔は親戚の小さい女の子とかと遊ぶのが好きだったんですけど、オレがどんどん年をとっていくに連れて、どんどん子供ウケしない顔に変化していき、親戚の女の子に喋りかけてもほとんど返ってこなくなったんです。

ほかにも友達の甥っ子とかに会いに行っても、オレの顔見るだけで泣き出すし…


つまり、得体のしれない物を触るような気になってまうんですww


どう扱ったらええかわからないんです!!ww



ということで、オレは会話にほとんど参加せずに黙々と椅子を掃除していると


おい、コブクロ~~~!!


はい、オレは2人にとってコブクロの背の高い人と認識されました。

サングラスをかけていて、背が高いという理由だけでコブクロです。

でも、言わせてもらいます!

顔は全く似てません!!

しかし困ったなぁ…、小学生と絡むんなんか最近全くない、めんどくさ…っと思いながら掃除していると


なぁ、大野君、コブクロ遊んでよ~~~!


なんで、オレだけ呼び捨てやねん小学生のクセに…

まぁ、それはいいとして、遊んで遊んでとずっと言ってます。

大石くん(大野)は必死に構ってくれてました。

そんなオレの小学生への投げやりで適当な対応がたたったのかAちゃんが


ほんま、うちコブクロの顔うけつけへん…


まるで、オレに言っているようにコブクロさんの顔の批判を始めました。

そんでオレもしょうがないとお話に参加したんですけど、どんな風に返答したらいいかわからず
、2人が僕らが適当にパイプの椅子を拭いていると


そんな洗い方やったら、椅子さんがかわいそうやん!


かわいそう?


いやいや、椅子に命なんかないし、大丈夫やで!
木やったらわかるけど、鉄やんか~



そう言うとAちゃんが


うわぁ、コブクロの喋りムカつく!
ほんま嫌いやわぁ!
喋らんほうがええで、自分!




うわぁ、何様やねん、Aちゃん…

ほんま怖いし…

まぁ、喋らんほうがええのは自分でも少しわかってます。

そういうとこは的確かもw

でも、やっぱりそんな現実的なというか夢のないこと小学生に言ったらアカンっすよね。

オレが子供ん時からオカンに現実的なことばっか言われて育てられたから、「ほんまやな、椅子さんかわいそうやな~、ちゃんと洗ってあげないとな!」とかなぜか言えないんですよ~

そんなオレでもBちゃんは大石にもオレつまりコブクロにも平等に接してくれました。

Aちゃんは怖いから、変なこと言ったらアカンで~とかオレにもたくさんアドバイスをくれました。

まぁ、Bちゃんはサングラスとったら大石くんよりもオレのほうがタイプらしいですww


うれしっ!!ww


しかし、その一方のAちゃんはというと、ずっとコブクロの顔を睨みつけるくせに大野君にはデレっとしぱなっし…

大石くんにずっとしがみつき、おんぶしてだの、甘えっぱなしでした。

そして、大石くんはおんぶしてあげている…


大石、子供を甘やかすな~~~~!


と言いかけましたが、口に出すと何をされるかわからないので、当然自重ww

でも、オレらも一応アルバイトやし、大石くんも遊んでばっかしやったらいかんと思って



大野~~、遊んでばっかやったらアカンやろ、一応掃除しろ!



そうするとAちゃんの手に握られたホースから大量の水がオレの体に降り注ぐ…



何、偉そうに大野って呼び捨てにしてんの~
コブクロが~~




何でって、オレは大石よりも3歳も年上やからに決まってるやんけ…

それに大石はいつもオレに敬語使ってるから、わかってくれよw


あぁ、本当に子供って苦手ですわ、私…ww



しかし、Bちゃんのほうはオレが年上っていうことを話すと「そうやったら、別にええか」とかオレが大学生っていうことを話しているとBちゃんはオレの行っている大学に興味があるらしく、「女の子かわいい子おんの?」「イケメンいっぱいいそうでええな~、私も行きたい!」とか最近の小学生はそんなこともう考えてるのか?すごいなって思ってました。



子供って、かわいいかもww



まぁ、Bちゃんだけね…

Aちゃんはというと、オレが少しでも大野と呼び捨てにすると水かけてくるし、オレをプールに突き落とすし、さんざん…

それにBちゃんがオレと仲良く喋っていると「Bちゃん、コブクロと楽しそうに喋ったら親友やめるで~」とまで言う始末ww

子供は好きな子には嫌がらせをするとか言いますけど、あんなんウソっすよ!

