大学生は夏休みが2ヶ月ある   

2008年 08月 29日

最近、この夏始って以来の悪天候が続いてますよね。

雨が降らないとしても1日中曇り空とか、始めのような快晴がウソのようです。

この天気の悪さのせいでオレはこの1週間でプールのバイトが2回もなくなりました。

明日も11時からなんですけど、また雨みたいなんで明日もまたまた休みになりそうな感じがしてなりません。

このバイト始めた時は本当に毎日プールに行っていたような気分になっていて、頼むからもう少し休みくれって思うことが何回もあったんですけど、最近もように何回も休みになると1日がまるまるヒマになって何か1日がもったいなかったなって思ってしまいます。

明日は仲のいい松山さんもシフトに入っているみたいですし、休みにはなって欲しくないんですけどね。

何だかんだ面倒くさいバイトでも、勤務中は喋っても何も注意されないんで暇つぶしにもなるんです。


そうそう、オレは最近バイトで大きなミスをしてしまったんです。

まぁ、ミスと言うか不意の事故と言ったほうが正しいかもしれません。

そのミスはいつかというのは確かではないのですが、おそらく今週の月曜日だったという記憶があるので、そういうことにしておいてください。

その日、オレは10時からのバイト(この時間帯は準備や後片付けをしなくていいので監視しかしなくていいのでゴールデンタイムと呼ばれている)でいつもどおり適当に喋って、適当に監視してたんです。

まぁ、この日も雨が降っていて、客が来てもすぐに帰り、昼過ぎにはほとんど客がプールから上がり、とても閑散としていたのです。

このヒマさがのちのちオレの過ちというか奇跡へのスタートとなったのです。

昼過ぎ、本当にヒマということで朝から入っている人たち以外は事務所に昼飯を食べに行ったのです。

ここで補足ですが、このバイト先では6時間以上働けば、弁当が会社から支給されて、結構なボリュームの弁当そして飲み放題の味噌汁やスープが230円という格安で食べることができるので一人暮らしや弁当を持ってきてない人は事務所でこの弁当を食べます。

そんな話はどうでもいいとして、プールに残されたのは3人で客は2人だけ。

こんな状況では喋らず、遊ばずにはいられません。

そして僕は立っているだけではしんどいだけなので、誰もいないプールの監視台で座っていました。

座っているだけではヒマなので、その監視台の前までこれまた話題の大石君と同い年の前田君(仮名)を呼んで、オレが密かに練習していた技を見せようと思ったのです。

その技と言うのが



監視台水平!



ちょうど、この時期にオリンピックがあり、体操を見ていてこの技を思いついたのです。

この技は、監視台の腕おきを持ち、そのまま体を台から浮かして、胴体と足を直角に保つという体操の吊り輪の基本技を監視台の上でやるという、本当につまらない技なのです。

こんなつまらない技を見せたいと調子に乗ったせいで、この後、本当にあり得ないことが起こったのです。


「すごいっすね、ガリラさん、もう30秒くらいやってるじゃないですか!」

「そうやろ、でももう無理やわ~!」


そう言って、オレは勢いよく監視台に腰を下ろした瞬間でした…




ブチッ、ブチ、ブチィ~~!




その音を聞いた瞬間、オレのケツは監視台を突き抜けていたのです!

詳しく説明させていただくと、この監視台の座るところはゴムのような紐が重なってできているのです。

しかし、このゴムのような紐がオレの体重と勢いの良い落下に耐え切れず、ブチブチと音を立てて切れ去ったのです。

これを見た前田くんは


ガリラさん、ガリラさん、奇跡ですよ、笑いの神が降りてきましたよ、ワッハッハ~~


大爆笑…

その一方、何が起こったかわからなかったオレは、やっとオレが何をしでかしたか理解し、血の気が引いていくのがわかりました。


オレは監視台1台をパァにしてしまったんだ!