あんな度を越えた嫌がらせは違う、違うに決まってる!

極めつけはオレばっか落とされるの損やし、支配人に怒られるんやったら道連れにしてやろうと大石をプールに突き落とした瞬間、Aちゃんが



うわぁ、ほんま最悪やわ、コブクロ!
おっちゃん=支配人にチクったるからな!




と真顔でボソッと言ってきたのです。

それがほんまに怖いんです、普通の人を見る目じゃないんです。

わかりやすく言うと、「牡丹と薔薇」での小沢真珠が主人公をいじめてるときの目。

そんなAちゃんは、大石のところに行くと、さっきまでのオレへの態度がウソのようにニヤニヤしいの甘えっぱなしの、普通のかわいらしい乙女に変身します。

これが今の小学生か、こんな女がいて、男の子は大丈夫なんやろかって思います。

怖い、怖いww


そして、オレは勝手にAちゃんの将来像を少女漫画の人物として考えてみました。

Aちゃんは中学、高校と更に可愛くなっていき、モテモテの魔性の女になっていきます。

その美貌と持って生まれた魔性力で結構の男の子と付き合うが自分の理想の男の子にはなかなか出会えないのです。

そこに現れたのがイケメンのCくんでした。

Cくんはイケメンであり、明るく、いつもたくさんの生徒が集まってくるクラスの人気者。

しかし、CくんはAちゃんには振り向いてくれない。

そして、Cくんは見た目も普通の何がいいのかわからないようなDちゃん(少女マンガ的には主人公)と付き合うことになるのです。

なぜ、私があんなDに負けないといけないの?

とそこから、Cを奪うためにいろいろなトラップをしかけて、主人公Dをいじめ、そして惑わすのです。

しかし、その一件を乗り越えたCとDはより一層深い絆で結ばれ、そしてAはなぜかその件以降Dと仲良くなるんです。


とAちゃんは少女漫画的、魔性の女になっているような気がしますww

Aちゃんは最後までオレには笑顔を見せてくれず、大石くんと一緒に写真を撮って帰っていきました。

そして、Aちゃんが帰った直後に大石くんが



あぁ、Aちゃんかわいかったっすね、もう少し若かったらいけるのに!



男は魔性の女に弱いのがわかった気がしました。

そして大石がいつか騙されて痛い目に合えと思った昨日の1日でした。


みなさん、今の小学生は怖いですよ~


そんじゃ、明日の旅行のために寝ま~す!って遅刻しなければいいのですが…

あと、ブログは旅行中は更新いたしませんので、あしからず。

でも、気分により、旅行先で携帯で更新するかもしれないのでマメにみてくだいさねww


←クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←60位くらいまで上昇、クリックお願いします!
[PR]

# by garira-sann | 2008-09-06 01:23 | バイト

日々、勉強でございます!   

2008年 09月 03日

ということで、今日から証券外務員2級の資格の勉強を始めた私ことガリラでございます。


遊びとか、アルバイトとかあるんですけど、毎日こんなに自由な時間があるのは大学生の間だけということで頑張ろうと今日、突発的に思ったわけです。


まぁ、今日からやると決めたら、結構継続できるタイプなので一ヶ月半後の試験に絶対受かるようにしたいです!


ここで決意表明させていただき、今日のお話とさせていただきます。
と言いながらも今日は何を書けばいいのでしょうか?



そうそう、バイトの帰りにIPod買いに行こうと思って某電気屋に行ってきたんですけど、何ギガがいいか決めかねて今日はやめておきました。

もうそろそろMDウォークマンを持ち歩いているのは恥ずかしいですし。

自分のパソコンにダウンロードしている曲もすぐに入れれるし、便利ですよね。

まぁ、レゲェしか入っていないですけど、そこは置いといてと。



そんなこんなで今日はオレのお顔についてのお話。
最近、友達からも親戚からもオレの顔について同じようなことを言われたのでした。



何か、外国人みたいな顔やな!



うぅ~ん、今までこんなこと言われたことなかったよ。

皆さんは外国人に似てると言われると、どこの国の人を思い浮かべますか?

アメリカ人とかフランス人とかイタリア人とかアラブ人とか、何か顔に特徴のあるというかカッコイイ感じの顔を思い浮かべません?

まぁ、アラブ人はかっこいい?というもうな疑問符はつきますが、何か城田優みたいな欧米人チックな顔がかっこいいとかなりたいと思うのが一般的だと思うんです。

そんな中でオレが最近似ていると言われるのが




東南アジア人!




らしいのです。

まぁ、Kー1に出てくるブアカーオ←わからんかったら調べてみてください のようなタイ人的な顔であるみたいです。

なぜ、今になってそんなことが言われるようになったかということをオレの考えの下ですが、あげていきたいと思います。

やはり、今になって顕著に出てきたということは昔からその兆候的なものがあったにちがいはないのですが、それを引き立てる要素がオレが考える限り、いくつかあります。

は~い、まず1つ目




顔が焼けすぎ~~!



これは、夏でプールのバイトで1日中燦々と照らす太陽に当たり続け、地元では川で泳ぎまくるなど、外で生活したり遊んだりしてたためです。
東南アジア人は暑い地域で生活している人たちなので真っ黒な肌の人ばかりで、そこの境地にオレが入り込んでしまったのです。
これが1番のオレの東南アジア人に近づくことになった要素だと思うのです。

あぁ、ちなみにブアカーオも真っ黒ですww


2つ目~~



ヒゲを伸ばし始めた!




来年からはヒゲなんか伸ばせることができなくなるんで、せっかくと思って伸ばしてるんですけど、これも少しは東南アジア人化の一端となっているのかもしれませんね!

でも、待てよ?タイ人とかでヒゲ伸ばしてる人なんか見たことないぞww
ヒゲを伸ばしてるアラブ人ならクソほど見たことあるけど。

あぁ、オレはアラブ人にも近づいてるようですww

東南アジア+アラブ人=オレという(東南アジア優勢)という図式が表されるということなんですかね。

ちょっとの間、ガリラからガリカーオっていう名前に変えようなんて、そんなこと思ってませんよw

ガリカーオのハイキックは強力だ!

ってそんなアホなw

まぁ、そんなことで最近、自分の顔が東南アジア人のような顔になってきているというお話をさせていただき終わらせていただきます。


←クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←50位くらいまで上昇、クリックお願いします!
[PR]

# by garira-sann | 2008-09-03 23:31 | ふと思うこと

生還しました。   

2008年 09月 02日

24時間の旅から帰ってきたガリラです。

今から頑張って書こうと思うんですが、昨日帰ってきて旅の間無視していた松山さん←(忘れてしまった人は最近の記事でも見直してください)の着信バイブ5回の謝罪の電話を入れると

「今日、何で電話無視した~」

「スイマセン、オレの携帯ずっとバイブやから気づかへんでんww」

「ウソはええから、なにしてたん?」

「鳥取行ってた!」

「おみやげは?」

「あぁ、楽しい鳥取のお話というおみやげがww」

「ええっ、じゃあ、バイト終わったらその話でビール飲みたいからついて来て~」

「はぁ…、わかりました。」


ということになったのでオレは早急にブログを仕上げて飲みに行かないといけません。

そんな体力は残っていないのですけど、ビール1杯だけおごってもらえるので、まぁね。

そんで、体力には少し自信があるオレがそれほど疲れた旅のレポートをお送りしたいと思います。

少しだけ長くなりそうですけど頑張って書きたいと思います。


今回のメンバーはオレを含め、男子4人女子3人の7人です。

このメンバーはプライベートでもいろいろと…というオレンジデイズさながらという感じですかね。

オレはオレンジデイズ的に誰かと考えたんですが、オレンジデイズにはオレのような何事も適当人間はいませんでした。

そして、急遽始った日帰り?旅は夜8時から始りました。

かりたレンタカーはとても大きいもので、7人が一緒に乗れるくらいだったので、あわよくば…と思っていたオレの運転への熱は事故を起こすという心配から一気に冷めてしまったのです。