監視台は3台しかないのにそのうちの貴重な1台をオレの華麗な水平により使えないものにしたのです。

水平のケツ着地の威力は凄まじいと、はいはい調子に乗りましたww

何かイイ言い訳でも考えようと思ったんですけど、何も思いつかず座ったら破れたということにして、プールの一番の権力者である総支配人に報告しに行ったのです。

普通なら、絶対に怒られるはずですけど、この総支配人とオレは前にとある事件があり、それにめげず戻ってきてから、ウソのように親切というか優しくなったのです。

そして今回も「いやいや、この監視台も年季あるからもう大分弱っててんやろな!でも、この監視台のお金どうしてもらおかな、ウソウソ、テヘッw」

っていうような軽い感じで許してもらいました。

その後、監視台が一台なくなくということをその日のバイトの人たちに言ってまわったんですが「しゃ~ないやろ!」というくらいしか言われないで一安心でした。

でも、次の日、バイトに行くと松山に


おはようございます、水平デストロイヤー!


そんなあだ名になっていたなんて、オレはそのセンスのないネーム付けに吹いたとさ、たんたん。

みなさん、監視台の上での水平には気をつけましょう!

はいはい、そんなことするのオレしかいませんよww

今、人気のブログ見てて、自分の過去を振り返った記事を書くのもいいと思いました。

近日、書きたいと思います!


←クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←80位くらいまで上昇、クリックお願いします!
[PR]

# by garira-sann | 2008-08-29 18:12 | 日々の出来事

今日もバイトネタ…   

2008年 08月 27日

昨日、マンガ喫茶に行こうということになり、久しぶりに前に勤めていた所に行ってきたオレでございます。

昔まで読みたいマンガでいっぱいやったバイト先でしたけど、久しぶりに行くと何を読めばいいかもわからへんで、ドラマばっか見て3時間を過ごしたわけです。

でも、昔とほとんど変わってるとこもなかったです、メンツ以外はw

そんで、今日の昼にバイトがあったんで、マンガ喫茶から6時(朝)に帰ってそんまま寝ずに行ったわけです。

まぁ、前の日も夜まで寝てたんで眠気はほとんどなかったんですけど、何せ今日のバイト先のプールはほんまにある意味やばかったんです。


ヒマさが…


何と今日来たお客さんの数はというと

ジャジャーン、ジャジャン、ジャジャーーン



2人!



あり得ない光景がそこには広がっていました。

プールにカップル1組のみ、それもイチャイチャしまくりの…

びっくりするくらい目だっておりました、不細工カップルがww

ああ、これは失礼ww


そして、今日来ていたバイトの数は8人、それぞれ自給は900円と考えると、どう考えても赤字です。

そんな中でもお客さんが来るかもしれないと信じてずっと待っていたんですけど、なかなか来ない…

社員がどんどん朝から入っているバイトを帰らして、人件費の削減に必死の様子。

オレは昼から勤務のために終わりまでいることに。

ぽけっと立っているだけで今日もお金を稼がさせていただきました。


そんで今日は途中から2人だけで監視してたんですけど、相方は18歳大石くん(仮名)とでした。

この大石君は18歳そんまんまの若さがあふれた金メッシュの男の子です。

口を開けば「やりたいっすよ、ガリラさん!」「ヤレる女いないっすか?」


18歳って本当に若いと思う!

話してたら、自分も高校生に戻ったような気がして懐かしくなります。

そんな大石君はちょっと前にやらかしてくれたんです。

それはお盆の頃でした。

大石君はプールの数少ないそしてあまり質の良くない受付の中でも唯一かわいらしい、大学4回生松山さん(仮名)に一目惚れしてしまったのです。

ちなみにオレは松山さんとは2人で飲んだこともあり、よくバイト中に必殺相手を引かせまくる下ネタを披露していて、近いうちに合コンしようという約束も交わしているほどの仲です。

彼女はとてもおもしろくて、1時間くらいセックスのあとの腕枕の必要性のなさについて議論したこともあります。

ということで大石君はよくオレに「松山さんと付き合いたいんですけど、どうすればいいと思いますか?」とかいろいろ相談してきて、「アドレス今から聞きに行け!」とか適当にアドバイスして、メールとか電話までするようになったのです。

しかし、大石君の行動には18歳丸出しの「ヤリたい、ヤリたい」オーラをまとっていました。


アドレスを聞いたその日に大石君は「どっかに行きましょう!」「大好きです」というような重いくどい感満載のメール攻撃を始めたのです。

そのメール攻撃に松山は完全に引いた様子で無理やりメールを終わろうとしているみたいでオレに「どうしましょう?」「僕、松山さんと結婚したいんです!」とか言って…


えっ、結婚!