そして出発した車の中ではなぜか異常なテンションで一番後ろに座っていたオレはどうすればいいかわからなくなったので、自分の好きな歌がかかれば熱唱していました。

その日、朝6時起きのオレは既に眠気が襲う…

でも、そんなの関係ねぇ~ってなくらいに頑張ってたと思います。

このときがオレのこの旅、最大級のテンションだったように思います。


京都から鳥取へ行く途中に回転寿司かっ○寿司で飯を食べたのですが、白とり貝がなくて、えんがわばかり食べました。

そして、京都から鳥取まで約6時間くらいほとんど何もない道をただひたすら走り、夜の2時過ぎくらいには鳥取砂丘についてしまったのです。

まだ泳いだりする時間でもないということで夜中の砂丘にでも行こうという話になり、マジか?と思いながら真っ暗やみの中を歩いていくことに。

みなさん、鳥取砂丘に行ったことはあるでしょうか?

僕は、小学校くらいに1回行ったことがあったのですが、砂丘の入り口から海が見えるところまでがあんなに遠い、そして険しいとは思ってもなかったのです。

歩き出したのはいいものの、夜の砂丘は真っ暗で何も見えず、砂ばかりの道なので、歩くだけで疲れるのです。

それに海を見るには最後の急傾斜の砂山を登らなければならず、タバコ吸いすぎのオレの体には荷が重く、はぁはぁ言いながら、女性陣と一緒に遅れて登りきりました。

そこで見えた景色は、真っ暗な中で空を見ると星が輝き、結構きれいなものでした。

でも、そこにはそれ以外何もなく、期待したラクダもそんな時間にはいることもなく、すぐに退散し、近くの広場でハンカチ落としとすることに。

ハンカチ落としをするのは大学1回のときのサークル合宿以来で、そこで今回のメンバーでもあるノッポ君がおもいっきりコケて血だらけになったのをオレは覚えていたのです。

そして今回は大丈夫やろと楽しく遊んでいるとイケメン藤本くん(仮名)が


ド~~ン!


は~い、やってくれました!っと。

見事にアスファルトの上でこけてくれました。

膝から血を出してくれました。

昔のノッポ君と全く同じ展開に笑いが噴出しそうになりました。

スイマセン、藤本くんww


まぁ、言うまでも無くグダグダになり、ハンカチ落としは終了。

このとき、この旅最大の眠気が襲う、ここでオレは約24時間寝てないことに気づく。

まだまだ旅の途中やのに大丈夫かと思いながらの午前6時前、また砂丘に戻り日の出を見に行くことに。

またまた登りました、地獄の砂山を!

しかし、登りきったその場所には海に朝日が昇るような今までに見たことの無い景色が広がっていました。

そこで記念撮影をしてって、オレはもっぱら写真に写るだけでした。

高校時代にクラスの写真撮り全てをやらされていたクラス副委員長とは思えません。

そんなこんなで、砂山の上で加藤くん(仮名)と相撲をさせられ、どうせ体がデカいから負けへんと思っていた僕は見事に投げ飛ばされ、砂山を転げ落ちましたww

砂だらけになりテンションが下がりました!


ウソですww


笑いの一環になればそれでいいです。

まぁ、そこには砂以外は何もなかったです。

これが鳥取砂丘です。


そして、朝7時くらいにやっとのことで泳げる海岸を探し出し、みんなで泳ぐことに。

朝の海岸にはオレら以外は誰もおらず、貸切状態でした。

そんで、みんなでお決まりのビーチバレー遊び。

なぜか、泳ぎが得意でないオレが一番深いところに配置されるということに。


そして、ビーチボールがオレの後ろに飛んでいく、それをとりに行くオレ。

何度もとろうとチャレンジするも、何回さわっても手につかず。



はい、ビーチボールは遠く、遠くまで流れていったとさ…



ビーチボールはなくなったものの、オレはその日の高い波に乗ることに快感をおぼえ、平泳ぎで波に飛び込んで興奮していたのです。

こんな海で泳ぐのが楽しいと思ってもいませんでした。

波はサーファーの浪漫というのが、ボードに乗ったことはないもののわかった気がしたのでした。

この旅で最大のテンションであったことは間違いありません。

最後まで海の中であがいていました。

そんな海水浴も気づけば朝10時、眠気など吹っ飛んでいました!