この単語まで…

よくわからない本気感で今回のアタックにのぞんでいる?みたいなんでオレは答えは100%わかっていたものの一応、松山に「実際に脈あるん?」と聞いてみると「私、脈ない感を出しながらメールしてるんやけどなぁ…」と完全に猛アタックに嫌気が差してるようでした。

そんな中でオレは松山に「大石と付き合えばネタになんのに!」「大石とお前が○○○…ワッハッハ~」そんなことをばっか言っていたオレは完全におもしろ半分であったことは言うまでもありませんw

まぁ、普通に考えてみても18の男と22の女とは恋愛に対する価値観も違うから成立するのは無理に近いですよね。

それもほとんど話したこともない金メッシュの男からのいきなりの告白に近いようなこと…

そんなもん失敗っていうことが目に見えとるがなww

そして、アドレスを聞いて次の日の大石君は松山に「今、好きな人がいる…」(嘘)といきなりメールを断ち切られて、大石君の恋は2日という短さで終わってしまったのでした。

そんな大石君はまだ未練があるようで今日も「松山さんかわいいですよね、ガリラさん!」「ヤリたいっす!」とほざいていました。

「まだ、あきらめてませんから!」


18歳の性欲野郎はまたまた神風のように突っ込んでいくようですww

これからも注目して見守っていきたいと思っています。

どうせ振られるでしょうけど、ネタになるなら、そんなの関係ねぇ~~


←クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←クリックお願いします!
[PR]

# by garira-sann | 2008-08-27 19:26 | バイト

よし、よし、吉幾三   

2008年 08月 25日

よし、2日連続の更新にトライ、そして成功しそうです。

と言いながら、まだわからんけどww

気分が乗らなかったら、やめてるかもって、そんなんオレの問題やから関係ねぇな。

そんな中で1つの安心材料があるというか、わかったんですよね。

オレは昨日、とあることが気になり、昔のブログとか見て考えたり、調べたりしてたんですよ。

その気になることっていうのは昨日に書いた記事の問題についてなんですけど、今のオレに残っている今の免許の点数のことなんですけどね。

オレは、昨日の違反を犯したことにより、免許の点数が2点になってしまったということを書いたと思います。

そう思った要因というか原因というのはオレが昔、一回目の違反をブログに書いたからような記憶があるからだったんです。

このブログを書き始めたのは去年の8月からで、8月にこんなこと書いた記憶がなかったんで、自然と9月くらいに違反してたと思い込んでいたんです。

そんで、過去のブログをもう一度読み返してみたんですけど、9、10、11月とそんな記事は1つもなかったんです。

えぇ、そんな記事を削除した記憶なんか毛頭になかったんで、なんでやろ?どうした?と疑問にふけっていたんです。

そんな中でオレは、1つ忘れていたことに気づいたわけなんです。


そうだ、ミクシィに書いたんかもしれん!?


そう思い立ったオレはブログを書き始めるまで、頻繁に更新していたミクシィの日記を読み返してみることにしたんです。

そうすると、7月中旬にそんな記事があることを発見したのです。

そのときの記事というのは駐車違反をとられたオレが交番に向かったのですが、警察官の対応が本当に悪かったことを愚痴った日記でした。


そんなことより、オレはそのときに思った!


待て、7月!!?


うおっ、待て昨日は8月24日、一回目の違反は去年の7月…


ということで、オレの免許の点数は自動的に6点に戻っていて、今回の違反があっても6-4=2点の点数が残っていることがわかりました!

これがわかったときは就職活動で内定の会社が出たときくらいと同じくらい安心しました。

それくらい就活終わって悩むようなことが最近なかったっていうことです。

そんで昨日まで考えていたバイセクー購入は白紙に勝手にオレは戻しました。

だって、まだ余裕があるってことがわかったんですもん。

まぁ、でも安全に正確に運転することを心がけます!


そんなこんなで一気に悩み事も解決したわけですし、今日も10時からオレが行くバイトについてのお話です。

このブログでも少しだけお話したとは思いますが、僕はこの夏休み京都のとある屋外プールの監視員のバイトをすることになったのです。

どうして監視員?という方の疑問にお答えしようと思います。


そん時は座っているだけの簡単な仕事やろ!
ビキニの女性を見ることができる!
と思っていたのです。


そのプールはあまり大きくも無くてプールの数と言えば、大人用と子供用の2つしかありません。

料金も大人となれば2600円というオレの人生で初めて見るような破格な入場料をとるのです。

そんな高かったら、この不景気というご時勢でお客さんなんか来るわけないと思ってました。

そして、仕事というのもやっぱり監視員とおうことだけあり、主な仕事は座って客が溺れてないか見ることです。

しかし、オレはそうとはいきませんでした。

始めの開店までの準備にも携わっていたからか、オレはバイトを管理する社員と友達のように仲良くなったのです。

決して、意気投合したというわけではなくて、仲良くしておいたら何かいいことあるかなって思ったんです。

今になってこれが失敗したのかなって思うんです…

その社員は自分の気に入ったバイトをシフトに入れまくり、そして重要な仕事に就けようとするのです。

オレがバイトに入れる日においては全てシフトに無理やり組み込んできて週5くらいは当たり前でした。

そして、オレはその社員から最悪な仕事に任命されてしまうことになったのです。

その仕事の名前というのは


プール内のクレーム処理!


つまり、プール内での問題を起こす客の行動を監視して注意するという仕事です。

クレーム処理は普段から人の顔色をうかがいながら言葉を選び、人に注意したりすることはめったにないオレにとっては過酷なお仕事ということは今までの自分から考えれば容易にわかることです。

そんな中でこのプールの客層というのがとてもひどく、特に大人用のプールと言えば、体に刺青やタトゥーは普通のことで、体は真っ黒、イカツイ人ばっかりです。

そして、その人たちに「刺青は隠していただけませんか?」「ここのプールは子供禁止ですので入れないでください!」というような注意に行かないといけないのです。

ほんまに怖いし、嫌やし拷問ですよ…

社員は見てみぬふりでバイトが体張っていかないといけないんですよ。

マジ、精神的に来ますよ~ww

「うっさい!」「何回も言われとるからわかってるわ!」

こんなこと言われるのは当たり前ww

注意してもオレらみたな大学生の話なんか聞くまともな人間なんかほとんどいませんから。

まぁ、ボロクソ言われながらも、仕事自体は楽なわけで、我慢して続けてたんです。


しかし、とある日バイトが始まってからオレのバイトにおける史上最大の事件に巻き込まれることになるとは、想像もできませんでした…

これをいつ書くかは秘密ですww


←クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←クリックお願いします!
[PR]

# by garira-sann | 2008-08-25 06:58 | ふと思うこと

あぁ~いく~   

2008年 08月 24日

始めに私は違反を犯したということをしっかりと反省したうえでネタとして利用していることを言わせていただきます。

私やってしまいました。

今さっき、朝早くに起きて腹が減ったので吉野屋に牛丼を食べに行こうとゲンチャにまたがり、さっそうといつもの運転でブ~~~ン、ブ~~~~ンと近くの吉野屋にかっとばしていたのです。

そして、もうすぐ着くかなっと油断した私は赤の信号がめんどくさくなって、横の歩道のようなところを通ってカット走行を狙ったのです。

つまり赤信号の道を通ったのでは危ないと思って、信号の避けるように横の歩道によけて、そこから曲がったのです。

そのバカみたいな判断のせいで私は窮地に追い込まれてしまうことになるのです。


よし、カット走行成功!


と思った瞬間でした。

後ろからあの魔の音が流れてきたのです。



ピーポー、ピーポー!!
そこのゲンチャ止まってください!




うわぁ~お、ゲッツ!