しかし、帰る車の中でオレは疲れ寝不足による自分の体の異常に気づいたのです。

これは行きしなの車の中でも少しずつ出ていたのですけど


全く、喋れないのです!


自分から何かを話そうとしても頭が働かず、自分でも何を言っているかわからず、それに加えて普段から悪い滑舌が更に悪くなっていたのです。

そして、オレは車の中では、自分から話すという行為を放棄して、ひたすら黙って見える景色を眺めていました。

何を言っているかわからなかったメンバーの皆さんスイマセンww

そんなこんなで京都に戻り、銭湯で潮くさい体を洗い流し、焼肉を食って帰りました。

ちなみに焼肉でもほとんど喋らず、ひたすらホルモンばかり食べていました。

食べてばかりでスイマセンww


という24時間、睡眠時間2日で1時間(帰りの車で昼寝)という最凶に疲れた旅は終わりました。

どうにかしておもしろくしようとしたのですが、旅レポートはオレには向いていないようです。

そして、今週の土曜日から3日間、またこのメンバーで三重に旅行に行きます!

また旅レポートに時間を費やしてしまいそうです。


もう飲み屋に行かないといけない時間になったので今日はここら辺でご勘弁を~

それではまた~


←クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←50位くらいまで上昇、クリックお願いします!
[PR]

# by garira-sann | 2008-09-02 21:11 | 思い出

今から鳥取に行って来ます!   

2008年 08月 31日

ということで、いつもの元バイトメンバーの仲いい人たちとっていうか、いつものとかあんまり使うの嫌いなんですけど、まぁいいです。

だって、いつもの何々とかって、なんか女の子たちの軍団っていうふうに聞こえません。

ほかの人は決してこのメンバーには入ってはいけないとバリアを張るみたいな感じですかね。


そんで鳥取に行くということは行く場所というのは自然と限られてくるわけで、まぁ鳥取砂丘に行くんですけど。

ほかに鳥取って何かあります?

ありませんよね。

オレの出身地の奈良県も同じようなもんですけどね。

奈良=鹿、大仏みたいなww


これは昔から住んでいるオレも納得しています。

それに地元愛っていうのもあんまないからバカにされてもなんとも思いません。

でも、地元の友達は大切ですよ!


そんなところでもうすぐ出発なんですけど、夜の8時から京都を出て、明日の夜の8時までに帰ってくるという日帰りなんです。


24時間テレビに対抗して24時間旅行って感じですか!


スイマセン、今日で1番おもしろい所ですww

夜通し、車で行くんですけど、オレはレンタカーなので運転はしません!

だって、普段から乗ってる車ちゃうし、事故ってしもたら、メンバーにもレンタカ屋にも迷惑かけるんで。

それに今日のオレの起床時間6時なんすよ!

もう既に眠たくて、目が光にめっちゃ反応するんで、サングラスかけて行きます。

夜でも関係ないです、かっこつけたいんです。

そして、夜の間運転してくれているのにもかかわらず、車で寝させていただきます。

本当に申し訳ないですけど、どれだけ疲れてても24時間無睡でも余裕なオレですが、少しだけ目をつぶらせてもらおうかなって。

そうしないと、帰りに行きの運転手が疲れて、もし帰り運転しなきゃならんようになったらどうしますか!?

寝ないといけませんww

まぁ、明日必死に遊ぶ体力が残っているのかは疑問ですが、学生最後の8月を?楽しんできます!


何で今日はこんな人様にはどうでもいいこと書こうと思ったかというと



なにがなんでも更新したいと思ったからですww


ブログから遠のいてしまうと今後書けないようになってしまいそうなんで、何でもいいから書こうということです。

そんじゃ、もうすぐ出発なんでもう少し準備して行ってきます!

それでは、その旅の様子は帰ってからゆっくり書きます。

んじゃ、また~


←クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←80位くらいまで上昇、クリックお願いします!
[PR]

# by garira-sann | 2008-08-31 18:08 | 日々の出来事