そうです、私は法律上での車両走行違反という違反を犯し、2点の減点と罰金6000円という失態を晒すこととなったのです。

歩道に避難して赤信号を避けるということは、りっぱな違反になるので私は警察さんの指示に従いました。

そして、私は人生初のパトカーの中での尋問というものを体験させていただくことに。

おっさん2人から「わかってるよな?」「なんであんなところで曲がったの?」「なんで赤信号で1回停まったのに待たへんの?」


「何で待たへんの?」


そんなもん吉野屋の牛すき定食早く食いたかったからに決まってるやろ!って言おうと思ったものの寸前でためらう私。

530円の定食が6350円に跳ね上がったのです。

すごい、松阪牛よりも高いかもしれんww

冗談はここらへんにしておきます。

だって、これは完全にオレの過失ですから。

まぁ、6000円と言っても最近、馬車馬のように働いてたこともあり、そんな痛くもない。

しかし、点数が…

これがほんまに痛いんです。


前の駐車違反でマイナス2点、そして今回の信号無視でマイナス2点でということは


6-2-2=2(1年以上の運転歴があると6点であるため)


あと、2点!!


1回何かやらかしてしまったら、免許停止ということになってしまうのです。泣

今まで4点あるから大丈夫と余裕をこいていたらこれです…

野球でいうと、同点9回裏ノーアウト満塁という状態というピンチに陥ったのです。

追い込まれたことになります。

確かにまだ免停の経験がないので、もしも点数がなくなったとしても1日講習を受ければ、すぐに運転可能になるということはわかっているのですが、それもさすがにお恥ずかしいことでごあいますし…

あぁもう少ししたら前の違反から一年経過して点数が戻る予定やったのに。

また1からのやり直しって感じで本当に気が重いですよ…

今の意味がわからなかった免許お持ちの方に説明させていただきますと、違反点数というのは違反してから一年経つと無効になると言いますか、消えるんです。


例えば、一年前に駐車違反で6点から4点になってしまったとしても、それから一年何も違反をすることがなければ違反は消えて6点からの再スタートとなるのです。


そんなこんなで僕は窮地に追い込まれてしまったのでできるだけ僕のよく走る愛車のレッツ4白バージョンにはあまり乗りたくありません。

ということで僕は今までどうせいらんと思って購入していなかった物を買おうと思います。


バイセク~!!


やっと買おうという気分になりました。

免許が欲しけりゃ、自転車に乗れ!ということで近日自転車見物でもしにいく予定です。

そして、これからはゲンチャに乗っても安全運転を心懸けることをここに誓います。

このお話はもう終わりにしておいて、久しぶりにブログ覗いてみるととんでもない量のコメントが届いておりました。

たぶんほとんどは僕の友人とうからのものと思われますけど、素直にうれしかったですよ~

まぁ、最近はバイトに付き合いに忙しすぎて書く気にもならなかったんですけど、これからあと7ヶ月もあるんですから、100個くらいの記事は書けるんじゃないかなって思うんですよ!

そんでブログランキングも昔みたいに上位になれるようにがんばります!

あぁ、コメント返しは気が向いたらしておきますww

まぁ、コメントのほうですけど、「下ネタがうまい!」というようなことを書いてくれている人がいました。

当然、このブログは下ネタあってのものですし、下ネタが絡んだ日記こそおもしろいと思っている人間ですのでそこらへんは期待しておいてください。

でも、毎回毎回下ネタを書くということは、たぶん無理です、スンマセンww

そこまで頭がヤリチン化しておりませんww

これからは何だかんだプールのバイトのお話も夏の恋のお話もタマっておりますので、どんどん投入、挿入していきたいと思ってます。

そんじゃ、また明日記事アップしておきますので、今日の記事を見た人は明日も絶対に覗いてくださいね!


それでは、免許停止にリーチのかかったガリラの「ガリガリガ~リネ~!」をあと半年間よろしくお願いいたします!


←クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←クリックお願いします!
[PR]

# by garira-sann | 2008-08-24 06:26 | 日々の出来事

もう7月です、夏ですね。   

2008年 07月 15日

あぁ~、あぁ~最近ブログ見てなかったっていうことで、今日から大学卒業までマジで更新頑張りますわ!

皆に「お前、最近ブログは?」って言われるのにも飽き飽きしちゃったしね。

最近書いてなかったせいか、何だかんだネタ的なもん溜まっちゃってるしね。

せっかくやってたブログがエロサイトの広告になるのはウンザリだしね。

一人でオナ禁してるから、俺のタンクの精子君も溜まっちゃってるしね。

早く出してくれ、早く出してくれ!ってオレの脳細胞に頻繁に訴えかけてるしね。


しね、しね、ってオレは死なないからな、死なないからな!ってそんなの関係ねぇ~ってか。

こんなギャグもあったなって、オレは少し昔、こんなことを文面に納め、全国の輩に向って発信してたんやなって。

どんな物好きやねん、オレって、オレって、カフェオレって。


そんなことでオレがいいなって思ってた女の子は海外に留学行ってまうし、マージャンでは6000円も負けるし、ええことなんか最近ナッシング。


海外、海外、海外って~~~~~~~~~


日本から出たら、何かええことでもあるんか?

日本という世界でも屈指の安全パイの国をいちいち出ることに何の意味がある?

日本と違う世界を見てみたいってか?

日本の食べ物が一番うまいとわかりながら、まずい飯を食べに行くのか?


そんなことを思いながらも海外には日本人が知りえない魅力があるのではないか?オレはそう考えたのである。

それでは、今日はもしアメリカに行ったとして、俺が魅力に感じることを少しこのブログというツールを使用することにより発表していくことをお許しください。


アメリカと言えば?


レィディ~がグラマラス!


ボッキュボン、ボッキュボン、そんな女性が大量生産されている国である。

そんなことをオレは思うわけですよ。

しかし、皆さん忘れてませんか?肝心なことを。


アメリカはデブの国だということを。


ビーフ、チキン、ポ~テイド~しか食ってない。

ヘンバガ、オニオンフライ、油まみれ。

ボッキュッボンとうまくいくわけもなく、結局はBO~~~NN、BO~~~~~NN、BO~~~~NNとしかめぐり合えない、そういう結果に陥る可能性が高い。

ちなみに今のオレを虜にしている女性がいる。

Perfumeのノッチである。

あの女性の足のキレイさ、スタイルの良さ、そしてあのチャーミングなショ~トヘア~。

たぶん、足に擦りつけただけで……


そんなことはどうでもいいとしてもう1つあげてみることにするって、アメリカのええとこやで忘れんといてね。


アメリカ人は緩い!

どこが?って


オマタに決まってます!

アメリカ人はこんな会話をしているに違いありません。

ということで、今夜はカレッジのパーティに来たビルとキャリーの会話の一部四時中を公開いたします。


「今夜はパーティだ~」

「ビル、今夜はビルのためにしっかりピル飲んでおくわね!」

「おぉ~、キャリー、うまいこと言いやがって!オレがキャリーをベットまでちゃんとキャリーしてやるからな、覚悟しておけよ~」

「ビルもあなたの大きなビルディングが潰れないようにね!」

「うるさい、今夜のオレはウルフだ、ウォンテッド!」

「負けないわよ~、ビッグウルフ~~~~~~~~、ウォ~~~~~カモ~~~~ン、カモ~~~~~~~~~ン!」


ここからは少し、生々しい状況のために省略いたします。

プレイ後の二人の会話。

「キャリー、オレのビッグビルディングを崩壊させやがって、ファック!」

「あぁ、私も、ビルウルフにしっかり骨まで食べつくされてしまったわ、もうまったく~~」

「好きだよ、キャリ~」

「私もよ、ビル~」


チャンチャン。


オレはアホである。

でも、うまいと頭で思ってしまったオレがいる。

たぶん、最近までアメリカのコメディードラマを見まくっていたからかもしれない。

でも絶対に少しはおもしろいと思った人もいるはずと信じているのです。


そんなこんなで、アメリカという国はおもしろいということに致します。

だって、今日は昼間ずっとバイトしてたんだもん、疲れたんだもん。

最近私はプールでバイトしてます。

またそのことでもいつか書きますということで今日はここら辺にして、みなさんさよなら~


←クリックしていただけると助かります!

人気ブログランキングへ←クリックお願いします!
[PR]

# by garira-sann | 2008-07-15 19:41 | 日々の出来事